■博士論文

 2009年度  日本語の受身に関する習得研究-タイ語を母語とする学習者の場合-  タイ
     

■修士論文

 2005年度  接触場面会話と母語場面会話における発話の重なり-その言語行動と非言語行動  日本
   日本語教育とコンピュータ・リテラシー-口と指でのコミュニケーションの比較-  日本
   英語母語話者を対象とするCALLによる漢字教育-構成要素を重視した指導とその効果-  アメリカ
 2006年度  日本語の複合動詞における自・他対応について-派生に基づく対応を中心に-  中国
 2007年度  副詞の類義分析「やはり、さすが(に)」と「せっかく、わざわざ」  台湾
   驚きを表す慣用表現の類義分析  台湾
 2008年度   現代日本語における接尾辞「-らしい」の一考察-「形容詞」と接尾辞「-らしい」が付加された派生語のペアにおける類義分析を中心に-  日本
   日本語自動詞文の意味と用法について-可能表現の誤用から見る状態変化の非実現叙述と属性叙述- 台湾
 2009年度  発話末に現れる接続助詞「ケド」の分析-接続助詞と終助詞の連続性-  日本
  中国の日系企業における中国人社員の「報告」ストラテジー  中国
     


トップページに戻る