国際多元文化専攻
ニュース・お知らせ
(2010年度一覧)

[  ] 内は掲載日 
 
■ 研究科パンフレット(2011年版)[3.25]
研究者総覧(研究科)[3.24]
■ 2011年度授業内容(シラバス)(前期後期)[3.15]
2011年度授業科目 [3.6]
2011年度学年歴 [3.6]
2011年度時間割 [3.6]
■ 中島那奈子氏講演会「めぐり/あう メディアとしての身体」 (3/11、16:00〜、文系総合館カンファレンスホール) [2.19]
■ 国際シンポジウム「マイノリティ状況と共生言説 II」(3/7、13:00〜18:20、全学教育棟北棟406、3/8、13:00〜18:00、文系総合館カンファレンスホール)[2.15]
■ 講演会「精神分析の射程 ― 後期資本主義社会のメディア、文化、イデオロギー」(2/23、17:00〜20:00、文系総合館カンファレンスホール)[2.4]
■ 国際シンポジウム「日本研究における内外の視点」 (3/4、北棟406、3/5〜3/6、西尾市岩瀬文庫)[2.2]
■ 対話創生プロジェクト「日本語教育と会話研究を考える−これからの日本語教育のために−」 (2/18、16:30〜18:30、文系総合館カンファレンスホール)[2.2]
■ 対話創生プロジェクト映画上映会「The Times of Harvey Milk」 (2/4、Phonon Cafe Room [北棟2階)[2.2]
教員公募:メディアプロフェッショナル論講座准教授(メディア研究)(3/31 締切)[2.2]
最終講義(2/10、15:00〜17:00、文系総合館カンファレンスホール)
・田島暁客員教授「新聞は消えない」
・長縄年延客員教授「20世紀から21世紀へ〜新聞は何を伝えてきたか〜」[1.21]
■ G30 Graduate Program in Comparative Studies of Language and Culture (Admission) [12.16]
■ 「セクシュアルマイノリティ連続学習会 〜第3弾〜」開催中止についての「お詫び」[12.3]
■ 「グローバル30(比較言語文化)共同セミナー」講師:Dr. Dylan McGee (SUNY New Paltz)、題目:"Reporting on the Strange: Sensationalism and Authenticity in Early Modern Tabloid Journalism"(全学教育棟北棟 405、11/15、10:30〜11:45)[11.14]
■ 講演会「アメリカ中間選挙の結果分析:どうなるオバマ政権」講師:ロナルド・レベナー氏(ユタ大学政治学部教授)(文系総合館 カンフェレンスホール、11/19、午後3:30〜5:00)[11.14]
円頓寺映画祭2010(11/12〜13)円頓寺商店街 [11.14]
■ 平成23年度国際言語文化研究科募集要項(博士前期課程(多元文化専攻)・博士後期課程)[11.5]
■「セクシュアルマイノリティ連続学習会 〜第3弾〜」(11/19、15:00〜21:00、全学教育棟 406、フレンドリー南部) 案内  [10.27]
研究科主催中止のお知らせ [11.15]
■ 第22回ことわざフォーラム(10/30、10:00〜、文系総合館カンファレンスホール)(プログラム)[10.25]
「J-Pop 鑑賞術」 (11/13、愛知芸術文化センター・アートスペースA)(ポスター)[10.22]
「第4回 中日韓日本言語文化研究国際フォーラム」(10/23、24、大連大学創想賓館)[10.20]
■ 講演と討議「現代社会におけるマイノリティ−−フランスの事例−−」(10/29、13:00〜15:00、全学教育等中央棟1階教養教育院会議室)[10.20]
■ 新刊:丸尾誠(著) 『基礎から発展まで よくわかる中国語文法』(アスク出版)[10.14]
■ 新刊:松岡光治(共訳) 「百年文庫」第22巻 『』(ポプラ社)[10.13]
台湾映画祭+シンポジウム「台湾映画の現在」(10/30、31)
→ 第1幕:台湾ニューシネマの現在」(10/30、10:00〜、文系総合館 308、309)
