名古屋大学 大学院 国際言語文化研究科 国際多元文化専攻

ヨーロッパ言語文化講座

目 次

 前期課程
 後期課程
 シラバス
 必読文献
 推薦図書
 学生紹介
 リンク集


教 員

上原 早苗
鶴巻 泉子
西川智之
松岡光治
村主幸一

鍵 語

言語文化フォーラム

写真動画

 博士課程前期



 情報

  • 必読文献は、修士論文に役立てるために、指導教官と相談の上、早めに決めてレポートを提出してください。その他の文献も同断です。

 過去の修士論文

    【2015年度】

    • 浅井里嘉子
      「19世紀イングランドにおけるラフ・ミュージック研究――スキミントン及びライディング・ザ・スタングの共同体意識を読み解く――」

    【2014年度】なし

    【2013年度】なし

    【2012年度】

    • 増本明香
      「フランスにおける教育と「機会の平等」――パリ政治学院特別選抜制度の事例を通して――」

    【2011年度】

    • 舩田枝里
      "Die andere Seite des Historikers Gerhard Ritter und die Freiburger Kreise: Warum hat er an der Widerstandsbewegung gegen das Dritte Reich teilgenommen?"
      (歴史家ゲルハルト・リッターの歴史家以外の側面とフライブルク・サークル。なぜ彼は第三帝国に対する抵抗運動に参加したのか?)
    • 根本峻瑠
      "The Revival of the Czech Language under the Late-Habsburg Manarchy"
      (ハプスブルク君主国時代チェコにおけるチェコ語の復権)

    【2010年度】

    • 橋本亜季
      Die Stadt Berlin im Werk Erich Kaestners - Über die fiktive Wirklichkeit im Roman "Fabian" -
      (エーリヒ・ケストナー作品におけるベルリン―長編小説『ファービアン』における虚構的現実の考察)

    【2009年度】なし

    【2008年度】

    • 松村裕代
      「カップルの非婚化に見る現代フランス」
    • 黒田葉子
      "A Study of Musical Elements in the Play Pygmalion and the Musical Film My Fair Lady"
    • 白川 茜
      "Heinrich Vogelers Werke 1906 bis 1914: Die Idee der Rückkehr zur Natur"

    【2007年度】【2006年度】なし

    【2005年度】

    • 高村陽一
      "Les rapports entre la pitie et la religion de Jean Jacques Rousseau"
    • 堀川 恵
      "L'affaire du foulard islamique: les jeunes musulmanes en France a la recherche d'une identite"
    • 鈴木宣子
      "Die tuerkischen Berliner: Die Multikulturalitaet in Berlin aus der Perspektive von der 2. und 3. Generation der tuerkischen Gastarbeiter"
    • 北澤真也
      「国民戦線の台頭とマグレブ系移民の変容」
    • 和氣祥子
      「日英機械翻訳の評価に関する研究」

    【2004年度】

    • 阿藤 文子
      "Dialects and Streets in London: Bernard Shaw's Pygmalion"
    • 青山 千恵
      "High School Education and Gender: A Study of Classrooms at Nagoya University School of Education Affiliated Upper Secondary School"

    【2003年度】

    • 松浦宏信
      "Folie et Cogito -- Foucault et l'approche polemique de la PremiereMeditation de Decartes: le debat avec Derrida --"「狂気とコギト−−フーコーが見たデカルト第一省察そしてデリダとの論争について−−」
    • 山内亮子
      「共和国原理と地域語−−バスク・イカシトラの自主教育からみえるもの−−」

    【2002年度】

    • 竹中洋子
      "Über die rechtsextremistische Bewegung der Jugendlichen und ihre gesellschaftlichen Hintergründe seit der Wiedervereinigung Deutschlands"「ドイツ再統一後の青少年の極右運動とその社会的背景について」
    • 鈴木訓夫
      "Hooker's Defence of Reason and His Dominant Role in Seventeenth-Century Theology"

    【2001年度】

    • 王 虹
      「翻訳における異文化の受容―日中における『椿姫』の翻訳をめぐって」
    • 亀田 明子
      "Style in Oliver Twist by Charles Dickens"「『オリヴァー・ツイスト』におけるディケンズの文体」
    • 松山憲和
      "Dachlose Außenmundarten am Beispiel des Fränkischen"「屋根なし外部方言−−フランク語を例として」

    【2000年度】

    • 太田康子
      "Les Goncourt japonisants: sur l'esthetique de la bourgeoisie francaise dans la seconde moitie du xixe siecle"(ジャポニザン・ ゴンクール兄弟−19世紀後半のフランスブルジョワジーの審美観について−)

 エッセイ

  • 青山郁夫「大学院からの就職」(March 24, 2004)
  • Zhang Li, "My Experience and Impressions of Studying at Nagoya University" (March 10, 2004)
  • 張 立「楽しさと感動の体験−−留学生として名古屋大学での勉強」
  • 亀田明子「現代ヨーロッパ言語文化講座と私」(5/23/2001)

 © 2012, Department of European Studies
 Graduate School of Languages and Cultures
 Nagoya University, Japan
 Webmaster: Mitsuharu Matsuoka