「20世紀ポピュラー音楽の言葉」研究会

第1回講演会のお知らせ


「抵抗と空想主義――「イマジン」からはじめるメッセージ・ソングの諸相 」

講師:久野陽一氏(愛知教育大学)

日時:12月8日(水)午後3時〜5時

場所:名古屋大学文系総合館6階623号室


<講演要旨>
ジョン・レノンの「イマジン」。誰でも知っているこの歌は、美しいバラードと受け取られる一方で、極めて政治的なメッセージをもったものだとも考えられてきた。この歌のそうした目的での使用は近年でも様々な局面で繰り返されている。そこでまず、この歌の何がこのような継承を可能とするのか検討したい。そして、1971年発表の「イマジン」を出発点として、その前後の60年代から70年代にかけての楽曲を合わせて聴きながら、ポピュラー・ソングのメッセージがいかにして出来上がっているのか考察する。


現代ポピュラー音楽の研究を進めておられる久野陽一氏をお招きして、上記の講演会を開催いたします。ご関心がおありの方はぜひご出席下さい。

会場の位置につきましては、名古屋大学ホームページの建物配置図をご参照下さい。URL は http://www.nagoya-u.ac.jp/sogo/higasiyama.html です。(文系総合館は図中62番の建物です。)


「20世紀ポピュラー音楽の言葉」研究会(田所・藤井・布施・長畑)

(2004.12.2)