名古屋大学 大学院 国際言語文化研究科 国際多元文化専攻

ヨーロッパ言語文化講座

目 次

 前期課程
 後期課程
 シラバス
 必読文献
 推薦図書
 学生紹介
 リンク集


教 員

 上原 早苗
 鶴巻 泉子
 西川智之
 松岡光治
 村主幸一

修了生の声

鍵 語

パンフレット

フォーラム

写真動画

オープン・キャンパス

入学試験案内

オープン・キャンパス (2015.07.04)

Europe is so well gardened that it resembles a work of art, a scientific theory, a neat metaphysical system. Man has re-created Europe in his own image. (Aldous Huxley)

Jenes grosse Schauspiel in hundert Akten, das den nächsten zwei Jahrhunderten Europa's aufgespart bleibt, das furchtbarste, fragwürdigste und vielleicht auch hoffnungsreichste aller Schauspiele. (Friedrich Nietzsche)

L'Europe a vécu de ses contradictions, s'est enrichie de ses différences et, par le dépassement continuel qu'elle en a fait, elle a créé une civilisation.... C'est pourquoi je ne crois pas à une Europe unifiée sous le poids d'une idéologie ou d'une religion technique qui oublieraient ses différences. (Albert Camus)

 © 2015, Department of European Studies
 Graduate School of Languages and Cultures
 Nagoya University, Japan
 Webmaster: Mitsuharu Matsuoka
  

 
講座の教官が実力を発揮する分野
 
古典受容, ラオコオン群像, ラオコーン, ギリシャ美術, ヴァティカン美術館, バチカン, イタリア紀行, ゲーテ, ヴィンケルマン, ローマ滞在, ルネサンス, リフォメーション, 宗教改革, 時代思潮, 民族文化, 民衆文化, 宮廷詩, ソネット, 叙情詩, 宗教詩, ブロードサイド・バラッド, トーマス・モア, フィリップ・シドニー, エドモンド・スペンサー, ジョン・ダン, ベン・ジョンソン, 形而上派詩人, デカルト, ルソー, ヴォルテール, ディドロ, コンディヤック, スタンダール, サルトル, フーコー, デリダ, 思想, 思想史, 感覚論, 観念学, 哲学, 18世紀, 19世紀, 20世紀, 百科全書, 現代思想, 構造主義, ポスト・モダン, フランス, フランス文学, ハーディ, ジョージ・ムア, 検閲, 抑圧, 境界侵犯, 性表現, 草稿, 改変, グランディズム, メロドラマ, センセーション・ノヴェル, センセーショナリズム, セクシュアリティ, ホモソーシャル, 地域主義, 移民問題, フランスのマイノリティ, フランスのメディア, フランスの地方紙, フランスの全国紙, ブルターニュ, アルザス, 地域語, 国民統合, 郊外暴力, 郊外問題, ヨーロッパ統合, ドイツ文学, ジュネーヴ, モントリオール, 自由, 恐怖, カフカ, ハプスブルク, 帝国, 世紀末, メスメリズム, ホフマン, オットー・ヴァーグナー, ワーグナー, アドルフ・ロース, グスタフ・クリムト, エゴン・シーレ, 森, 昔話, 童話, 村上春樹,ヴィクトリア朝, 英文学, イギリス文学, シェイクスピア, ディケンズ, ギッシング, ギャスケル, ブロンテ, 世紀末,都市, 都市文化,ロンドン,マンチェスター, 文学, 演劇, 絵画, 美術, 歴史, 社会史,医学, 文化史, 大衆文化, インターネット, 電子テキスト, ハイパーテキスト,ユートピア, 共同体, 田園都市, ロバート・オーウェン, エベニーザー・ハワード, レッチワース, 千年王国, 心霊主義, 神智学、神秘思想、神秘主義、ウィリアム・ブレイク、銅版画、ロマン主義、共同体、密儀宗教、錬金術、魔術, 魔女, フリーメイソン, ドルイディズム, ウィリアム・B・イェイツ, 翻訳理論, 翻訳史, 近代的自我, イギリス文化史

講座の指針

ヨーロッパ諸地域における言語文化の諸現象を現代社会の中に捉え、国家の分裂、統合に関わる文化的諸相を明らかにし、これに伴う諸問題に対する現実的な文化理論を構築するとともに、実践的な方策を究明する。

Chance for Change

当講座は、中世から今日に至るまでのヨーロッパに見られる多様な文化の形態を現代的な視点で研究しようとする学生、現代ヨーロッパの社会事象を探究したい学生を広く受け入れます。必要なのは研究の強い動機と向学心です。 今の自分を変えるチャンスをつかんでみませんか?