takashi's pictureTakashi Wakui's Home           takashi's picture涌井隆の家

What's new

Profile                 

Classes 授業

Recent Publications

Animation
アニメーション

Bicycling 自転車

Stargazing 星見

Links リンク

Essays 文章 作文



(詳しい内容は講義シラバスを見てください。ここでは一般的なことを書きます。)

学部生向けの英語授業:                       名大AE支援室

学生の英語には二つの問題があります。まず、発音がデタラメの人が多い。第二に、語彙力が絶対的に不足している。

第一点について。学生に訊くと発音記号を読めない人が殆どです。そういう人はどうやっているかというと、和製英語風のカタカナ発音で済ませている。これは 大問題です。中国語の場合、日本では大学に入って初めて習う人が殆どです。中国語を教えている同僚に訊くと、かなりの時間を使って、ピンインを正しく読め る ように指導しています。日本の英語教育では、この段階の発音特訓を中学校でちゃんとやらないといけないはずですが、どうやら、やっていないようで す。大学になって、中学の補習をやるわけには行きません。そこで、最近は、発音の勉強のために役に立つウェブサイトがあるので学生に紹介し、レポートを書 いてもらっています(ほとんどの学生が、初めて知ることが多いと肯定的な感想を漏らします)。発音なんかいいかげんでも、通じればいいんだ、重要なのは中 身だとか、何だとか言う人がいますが、発音をちゃんとやると、体も動員し て外国語を学 ぶことになるので効率的です。それに通じればいいというのも限度がありますよ。日本の外に出るとカタカナ発音では通じません。

第二点について。語彙が貧弱なのは致命的です。会話も究極的に語彙力です。日本人学生の場合、上述した理由で聞き取り能力が低いので、耳で聞いて語彙力を 伸ば すというのは望めません。したがって、沢山読んで沢山辞書を引くのが、語彙力をつける最短距離です。(辞書は英語を英語で説明した辞書を使ってくださ い。)

というわけで、会話だのe-learningだの英語教育の改革は始終やってますが、重要なのは学生側の自発的な勉強です。発音を正しく身につけ、たくさ ん読んでおれば、ネットのラジオ番組を聞いても徐々に耳が慣れてきて、そのうち出来るようになります。

(追記:同僚に聞いたら、今の中学では発音記号も教えないし、学校文法も教えないそうです。ちょっと耳を疑いましたが、本当だそうです。動詞、形容詞、 SVOなんて使えないので、色分けして教えている人もいるらしい。)

大学院生向け授業:

「言語文化交流論」という授業を担当しています。

春学期には、言語文化交流や異文化交流についての基本図書をいろいろ読んで勉強します。「リンク」のところで書いたように、世の中には唖然とするような嘘 が堂々とまかり通っていて、大学人の多くも騙されているので、洗脳度をチェックします。

秋学期には、外国語で書かれた詩を日本語に翻訳する練習をします。主に英語と中国語です。




copyrights Takashi Wakui