名古屋大学アメリカ文学・文化研究会

<活動記録>

月日 発表者・タイトル 場所 備考
2017.3.11〜12 国際シンポジウム"'Walls' in Anglo-American Literature and Culture"
案内 / Program / Flyer
全学教育棟北棟406  
2016.7.22 マーク・バイロン氏講演会 "Worstward Ho: Samuel Beckett's Epic of Language -- A Lecture by Dr. Mark Byron" → チラシ 文総7階「オープンホール」 懇親会:一右衛門
2016.3.19〜20

国際シンポジウム "'Mobility' and North American Literature/Culture"
案内 / Program / Flyer 1 / Flyer 2

全学教育棟北棟406  
2015.6.12 ポーラ・ラビノウィッツ教授講演会 "American Pulp: How Paperbacks Brought Modernism to Main Street -- A Talk by Professor Paula Rabinowitz"→ チラシ 文総7階「オープンホール」 懇親会:コカブ
2015.3.23〜24 国際シンポジウム "American Literature/Culture at the Crossroads of Race and Gender"
案内 / Program / Flyer
全学教育棟北棟406  
2014.11.8 (1) 小林亜由美「追求した理想が導いた現実ーFloyd Dell, Runaway (1925) に見られる移動の考察」
(2) 土屋陽子「Theodore Dreiser, "The Lost Phoebe," "Married," "Free," における結婚描写にみる都市と牧歌」
文館 609 懇親会:香蘭楼
2014.5.10 (1) 菅井大地「In Watermelon Sugar における抑圧と回帰―カウンターカルチャーに対するRichard Brautigan の視座」
(2) 香ノ木孝臣「Robert Penn Warren, Now and Then におけるノスタルジアとその克服」
文館 609 懇親会:萬鳥商店
2014.3.5〜6 国際シンポジウム "American Literature/Culture in a Global Context"
案内 / Program / Flyer
全学教育棟北棟406  
2013.11,16 香ノ木隆臣「Robert Penn Warrenの中期詩集(PromisesYou, Emperors and Others, Tale of Time)における"Time"をめぐる思考の軌跡 」 全学教育棟北棟 211 ランチ:Mei-Dining
2013.7.27 (1) 土屋陽子「『シスター・キャリー』における中間性 −「都市」における「田舎」の面影」
(2) 小林亜由美「Floyd Dell の The Briary-Bush (1921) における放浪の意義」
文総609 懇親会:マンダレー
2013.6.15 川端理恵「『大地』と『生きる葦』にみられるマイノリティ表象——パール・バックの自己再生と世界平和への軌跡」 文総609 ランチ:Mei-Dining
2013.3.16〜17 国際シンポジウム "Race and Ethnicity in American Literature and Culture: A Reconsideration"
紹介 / Program / Flyer 1 / Flyer 2
全学教育棟北棟406  
2013.2.9 堀江里香、本田安都子 「博士論文執筆を振り返って」 名古屋国際センター第二会議室  
2012.12.8 柳沢秀郎「『河を渡って木立の中へ』における「核」言及」 文総609 ランチ:Mei-Dining
2012.11.17 社河内友里「Madman におけるビートニク表象―スーパーヒーローとロハス」 文総609 ランチ:Mei-Dining
2012.8.25 土屋陽子 「The FinancierThe Titan における都市と牧歌—3人の女性像に見られるクーパーウッドの意識の変化—」 文総609 懇親会:月見すし
2012.7.15 岩塚さゆり「『金色の眼に映るもの』についての考察―セルゲイ・ラフマニノフへの言及から見えてくる金色の眼に映るもの」 文総 609 懇親会:英国屋
2012.5.12 小林亜由美「理想が導いた自由と苦悩——This Mad Ideal における New Woman 像からの考察」 文総609 懇親会:ロゴスキー
2012.3.12 セミナー "Talking of Depression-Era Films" (A Seminar with Professor Paula Rabinowitz) 文総 609 懇親会: 一右衛門
2012.3.11

シンポジウム "Revisiting the Great Depression in American Literature and Culture"

Panel I

  1. Ayumi Kobayashi, “Communism in Floyd Dell’s Short Story ‘Hallelujah, I’m a Bum!’”
  2. Saori Iwatsuka, “Reflections in a Golden Eye: The United States in the 1930s from Anacleto’s Viewpoint”
  3. Yuri Shakouchi, “Representation of the Great Depression in Little Orphan Annie
  4. Shota Yamabe, “From a Southern Farm to Communities: The Construction and Dissolution of Identities in Flannery O’Connor’s ‘The Displaced Person’”

Panel II

  1. Yoko Tsuchiya, “Theodore Dreiser in the 1930s: His Idea of a Consuming Society in Tragic America
  2. Hideo Yanagisawa, “The Representations of Asian People during the Great Depression: To Have and Have Not as an Interethnic Novel”
  3. Takaomi Konoki, “Donald Davidson's Critique of the New Deal in His 1930s’ Essays”
  4. Akitoshi Nagahata, “Reconsidering Wallace Stevens in the 1930s”
  5. Mark Weeks, “Laughter, Great Depressions, Little Deaths”

Keynote Lecture

Professor Paula Rabinowitz, “Ventriloquizing Class: American Women’s Letters, Lectures and Lyrics”

(Flyer 1, Flyer 2)

北棟 406 懇親会:コカブ
2012.2.20 柳沢秀郎「「セーヌのこちら側」にいた長髪の日本人芸術家たち――『日はまた昇る』におけるアメリカン・ボヘミアン表象」 文総 609 懇親会:レズゥドール
2012.1.21 土屋陽子「Jennie Gerhardt に示された都市化社会と自然空間の関係——ジェニー像に示された都市化社会に対するドライサーの見解」 北棟107 懇親会:芽育
2011.12.18 Mark Byron 氏講演会:“In a Station of the Cantos: Ezra Pound’s ‘Seven Lakes’ Canto and the Sho-Sho Hakkei Tekagami”(案内 文総 609 懇親会:グランピアット
2011.11.12

1. 香ノ木隆臣「Robert Penn Warren, Eleven Poems on the Same Theme における認識の変遷について ―個人、社会、ふたたび個人へ―」

2.Yuri Shakouchi, "How did the Stereotype of the Beatniks Develop in Comics?: A Study of Comics in the Late 1950s and the 1960s"
文総 624 懇親会: 一右衛門

 

(last updated: 2017.4.30)