名古屋大学 大学院 国際言語文化研究科 国際多元文化専攻

ヨーロッパ言語文化講座

目 次

 前期課程
 後期課程
 シラバス
 必読文献
 推薦図書
 学生紹介
 リンク集


教 員

上原 早苗
鶴巻 泉子
西川智之
松岡光治
村主幸一

鍵 語

言語文化フォーラム

写真動画

 博士課程後期







ヨーロッパ講座の博士号取得者

  1. 木村晶子(早稲田大学教授)「〈他者〉への共感と対話――エリザベス・ギャスケルの小説における〈語り〉の可能性」(2016.03.25)
    • 「博士論文を終えて」
  2. 木村正子(岐阜県立看護大学常勤講師)「ギャスケル文学における母娘関係と女性の生き方――女性の持ち場と価値観の変容」(2014.03.25)
    • 「博士論文を終えて」(pdf
  3. 松本靖彦(東京理科大学理工学部教授)「ディケンズの想像力にみる増殖と繁茂」(2012.03.26)
    • 「博士論文を執筆して」(pdf)
  4. 田村真奈美(日本大学経済学部教授)「女性とミッション――1780〜1860年の英国における宗教的使命感と女性の役割」(2012.03.26)
    • 「博士論文を執筆して」(pdf)
  5. 楊 韜(佛教大学専任講師)「上海におけるメディアと近代性(1926〜1939)――共同体、日常生活、ナショナリズム」(2011.03.25)
    • 「博士論文を執筆して」(pdf
  6. 磯村尚弘(愛知教育大学非常勤講師)「クロアチアにおけるマリア信仰とクロアチア民族主義」(2011.03.25)
    • 「博士論文を執筆して」
  7. 矢次 綾(松山大学人文学部教授)「ディケンズの歴史観−−『バーナビー・ラッジ』、『二都物語』、『子供のための英国史』研究」(2008.10.29)
    • 「博士論文を執筆して」
  8. 菅原裕子(名古屋大学非常勤講師)「映画における超越の表象―コミュニオンとしての映画」(2008.3.26)
    • 「博士論文を執筆して」(pdf
  9. 太田康子(名古屋外国語大学非常勤講師)「ゴンクール兄弟の十八世紀崇拝と近代性」(Culte du dix-huitimè siècle et modernite chez les Goncourt)(2007.3.23)
  10. 高橋典子「国家社会主義ドイツにおける「社会的」租税政策としての所得税制」(2007.3.23)
  11. 王 虹「中国と日本における『椿姫』翻訳の比較研究」(2006.12.28)
  12. 加藤博子(南山大非常勤講師)「ノヴァーリスの幻創論」(2006.3.27)
  13. 今井田亜弓(名古屋大学非常勤講師「初級学習者を対象とした L3 としてのドイツ語格習得に関する実証的研究−−初級学習者を悩ます dem, des, der, den? −−」(2003.09.30)
  14. 溝上由紀(名城大学教授)「Re-marking the Boundaries: Towards Subversion of the Mechanism of Discourses Producing and Reproducing Social Discrimination」(2003.03.25)

ヨーロッパ講座・博士課程後期学生のエッセイ

  1. 松浦宏信「知識人たちの肖像−−ヨーロッパの場合」(2004.07.09)

 © 2014, Department of European Studies
 Graduate School of Languages and Cultures
 Nagoya University, Japan
 Webmaster: Mitsuharu Matsuoka