takashi's pictureTakashi Wakui's Home           takashi's picture涌井隆の家

What's new

Profile                 

Classes 授業

Recent Publications

Animation
アニメーション

Bicycling 自転車

Stargazing 星見

Links リンク

Essays 文章 作文






















日本の安全保障と自衛隊

日本が直面する安全保障問題で最大のものは何でしょうか。

北朝鮮から飛んでくるミサイルでしょうか。中国との武力衝突でしょうか。

今回の大地震と福島原発の事故を経験してなおそんなふうに考える人がいるとしたら、多分軍事産業に雇われていて洗脳されているのでしょう。

日本が直面する安全保障上の最大の課題が大地震とそれに付随する原発事故であることに疑いの余地はありません。福島原発事故が解決していない状態で、東 海沖地震が起き、浜岡原発や福井の原発がやられたら、日本は正真正銘に破滅の道を進むことになりますが、そのような事態を想定して準備しておく必要があり ます。そのために自衛隊の存在は不可欠です。自衛隊は外国で戦争するためではなく、日本を自衛するために維持していかなければならないでしょう。

今回の原発事故の後起っているのは、まさに戦争であり、その戦争を戦うためには、日本が戦闘体制になっていなければなりませんが、全くそうなっていませ ん。北朝鮮のミサイル攻撃や、尖閣島付近での中国との衝突に備えて米軍と自衛隊の間でシミュレーションが行われ実地訓練も行われていると推察しますが、今 回のような原発事故を想定して、実地訓練がなされたなどということは聞いたことがありません。原発は「絶対安全」であり、そのような事態は起こりえず、だ から、考えても来なかったというのが本音なのでしょう。しかし、福島の事故が起こってしまった今、そのような態度は許されません。今回より数倍危機的な状 況を想定して、シミュレーションをし、実地訓練を日頃から行っておくべきです。

今の状況が戦争であると言ってよいのは、一般市民が立ち入ることの出来ない戦場が存在し、そこから避難した難民が存在するからです。被弾して死んだ人の数 はまだ少ないですが、10年以内に癌や白血病で死ぬ人の数は多数に及ぶと容易に想像できます。この戦争を戦うためには、最高司令官の元に情報を一元化し、 現場の司令官は、もっと原発に近い位置から先頭に立って指揮をする体制が必要です。現場の制御室は最悪の事態には司令室として使えるように、広い空間を確 保し、鉛で囲む必要があるでしょう。電力会社の従業員、原子炉の製造元、プラント技術者などの現場の従業員は、自衛隊とも連携をとって仕事をしなければな りません。今のように、東電と保安院と政府が別々に記者会見を開くというのは奇妙です。総理大臣の指揮の下、命令系列を一元化する必要があります。国家の 危機なのですから、そのような対応が出来るように法律を変える必要があるでしょう。

一般に戦争は軍事ビジネスが儲けるためにやっています。世界の中央銀行は紛争の当事者の両方に金を貸しどちらが勝っても儲かるようになっています。悲しいですが、それが現実です。北朝鮮など国民がまともに食えていない貧しい国のミサイルを怖がっ て何千億円もするミサイル防衛システムを買うなんていうのは、アメリカの軍事産業と銀行に貢いでいるだけです。軍事専門家はいろんな屁理屈をこねて軍備購入の必 要性を力説しますが、私には全く説得力がありません。戦闘機の年式とかハードウェアにやたら詳しいオタクっぽい人が軍事専門家に多いのには笑ってしまいま す。中国が日本に攻めて来るという可能性は私には想像できません。ロシアから石油を買ったりするのにドルが必要ですから、中国は日本と友好的に商売してド ルを稼ぐ必要があります。ドルが暴落しても中国は困りますからアメリカとも仲良くする必要があります。

万が一、中国が日本を攻撃・占領するという状況が生じるとしたら、それは米中戦争の戦場に日本がなるという場合です。中国もアメリカも第三次大戦を引き起 こすような馬鹿な真似はしないでしょうが、挑発するのは中国よりアメリカの方でしょう。日本を追い込んで戦争を仕掛けさせたようなことが、中国とアメリカ の間に起こる可能性はゼロではありません。そうなると日本は戦場になりえます。怖いですねえ。もうひとつ、日本が占領される可能性は、日本が壊滅的な地震 と原発事故に見舞われもたついている間に、火事場泥棒的に中国が入って来て居座るというシナリオです。アメリカと中国に分断されるというのも可能性として はあります。

どっちにしろ、日本の安全保障政策は、大地震と原発事故で自滅しない体制をつくることを最優先にすべきでしょう。自衛隊を外国に送るために金を使っている 場合ではありません。自衛隊はまさに、日本を自衛するために働いてもらうべきです。

追記

北朝鮮の核武装について書きます。

北朝鮮の核武装の可能性が取り沙汰され軍事専門家は色々議論しています。私は彼らの議論を追っていないし、追うつもりもないのですが、彼らは、北朝鮮が通 常兵器を使って、日本の原発を爆撃する可能性は想定しているのでしょうか。福井には沢山原発があり、やっかいなもんじゅもあります。北朝鮮が本気で日本を 潰したいのであれば、苦労して原爆を開発する必要はなく、通常の爆弾を搭載したミサイルを福井や静岡の浜岡原発にぶちこめばそれで済むはずです。

そう考えると重大なことに気づきました。北朝鮮の攻撃によって原発が破壊され放射能をばらまくという事態になった場合、今回のように事故でばらま くより日本にとって打撃になるかというとそうではないのです。北朝鮮の攻撃によって放射能が漏れれば、国際社会は日本に同情的になり、日本は許され、友好 国は日本に支援の手を差し伸べるでしょう。しかし、今回のように事故で放射能をばらまき海水を汚染するとなると、全く同情されることはありません。想定外 の地震と津波が来たからだなんて言っても、そんなのは国内向けの言い訳に過ぎず、バカで従順な国民は納得するかもしれませんが、日本の外に出れば全く説得 力がありません。大地震が来ることは子供でも知っているし、そんなところに原発を作るのが悪いのだと言われれば、全く反論できません。確実にやってくる東海沖 地震の震央地の浜岡に原発を作るなんて気が狂っているとしか思えない、そんなバカな日本人なのだから自業自得です、で終わりでしょう。という風に考える と、核戦争などより、原発事故の方が怖いし厄介だということがよくわかります。

そんなこと今になってわかっても遅いのですが、気づかないよりましです。

(April 2011)

追記2

菊池洋一さんが中電に対して浜岡原発を停止してくれと申し入れている動画をYoutubeで見ることが出来ます。菊池さんは、福島原発の建設に関わったGEの技術者ですが、浜岡原発停止を訴えるために静岡に引越しして運動をしてきました。その中で彼は、テロリストが原発を乗っ取るなんて簡単だと言っています。原発建設に関わった技術者が言っているので説得力があります。もんじゅに限らず原発事故は始終起っているようですが、ひょっとしたら工作員が入り込んでいるのかもしれません。という訳で、北朝鮮はミサイルを原発にぶち込むというような面倒なことをする必要がないということになります。日本はそのような可能性を想定しているでしょうか。


copyrights Takashi Wakui