takashi's pictureTakashi Wakui's Home           takashi's picture涌井隆の家

What's new

Profile                 

Classes 授業

Recent Publications

Animation
アニメーション

Bicycling 自転車

Stargazing 星見

Links リンク

Essays 文章 作文




















三菱自動車とマイクロソフト

最近、三菱自動車の燃費偽装をメディアが大々的に取り上げました。実は私が半年前に買った車が三菱製なのでちょっと作文 したくなりました。私の買ったモデルは今回槍玉に挙げられているモデルではなく、三菱車のなかではかなり評判がいいもので、実際半年乗ってみて多 くのユーザーに賛同するし、買ったことに不満はありません。別の三菱車を長年乗っている友人もいて、彼はアフターケアについてのこの会社の姿勢を 高く評価しています。他社と比べて古いモデルの部品も安く提供し続けてくれるそうです。MRJの失敗によって三菱グループ全体が大企業病だとか、 同族会社の弊害だとか色々言われているようですが、工業製品に関しては個々のモデルについてその性能を評価すべきでしょう。

燃費に関しては、私の買ったモデルについては、概ねカタログ通りです。他社のほとんどのモデルにおいて通常カタログ通りなんてありえません。ユー ザーのほぼ全員が実燃費がカタログ通りであることはあり得なくて、たいてい2割3割水増しされていることを知っており、その事実を受け入れていま す。三菱自動車自身は燃費競争が激しい軽自動車の分野で競争相手のスズキと張り合うために嘘をついてしまったことを認めています。騙される方が悪 いんだとまでは言いませんが、ほとんどの消費者が実燃費とカタログ燃費の乖離を受け入れているのに、どうしてメディアはギャーギャー騒ぐのでしょ うか。燃費が悪くても機能や走行性能が気に入れば買う人も多くいます。どうして燃費だけが購入判断の最優先項目になってしまうのか。燃費が良いの は無理に車体を軽くしているからではないのか、室内空間を犠牲にしてまで空気抵抗を減らしているのではないのかなど色々考えを巡らさないのでしょ うか。

まあ、私がここで力んで三菱自動車を擁護しても大勢には影響しないし、正直言って三菱自動車が将来にわたって私が買ったモデルをアフタケアしてく れれば何も文句はありません。この作文を書くきっかけは最近マイクロソフトの製品のゴミぶりを経験したことにあります。燃費偽装で非難されている 三菱自動車と比較したい気持ちが湧いてきました。問題の製品はウィンドウズ7です。略して窓7型と呼びます。

私は2008年からubuntu Linuxを通常のパソコンの用途に使ってきて何の不満もありません。その感覚からすると窓7型は想像を超える欠陥品です。メディアがこの欠陥を問題にせず、三菱自動車を いじめるのは不可解です。Linuxのような優れた製品をインストールして使ったことがないか、ただの弱い者いじめかのどちらかでしょう。このこ とだけでもメディアのダメぶりがわかります。

私は通常のパソコンの用途ではubuntu/ lubuntu Linuxで用が足りているので、窓7型は2ヶ月に一回ほどのペースでしか起動させてきませんでした。それでもつい最近まではOSの更新に別段問題がありませんでしたが、 最近更新しようとした時は、延々と3時間ほど待たされた挙句更新に失敗し初期の状態に戻してしまいました。それ以降、更新しようとしてもできませ ん。内部の時計を狂わしてしまう(GMTと現地時間の差を計算できない)ので、起動させるのも億劫です。マイクロソフトの製品を使っているユーザ はこのような欠陥に対して何も文句を言わないのでしょうか。ubuntu Linuxを使っていると2日に一回ほど更新を促されそのたびに更新してますが、このようなトラブルに遭遇したことはたった一度もありません。別に私はLinuxの回し者 でも何でもなく、Linuxの背後に大きな資本が存在しないことは誰もが知っています。

こんなことありえんだろう、ひょっとして窓7型を未だに使っていることが問題なので、窓8型や窓10型に更新すればいいかもしれないと思い、 kakaku.com に行って調べると、窓8型や窓10型は窓7型以上に酷評されていて、とても1万5千円も払ってゴミに付き合う気にはなりません。結論としては窓7型をスタンドアローンの OSとして使い続けるしかないようです。XPと同じ末路です。これを機に遊び仲間に聞いてみたら、なんと窓8型や窓10型に誘導されるのが嫌で窓 7型を使い続けている人がいるということを知りました。後継のOSより窓7型のほうがまだマシだということを理解した上での判断なのだから驚きで す。

OSが自動車のような工業製品なら即刻全リコールです。そうしたらこんな会社は潰れるし、それでいいのです。マイクロソフトなんてサポート部だけ を残して潰してしまいパソコンのOSはLinuxに任せればいいでしょう。実際スマホのOSであるAndroidの心臓部はLinuxです。窓7 型のようなものではとてもスマホのOSを任せられません。

しかし、こんな会社でボロ儲けしたビル・ゲーツが何か王様のように祭り上げられていて、世界の行く末を決める上で大きな力を振るっているというの は、全く、1世紀前の泥棒男爵と同じだなとため息が出ます。財団を作って「慈善事業」をメディアに取り上げてもらえば(というかメディア (MSNBC)を買収してプロパガンダを流してもらえれば)いくらでも馬鹿な平民を騙せるし歴史なんて書き換えられるということを1世紀前の彼ら から学んだのでしょう。

前にも書きましたが、マイクロソフトに対するこの憤りはなかなか一般人に理解しえもらえません。私は世界の腐敗についての理解が進まないのも同根 だと考えています。究極的には論理的思考力と想像力が弱いからだと睨んでいます。大学人にも沢山います。

(May 2016)


copyrights Takashi Wakui