takashi's pictureTakashi Wakui's Home           takashi's picture涌井隆の家

What's new

Profile                 

Classes 授業

Recent Publications

Animation
アニメーション

Bicycling 自転車

Stargazing 星見

Links リンク

Essays 文章 作文






















福島原発事故2

福島原発事故についてもう少し書きます。

きくちゆみさんのツイッターで知ったのですが、今回の震災のことを、

「東日本大震災」ではなく「東電福島原発震災」

と呼べと提案している人がいます。これは名案です。歴史に正しく記憶されるためにも今出来事を経験している我々が正しく命名する必要があります。福島原発 事故がなかったなら前者でいいでしょうが、東北で津波の災害に会った人達以外の日本人はこの出来事を日本の原発史上で最大の事故として記憶していくわけで すから、そう命名すべきです。それに外国人はこの震災を福島原発事故と切り離すわけには行きません。この原発事故は世界をパニックに陥れたのです。今でも 東京には住めないと成田を飛び立つ外国人が沢山います。

さて、ここでは私が最も重要な情報源であると考えるサイトを紹介します。すべての日本人にアクセスしてもらいたいと思っています。

まず、最初に、Youtube で見られる大前研一さんのプレゼンです。今のところ、事故直後の日曜日とそれから一週間ほど経った19日に行われたものの2本あります。

第2に、平井憲夫さんの「原発がどんなものか知ってほしい」です。

第3に、武田邦彦さんのブログです。

第4には、田中優さんのプレゼンで原子力発電のコストや長期被曝データや自然エネルギーについて語っているもの(福島原発事故の直後各地で行った講義)を挙げたいと思います。

あと、たくさんありますが、文科省が出している日本各地の放射能濃度を公開しているサイトは有益です。毎朝パソコンを立ち上げる度に確認します。

大前研一さんは、日本の原子力発電産業が将来、衰退と滅亡に向かうと断言しています。実際現場で技術者として働いて癌に倒れた平井さんの証言を読むと、現 存する原発を安全に保守管理していくだけの人材を将来何十年と確保して行くことだけでも、少子化と理科離れが進む日本では並大抵のことではないと容易に想 像できます。不謹慎な言い方かも知れませんが、もし今回の福島原発事故が起こらずに、先延ばしになってさらに将来原発が作られるようなことになっていた ら、10年、20年後に起こる原発事故はもっと悲惨なものになっていた可能性があるのです。平井さんが証言を書き残した1990年代の後半にはまだかろう じて存在した熟練技術者が2020年代や30年代には皆無になっているかも知れないからです。

何度も書きますが、正確で正しい情報はネットから自分で見つける他はないのです。テレビに頼っている人は救いようがありません。




copyrights Takashi Wakui