アメリカ文学・文化論 IIb (アメリカ言語文化講座) / 国際多元文化特殊講義 IVb (英語高度専門職業人コース)

アメリカ文学・文化史概観(2)


単位
後期月曜6限
教室:文系総合館 609
担当教員:長畑明利
研究室:文系総合館 706
電話/fax: 052-789-4702
email: e43479a@cc.nagoya-u.ac.jp

授業HP: http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/~nagahata/lectures14/amcul14/amcul14b.html


◆連絡事項:

◆目的・ねらい:
 
この授業の目的・ねらいは主として次の3点である。1. ヨーロッパ人の入植以前から植民地時代、建国期を経て、19 世紀にいたるアメリカ文学史・文化史の重要事項について学ぶ。また、それらの事項に関連する具体的なテクストの実際を知る。2. その過程で、自分なりの(学術的な)問いを見出す。また、自分が得た問いをより大きな知的文脈に置いて吟味する。3. 文学・文化の研究に必要なリサーチの方法について学ぶ。また、1 次資料、学術論文の読解に資する高度な英文読解力を涵養し、学術論文執筆に必要となるライティングのスキルを身につける。

◆履修条件:
 
基礎的な英語読解力を有すること、学習に対する意欲、積極性を有することを履修の条件とする。前期同時限に開講される「現代アメリカ文化論 IIa」と連続して受講することが望ましい。関連科目として、「北米文化論 b」、「英語表現技術演習 b」(英語高度専門職業人コース)、「英語学術論文演習 b」(同)を挙げておくが、英米文学・文化に関する他の授業も受講するとよい。

◆授業内容:
 
「アメリカ文学・文化論 IIa」(前期)と「アメリカ文学・文化論 IIb」(後期)を通じ、植民地時代から 19 世紀にいたるアメリカの文学・文化の重要事項を年代順に概観する。 a(前期)、b(後期)ともに、Marcus & Sollors, ed., A New Literary History of Americaを用いる。 b(後期)においては、教科書に従い、1830 年代から 19 世紀末までの文学・文化関連項目を扱う。 毎週の授業は次の形で行う。

・各自、授業で扱う4項目のそれぞれについて、本文中から1行または2行を抜き出し、その和訳をつけ、短くコメントする。(4項目あるので、ぜんぶで4箇所を選ぶことになる。)
・コメントは、なぜその1文もしくは2文がどのような事実を示すものか、あるいは、書き手のどのような意見を示すものか、そして、それがなぜ重要なのか、興味深いのか等を、短く述べる。(それに加えて、補足の説明を加えてもよいことにする。)
・各自日曜5時までに、授業用のメーリングリストに訳とコメントを投稿する。受講者は他の受講者の訳とコメントを読んだ上で授業に望む。
・授業では、担当者が担当箇所についての他の受講者の訳とコメントについて短い論評を行い、さらに、教員と受講者からの質問に答える。また、担当箇所のうち任意の部分の英文和訳を行う。

 学期中に教科書のトピックと関連する映画作品を見てもらう。 月曜5限にヴィデオ上映会を開催するが、各自で見てもよい。
 学期末に、自分で選んだ作品1点について論じる口頭発表をしてもらう。トピックは各受講生と教員とで相談して決める。また、期末レポート1点(和文もしくは英文)、映画レポート1点を課す。

◆授業スケジュール(仮):

Date 項目 (担当者)
14.10.6 Introduction
14.10.20

1836: The Alamo and Texas border writing (Iwatsuka)
1836: Richard Henry Dana, Jr. (Kawabata)
1837: Ralph Waldo Emerson, "The American Scholar" (Sugai)
1838 "The Divinity School Address" (Sasaki)