→ 第2幕:台湾ドキュメンタリーの下内(10/31、文系総合館カンファレンスホール)[10.13]
■ 連続シンポジウム「境界の喪失と再生」
→ Sasha Colby 氏講演1 :"Borderline: Exploring the Threshold in H. D.'s Litrature and Film"(10/29、16:30〜18:00、文系総合館609)
→ Sasha Colby 氏講演2:"'H. D.: A Life' -- Performance and Lecture by Dr. Sasha Colby"(11/1,16:30〜18:00、文系総合館カンファレンスホール)
→ シンポジウム「世紀転換期ドイツ、オーストラリアの芸術運動」(11/3、13:00〜、文系総合館カンファレンスホール)
→ シンポジウム+ワークショップ「境界の消失と再生——現代音楽の諸相」(12/4, 5、14:00〜、愛知県立芸術大学合奏棟大合奏室)[10.12]
■ 国際シンポジウム「試練と可能性のメディア」(11/26、15:00〜18:00、文系総合館カンファレンスホール) [10.12]
■ 名古屋大学ホームカミングデイ・国際言語文化研究科学術講演会「日本語教育研究のフロンティア」(10/16、14:15〜16:15、文系総合館カンファレンスホール)[10.12]
「dumb type <<S/N>>——断絶からのコミュニケーション」(アソシエイティブ・メディア研究プロジェクト)(10/25〜11/1 )→「<<S/N>> 上演記録映像の上映」+「トーク」(10/31、13:00〜17:00、北棟 406)[9.27]
■ 附属図書館友の会トークサロン「ふみよむゆふべ」第21回「『酒飯論絵巻』に描かれる食物について− 赤米を中心として−」(講師:伊藤信博)(10/26、18:00〜、中央図書館5階多目的室)
「国際シンポジウム」 世界華文(華人)文学(10/11)13:00〜 [9.17]
「国際学術大学院セミナー」 世界華文文学研究(講師:朱文斌)(10/11)16:30〜 [9.17]
■ 新刊:松岡光治(編)『ギャスケルで読むヴィクトリア朝前半の社会と文化』(溪水社)[9.12]
合否通知業者に関する注意喚起 [9.12]
■ 教員公募:英語母語話者任期付き准教授(G30 比較言語文化コース)(9/30 締切)[8.14]
■ 国際言語文化研究科年報 (Bulletin L&C 2009 vol.1)[7.14]
■ 教員公募:英語母語話者任期付き准教授(北米を中心とする英語圏の文学・文化、英語)(9/10 締切)[7.11]
平成23年度国際言語文化研究科募集要項(博士前期課程)[7.5]
パネル・ディスカッション「日本のジャーナリズムはネットで育つか?」&メディアプロフェッショナル・コース進学説明会(16:30〜20:00、北棟406)[6.26]
■ 『多元文化』(11号)投稿規程 [6.11]
対話創成プロジェクト、学際セミナー(第4回)「比較マイノリティ学のすすめ——より学際的に」(7/5、16:30〜18:00、北棟406)
■ オープンキャンパス(7/3、14:00〜、全学教育棟405、406号室)(ポスター
対話創成プロジェクト、学際セミナー(第3回)「第二言語習得研究の種類と方法——実証研究を具体例として」(6/22、16:30〜18:00、北棟406)
対話創成プロジェクト、学際セミナー(第2回)「コーパスを利用した記述的日本語研究のアプローチ」(6/17、16:30〜18:00、北棟406)
対話創成プロジェクト、学際セミナー(第1回)「小説がいかに映画化されるのか―日中の作品を通して文学・芸術の特質、研究の仕方(方法論)を考える―」
■ 岩下曜子さん(D3)がリヨン市「青年大使プログラム」の「最優秀青年大使」に選出(Jeune Ambassadeurs)[4.23]
■ オープンキャンパス(7/3(土)14:00〜、全学教育棟405、406号室)[4.2] 
■ 2010年度前期「全学向け授業案内」[4.2]
 
過去のニュース・お知らせ
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度

(2011.3.25)