Ezra Pound Review

 第8号・第9号(合冊号) (2006)

 

<表紙> PDF
<論文>
 山内 功一郎 「見える形」としての「彼女の両手」――「詩篇36」を通して読む「詩篇 114」 PDF
 遠藤 朋之 現代に招魂(ネクイア)されたセクトゥス・プロペルティウス――皮肉の詩人プロペルティウスができるまで PDF
 井上 敏郎 E・W・サイードから見たモダニズムとパウンド PDF
 喜多 文子 パウンドの能翻訳――モダニズムにおける新しい詩の実験   PDF
<訳注>
 小泉 純一 『詩篇』 第25篇 PDF
<投稿規定> PDF
<編集後記> PDF
<奥付> PDF

 

(2009.11.3)