コーパス公開 (修正中)


魯東大学会話コーパス   (一括ダウンロード) zipフォルダ 000KB

 ● データの概要
 被験者 : 魯東大学外国語学部日本語学科の学部生218人
 母語 : 中国語
 収集時期 : 2006年6月〜2007年12月
 収集場所 : 魯東大学(中国・山東省煙台市)
 全データ数 : 405
 ファイル種 : MSWord(文字スクリプト)、MP3(音声)、Eccel(被験者情報)
 ファイル名 : (例)0501I060710:「被験者05級01番−1年生−2006年7月10日録音」という意味
 ※データの詳細はダウンロードしたフォルダ内の 「readme」 ファイルを参照のこと。

  級  録音時期・学年(各回の被験者数)  備考
 02級  1. 2006年6月・4年後期 (27人)  2002年9月入学
 (全被験者27人)
 03級  1. 2006年4月・3年後期 (20人)  2003年9月入学
 (全被験者20人)
 04級  1. 2006年6月・2年後期 (28人)
 2. 2007年7月12日・3年後期 (26人)
 3. 2007年12月7日・4年前期 (54人)
 2004年9月入学
 (全被験者55人)
 05級  1. 2006年7月10日・1年後期 (59人)
 2. 2007年6月28日、7月7日・2年後期 (55人)
 3. 2007年12月11日・3年前期 (50人)
 2005年9月入学
 (全被験者59人)
 06級  1. 2007年6月29日・1年後期 (30人)
 2. 2007年12月9日・2年前期 (56人)
 2006年9月入学
 (全被験者57人)


 ● 本コーパスの利用条件
 1. 本コーパスの著作権は研究代表者である杉村泰が保持する。
 2. 本コーパスを無断で再配布してはならない。
 3. 本コーパスを使って二次的著作物を公開する場合は、杉村泰の許可を得なければならない。
   ただし、本コーパスのデータを利用して論文を書く、学会や研究会で発表をする、辞書の
   用例に採用する、個人的に言語教育の教材として活用するなど学術的・教育的行為を行う
   場合はこの限りではない。
 4. 新たなタグ付けや表記の変更をするなど、学術的研究のために本コーパスのデータを改変して
   使用する際は、変更内容について注記すること。
 5. 本コーパスを利用して上記の成果を公表する場合は、必ず 「魯東大学会話コーパス
   (科研費課題番号19520451、研究代表者:杉村泰)を使用した」
という内容を明記すること。

 ● 本コーパスは下記研究費の助成を受けて作成したものである
 平成19年度〜平成21年度科学研究費補助金基盤研究(C)(課題番号19520451)
  『中国語話者のための日本語教育文法の開発と学習者中間言語コーパスの構築』
 研究代表者:杉村 泰(名古屋大学准教授) sugimura@lang.nagoya-u.ac.jp
 研究分担者:張 麟声(大阪府立大学教授)
 研究協力者:李晨(魯東大学教授)、井上 幸(奈良文化財研究所特別研究員、元魯東大学教授)