14.10.27 1838: The slave narrative (Horisawa)
1841: "The Murders in the Rue Morgue" (Murase)
1846: James Russell Lowell's Biglow Papers (Iwatsuka)
1846: Henry David Thoreau (Kawabata)
14.11.10 1850: The Scarlet Letter (Sugai)
1850: Margaret Fuller and the Transcendentalist (Sasaki)
1850: Nathaniel Hawthorne and Herman Melville (Horisawa)
1851: Moby-Dick (Murase)
14.11.17 1851: Uncle Tom's Cabin (Iwatsuka)
1852: Hawrhorne, Blithedale Romance and utopian communities (Kawabata)
1852: Frederick Douglass, "What to the slave is the Fourth of July?" (Sugai)
1854: Maria Cummins and sentimental fiction (Sasaki)
14.12.1 1855: Walt Whitman, Leaves of Grass (Horisawa)
1858: The Lincoln-Douglas debates (Murase)
1859: The science of the Indian (Iwatsuka)
1861: Emily Dickinson (Kawabata)
14.12.8 1862: The journeys of Little Women (Sugai)
1865: Lincoln's second inaugural address (Sasaki)
1865: "Conditions of repose" (Horisawa)
1869: Carl Schurz (Murase)
14.12.15 1872: All men and women are created equal (Iwatsuka)
1875: The Winchester Rifle (Kawabata)
1876: Melville in the dark (Sugai)
1876: The art of telephony (Sasaki)
14.12.22

1878: "How to Make Our Ideas Clear" (Horisawa)
1879: John Muir and nature writing (Murase)
1881: Nenry James, Portrait of a Lady (Iwatsuka)
1884: Mark Twain's hairball (Kawabata)

15.1.8(4th period) 1884: The Linotype machine (Sugai)
1884: The Southwest imagined (Sasaki)
1885: The problem of error (Horisawa)
1885: Limits to violence (Murase)
15.1.19 1885: Writing New Orleans (Iwatsuka)
1888: The introduction of motion pictures (Kawabata)
1889: A Connecticut Yankee in King Arthur's Court (Sugai)
1893: Chief Simon Pokagon and Native American literature (Sasaki)
15.1.26 1896: Paul Laurence Dunbar, Lyrics of Lowly Life (Horisawa)
1897: The Robert Gould Shaw and 54th Regiment Monument (Murase)
1897: Literature and imperialism (Iwatsuka)
1899; 1924: McTeague and Greed (Kawabata)
15.2.2(5th & 6th periods) Students' presentations

◆DVD上映会スケジュール(仮):

Date Title Director Runtime
10.27, 11.10 Alamo (1860) John Wayne 162 min.
11.17, 12.1 Moby-Dick (1956) John Huston 116 min.
12.8, 12.15 Little Women (1949) Marvyn LeRoy 120 min.
12.22, 1.8 (5th period) Lincoln (2012) Steven Spielberg 151 min.
1.19, 1.26 Greed (1924) Erich von Stroheim 129 min.

・additional film titles(各自で見る):

  • The Scarlet Letter (1934) / dir. Robert G. Vignola
  • Spirits of the Dead (1968) / dir. Roger Vadim, Louis Malle, Federico Fellini
  • The Portrait of a Lady (1996) / dir. Jane Campion
  • Glory (1989) / dir. Edward Zwick

◆成績評価の方法:基礎的な英語力を有することを単位取得の条件とする。そのうえで、授業点(注、口頭発表、映画レポートを含む)50%、期末レポート 50%。欠席 3 回で単位放棄とみなす

◆教科書:

  • Greil Marcus and Werner Sollors, ed., A New Literary History of America (Harvard UP, 2012) [ISBN: 978-0674064102] 各自購入のこと。
  • その他のテクストについては、授業HPもしくはMLにて連絡する。 

◆参考書:

  • Emory Elliott, et al., ed. Columbia Literary History of the United States
  • 渡辺利雄『講義アメリカ文学史』(全3巻+補遺)
  • 平石貴樹『アメリカ文学史』
  • 亀井俊介『アメリカ文学史』(全3巻)
  • その他、授業HPもしくはMLにて紹介する。

注意事項:

  • 授業関連の連絡は、授業HPもしくはMLにて行う。
  • ・本授業は英語高度専門職業人コース開講の「国際多元文化特殊講義 IVb」との合併授業である。


学生用ページへ
長畑ホームページへ
(最終更新日:2015.1.19)