takashi's pictureTakashi Wakui's Home           takashi's picture涌井隆の家

What's new

Profile                 

Classes 授業

Recent Publications

Animation
アニメーション

Bicycling 自転車

Stargazing 星見

Links リンク

Essays 文章 作文




















「過激派」ということば

最近引っ越しして1ヶ月ほどテレビが繋がっておらず見てませんでした。オーディオシステムと接続が出来ずうっちゃっていましたが、仕方なしに床に 置くことで接続し、つい最近棚を買ってテレビを置く場所を確保しました。テレビを見ていない時は、vtunerでNPRを流している音楽局 (ピッツバーグのWESA)を見つけ数日聞いていました。NPRなんてもう10年ぶりです。

フランスの大騒ぎはテレビを見ていない時期に起こりました。私の授業を受講していたフランス人学生に聞いたらパリは911同時多発事件後の ニューヨークのような状況になっていると教えてくれました。聞くところによると言論の自由を脅かすテロは許さんという官製デモがあったようです。 テ ロ対策ということで警官がパリの街角のそこら中に配備される事態に進展しているようです。テロ爆撃より警官の存在のほうが恐ろしいと感じるのは私 だけでしょうか。官製デモは不気味です。

問題になった週刊誌の風刺画を見るとお話にならない愚劣さでコメントする気も起きません。言論の自由は尊重するので私が仮に独裁者になったとして も検閲はしませんが、馬鹿は死ななきゃ治らないと放置するだけです。反発してテロ行為に及ぶとかえって警察に「テロ撲滅」の口実を使って好き勝手 にやられてしまいます。

NPRを聞いて笑ってしまいました。過激派の「イスラム国」が台頭してきたのでその勢力に対抗するためにアメリカはシリアの moderate rebels (穏健な反乱軍???)と手を組むんだそうです。moderate terroristsということばも使われていたそうなのですが、いくら何でも穏健なテロリストという表現のデタラメぶりに視聴者が気づき苦情が出てきたから moderate rebels に変えたのでしょうか。こんな訳のわからないことばで世界を理解出来ると思ってるのでしょうか。

日本のニュースでは、「イスラム過激派」ということばが乱用されています。二言目には「過激派」です。上の方から「過激派」と言うんだよと指令が 出てるんでしょうか。I am Kenji. という表現で世界は日本に同情しているのだそうです。野蛮な過激派に対抗する文明国に連なる日本という構図を作りたいのでしょう。アメリカとNATOの戦争ビジネスに日本 を引きずり込みたい連中の意図が見え見えです。安倍さんの中東訪問について行った企業団は戦争の混乱でひと儲けを企んでいるのでしょうか。

メディアがこのようなプロパガンダ攻勢をしかけてきたら冷静になって単純な質問をしてください。

イスラム国の構成員は誰か?誰が指導者で誰が官僚組織を作っているのか?
イスラム国の兵士は何時どこで誰が訓練したのか?
イスラム国の運営資金はどこから出ているのか?

イデオロギーや宗派などについてグダグダ論じるより彼らの生活の内容を詳しく知ることが先決です。給料はどこから出ているのか。銀行口座はあ るのか。どこの銀行なのか。年収はどのくらいなのか。などなど。日本の歴史を振り返るのもいいでしょう。国家を作っていた官僚組織は戦争中は鬼畜 米英で団結していましたが、戦後はアメリカ式民主主義に宗主替えしました。フセインが倒れてバース党の幹部は粛清・追放されたかもしれませんが、 大多数はイスラム国に戻ってきても不思議ではありません。人々はイデオロギーのためではなく食べるために生きているのですから。

ちょっと前、引っ越しした家のガスパイプ漏れが発覚し、派遣された会社の人と色々話をしました。その人には部品の持ち合わせがなかったので、結局 東邦ガスの緊急部隊が駆けつけパイプを部分的に取り替えてもらいました。世間話がイスラム国の話に発展し色々話しました。

ガスのシステムを作ったのが東邦ガスなので、関連下請け会社の人も、時々東邦ガスの研修を受けたりするんじゃないの?それと同様に、イスラム国の 兵士だって武器を製造した会社の研修を受けないとちゃんと使えないんだよ。武器を作ったのは、どこの国の会社だと思う?イラクの会社 だと思う?

などなど、いろいろ話したら、よく分かったと納得していました。戦争前のイラクは電力設備にドイツのシーメンスなどの機械が入っていましたが、ア メ リカが電力インフラをぶっ潰したのでアメリカのハリバートン(チェイニーがCEO)やベクテルが自社の機械を入れるだけのことです。戦争とい うのは そういうビジネスです。

学生には次のような話をしました。

君たち名大の学生証を持っているよね。数万人ほど構成員がいる名大という組織をどの程度知ってる?総長の考えていることを知らないと、名大は理解 できないよね。総長はインタビューさせてくれると思う?仮にインタビューできても本当のことを教えてくれると思う?だからさ、現場に行けば物事が 理解できるというのは幻想だよ。後藤健二さんたちは情熱にかられて現場に行くのだろうけど、現場に行っても、わからないことは、わからないのよ。 名大のような小さな組織だってわからないのだから、イラクなんて大きな国を理解するのは至難の技なのよ。

アメリカ政府を乗っ取った勢力の自作自演であった911事件の後、アメリカ国民はプロパガンダに煽られ、「アラブ過激派」憎しでまとまり、テロの 脅威と戦うためなら基本的人権の制限もやむを得ないという議論に乗っ取られてしまいました。その結果、ファシスト的な言論統制国家に成り下がって います。最近のメディアの煽り方を見ていると、日本もアメリカの後追いをしていると感じます。私の学生には色々教えているので大丈夫ですが、他の 学 生の多くは煽られ騙され戦争肯定に傾いているのだろうと想像します。中東の戦争が拡大し、東芝やら三菱やらが儲かれば日本経済が潤うからいいじゃ ないというシニカルな態度は死期が近い老人ならありかもしれないと思いますが、名大の学生は自分が兵隊に行くかもしれないので、自分のこととして 真面目に考えてもらわないと困ります。

(Feb. 2015)


copyrights Takashi Wakui