UIROT研6月例会のお知らせ

UIROT研6月例会のお知らせ

 

日時:6月27日(木曜日)午後4時30分から
場所:名大言語文化部棟31号室
発表者:外池俊幸氏(名古屋大学言語文化部)
題:「生成的辞書ー辞書の構造化の試み」


発表者レジュメ:

 アメリカを中心とする言語学研究の中でも、チョムスキを中心とする生成文法と呼ばれる枠組みでの研究は、大きな変更を経ながらも、現在も活発に研究が進められている。その中でも1970年代末以降、それまで統語規則として定式化されたものを語彙規則として捉え直そうという動きが出てきた。また、それとは独立に工学系の研究者が計算機を使って、自然言語に関わる問題を処理しようという試みも盛んに行われた。
 本発表では、言語に関する知識、言語外の知識などを、辞書を中心に捉える考え方、辞書の構造化について論じる。言語学的には、1990年頃から出て来た、辞書の生成的な側面を強調する「生成的辞書」の考え方を中心に、発表者の計算機用日本語辞書の編集の経験と、関連する最近の動向、今後の方向について論じる。
   具体的には、
 1.言語の運用においてみられる様々な逸脱現象をどう考えるか、
 2.自然言語の本質であると考えられる様々な文脈依存性をどう考えるのか
 3.大量の用例を参照出来る環境が提供されつつある中で、それをどう利用出来るか
   などを論じる。



UIRTOT研及び例会に関する問い合わせは
e43479a@nucc.cc.nagoya-u.ac.jp