授業の様子や研究指導体制(教員別)

 授業の様子や研究・生活指導は各教員により異なりますが、目標とするところはまず修士論文を書き上げ、それを基にして独創的な博士論文を仕上げるべく指導しています。以下は本講座の教員の授業と指導の内容です。

  • 柳沢民雄:
     授業では言語(語学)を研究する際の基礎となる言語学の一般的なテーマを半期ごとに選び、これについて書かれた外国語の文献を講読しながら、皆で議論しています。授業の内容が院生の研究テーマと必ずしも一致するとは限りませんが、授業を通じて研究することとはどういうことなのか、論文とはどのように書くのかを院生が理解してくれることを望んでいます。生活指導についてですが、指導学生は随時相談することができます。

  • 丸尾誠:
     大学院の授業(現代中国語表現論)は中国大陸・台湾からの留学生および日本人からなる混合クラスです。みな積極的かつ自由に発言してくれます。そのときの何気ない一言が新たな視点からの分析に結び付くケースも少なくありません。クラスの大半を占めるのは留学生ですが、その出身地域が様々であるがゆえに、議論の前提となる中国語のある表現の成立・不成立に関して見解が一致しないことが甚だしく、くわえて、文法書などでいわば公認の事実となっている解釈ですら往々にして不適切であるという反応が多くみられ、正直毎回辟易してしまいます。しかしながら、先行研究における研究成果を十分に踏まえつつも、たとえそれが権威のある研究者の記述であってもただやみくもに受け入れるのではなく、常にそれが事実なのか自ら再度問いただす態度をもって研究に取り組むことが、新たな研究テーマの発掘につながる突破口となりえます。言語研究とは唯一の正答を求めるのではなく、いかにしてより合理的かつ包括的な解釈を構築していくかという点に面白さがあるのではないでしょうか。学生とともに言語事実を観察・分析していく過程を有意義なものと認識しています。

  • 勝川裕子:
     大学院の授業(日中対照表現演習)は、日本語学、中国語学を専門とする学生が履修しており、日本人学生と中国大陸・台湾からの留学生が半々の割合で参加しています。授業では主に中国語文法に関する諸問題を取り上げ、関連論文を読みながら日本語との比較対照を通じて皆で討論しています。また、受講生には毎回担当を決め、それぞれの研究テーマについて発表してもらうなど、修士・博士論文のベース作りに取り組んでもらっています。討論や研究発表では、毎回面白いコメントや、意外な指摘など活発な意見が飛び交い、その意味ではネタの宝庫だと思っています(私が一番勉強させてもらっています)。授業では論文を的確に読み解く力を養い、専門分野の基礎知識を身に付けると同時に、「本当にそうであるのか」と常に問い質す姿勢を確立していってほしいと考えています。研究・生活指導に関しては、指導学生と随時相談しながら進めております。

  • 宇都木昭:
     学期完結型の授業を行っており、前期は韓国・朝鮮語学全般、後期は(東アジアの言語を中心とした)音声学・音韻論をテーマとしています。いずれも発表と討論を中心とした構成をとっています。授業時間中に出た話題をきっかけとして、授業時間外にも受講生各自がさらに掘り下げて学んでいってくれることを期待しています。指導学生に対しては、定期的な面談による研究指導を行っています。

  • 陳朝輝:
     2016年4月から「新米」教員として初めて東アジア言語文化講座に加わることになりますので、現段階で「授業の様子」などの紹介は、それこそ「為す術がない」し、「為すべき」でないと思います。従って、その替りとして、今の自分が構想しているイメージを少し紹介させてもらい、それが多少なりとも授業の案内役を果たしてくれればと願っています。 私が担当する大学院の授業では、主に日本的な視点を持って中国の近現代文学の全体像を探っていくことになると思います。もっとも郭沫若も述べているように、(当時の)「中国文壇の大半は日本留学生によって築かれたもの」だったので、足場を「日本」に置きながら、いわゆる比較文学的視点から中国近代文学を考察、鑑賞、研究するということは、非常に好都合であると言えます。 なお、この授業を通じて、中国人留学生の皆さんは今の日本を「目の前にして」、例えば当時同じく中国人留学生であった郁達夫の作品などを、その所縁の地である名古屋から眺めてみる、日本人学生の皆さんは今の中国人留学生を「目の前にして」、当時同じく中国人留学生であった例えば郁達夫などの中国人文学者の内面世界を、対比して探ってみるというのも、大変面白い異質な異文学体験になるのではないかと思っています。