takashi's pictureTakashi Wakui's Home           takashi's picture涌井隆の家

What's new

Profile                 

Classes 授業

Recent Publications

Animation
アニメーション

Bicycling 自転車

Stargazing 星見

Links リンク

Essays 文章 作文




















平昌オリンピック雑感

世界があまりににも馬鹿馬鹿しくひどいのでこんな作文を続けるのも嫌になってきましたが、それでも時々読者が反応を送っ てくれたりするので続けることにします。オリンピックについて書くのは、沢山の人々が関心を持っているので、たまたま検索して私の作文にたどり着 く人たちが出てくることを期待するためです。

私は生で見ることはなくニュースハイライトの録画を見ただけでしたが、意外に生で見て応援した人が多かったようです。羽生さんと宇野さんが金銀を 取ったのは確か週末だったのに見ませんでした。後で遊び仲間と会ったら結構みんな生で見てるんだなと驚きました。生で観戦するのは応援するためだ からのようです。生だとテレパシーか念力か何かが通じて結果に影響を及ぼすことが出来るのだと信じられているのかもしれません。私は、誰がメダル を取ろうが取らまいが殆ど興味がないので生で見る意味を見いだせませんでした。

スピードスケートを見ていると自転車競技を思い出します。どちらも空気抵抗の競技です。500mや1000mはタイムトライアル、パシュートは チームタイムトライアル、マススタートは通常のステージレースに相当します。自転車レースの世界では、タイムトライアルで強い選手が一番注目を浴 びるわけではありません。総合で強い選手やスプリンターや山でも平坦なコースでもそこそこ強くてステージ優勝を狙える選手など様々な脚質のカテゴ リーが認知されていて、各々にスター選手がいます。高木姉は今までタイムトライアルでは世界で20位に入るか入らないかだったので妹と比べると注 目を浴びることはありませんでしたが、マススタートでは強いので、自転車レースで言えば、ピーター・サガンのような一流選手と比べることが可能で す。今までマススタート競技がなかったのが不思議と言えば不思議です。自転車競技では、タイムトライアルに強い選手が集団で走るレースで弱いこと が往々にしてあり、自転車を操る技術が劣っていたりするので、タイムトライアルで強い選手が必ずしも最強であるとみなされているわけではありませ ん。メダルが取れれば日本中で注目されるけど、4位とか20位だと無名で終わるというのは何だか変な話です。ツール・ド・フランスで100位くら いには入れる新城幸也選手は2020年の東京ではメダルを狙うそうです。全く不可能というわけではありません。彼は大抵アシストとして仕事するの でステージ優勝を狙わせてもらえる機会が殆ど無いからです。

ロシアの選手が個人資格で参加しているというのには驚きました。詳しいことは調べてませんが、おそらく西側(アメリカ率いるG7)のロシアいじめ の一環でしょう。カーリングの選手がドーピングして何の得があるのでしょう。調べてもいないのによくそんな憶測書けるなと非難する向きには、調べ るだけ時間の無駄だと答えておきます。既成メディアはもう全部フェイクニュースです。嘘の情報に付き合うのは時間の無駄です。私はニュースビジネ スが本職ではないのですから、調べる意味を感じません。政治経済軍事の分野であれだけロシアいじめをやってるのだから、スポーツの分野でも同様な んだろと想像を働かせればいいだけの話です。

アメリカの副大統領のペンスさんが、平昌まで行ったのに北朝鮮の代表と交流することはなく、北朝鮮の選手が開会式で行進して皆総立ちになったのに 無視を決め込んだようです。彼がそのような行動を取るのは、軍産諜報複合体の飼い犬だからです。アメリカのその権力にとっては北朝鮮が敵で あってもらわないと困るのです。ロシアを敵視するのと同じことです。「テロとの戦争」だけでは年間一兆ドルの予算を正当化することができないの で、北朝鮮やロシアなどの核保有国の敵がいるのです。

北朝鮮と韓国の間が融和に向かっているように見えるのはトランプがお膳立てしたからだという情報に遭遇しましたが、真偽のほどはわかりません。彼 がプーチンや習近平との直接の会話のチャンネルを持っているという情報にも接しましたが、それも本当かどうかわかりません。ただ、彼が大統領に就 任してから引き起こした新たな大規模な軍事行動が見当たらないというのは事実です。ヒラリーが大統領になったらそんな風に事態が進展した可能性は 殆どありませんから、変な人だけれどトランプをしばらく支持するしかありません。

(March 2018)


copyrights Takashi Wakui