言語文化 I

英語(コミュニケーション)

2単位 
後期火曜3限 
対象学部:経済学部 
教室:S13
担当教員:長畑明利
文系総合館706 
email: e43479a@nucc.cc.nagoya-u.ac.jp
授業HP:http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/~nagahata/lectures13/nuilas13aec-eco.html
教養教育院 e-learning サイト
ぎゅっと e TA: 山田貴将


連絡事項

 

目的・ねらい

現代社会をとりまく様々な問題について、自分の意見を英語で表明する(口頭で、また文書で)力を養う。理解できる単語に加え、使うこともできる単語の数を増やす。

履修条件・関連する授業科目

学習に対する意欲。向上心。積極性。基礎的な文法力。社会的関心。

授業内容

現代社会に見出される様々な問題を紹介する英文を読み、それらについて自分の意見を英語で(口頭および文書で)表明する練習をする。授業は原則として英語で行う。自習用の音声ファイルを各自ダウンロードするようになっているので、それを利用して予習すること。教室での具体的な授業内容は次の通り。

・最初にテクストを音読する。その際、用語等について教員からの質問に英語で答えてもらう。
・教科書の設問の答え合わせをする。
・ペアワークもしくはグループワークによって、各自がその日のトピックについて自分の意見を口頭で言う——プレゼンと同じ。(メモなどをちらちら見て話してもよいが、メモを棒読みしてはいけない。)
・あらかじめ指名された受講者がその日のトピックもしくは関連トピックについて全員の前で発表(プレゼン)を行い、質問に答える。(メモを見てはいけない。)
・最後にトピックに関する短い英文を書く。(プレゼンの内容を書いたエッセイの提出とする可能性もあり。その場合は、2週に1度ぐらいとする予定。)
・時間に余裕があれば、TOEFL 用問題集の問題にも取り組む。
・ときおり、小テストあり。
・時間が許せば、学期中に1曲か2曲英語の(古い)歌を歌う。
・教科書の内容については、出版社の該当ページを参照のこと。

スケジュール

Date Unit / Topic Designated presenters Essays  
10.1 Introduction      
10.8 1. Seven Billion and Counting Isobe, Ito,    
10.15 2. Who Wants to Be a Millionaire? E. Inoue, Y. Inoue, A  
10.22 3. Poverty’s Partner: Hunger Kakita, Kajita, Shimizu B  
10.29 4. Of Terror and Tantrums Sugimoto, Takeuchi C  
11.5 5. The Double-Edged Net Naito, Nakatsugawa A  
11.12 6. The Issues of Oceans Hata, Hayakawa B  
11.19 7. Water, Water, Everywhere Makaino, Maseki C  
(11.22)       Gyuto-e: 1st deadline
11.26 8. An Obsession with Possessions Yamada, Takayama A  
12.3 9. Heading for a Crash? Fuchigami, Isobe, Ito B Vocabulary quiz
12.10 10. Survival of the Most Flexible E. Inoue, Y. Inoue, Kakita C  
12.17 11. Teach Your Children Well Kajita, Shimizu A  
(12.20)       Gyuto-e: 2nd deadline
12.24 (4th period) 12. The Other Precious Liquid Sugimoto, Takeuchi, Naito, Nakatsugawa B  
1.14 13. The Race between Truth and Lies Hata, Hayakawa, Makaino C  
1.21 14. Good Help, Bad Help Maseki, Yamada, Takayama, Fuchigami    
(1.25)       TOEFL-ITP
(1.27)       Gyuto-e: 3rd deadline
1.28 Final exam      

A: Isobe, Ito, E. Inoue, Y. Inoue, Kakita, Kajita
B: Shimizu, Sugimoto, Takeuchi, Naito, Nakatsugawa, Hata,
C: Hayakawa, Makaino, Maseki, Yamada, Takayama, Fuchigami

成績評価の基準

「ぎゅっとe」20%、検定試験30%、授業点(発表、要約、作文、小テストを含む)30%、定期試験20%、積極性(ボーナス)の予定。ボーナス点はプレゼンの際の質問・意見につける予定。

教科書

Peter Weld, Issues of Our Age (Kinseido)。

参考書

ジェイムズ・H・M・ウェブ『日本人に共通する英語のミス151』(増補改訂版)(ジャパンタイムズ)。マーク・ピーターセン『日本人の英語』(岩波新書)。ケリー伊藤『英語ロジカル・ライティング講座』(研究社)。その他必要があれば、授業HPにて、また、授業中に教室で紹介する。

注意事項

・対面授業に加え、課外学習として、英語(コミュニケーション)用「ぎゅっとe」リスニングを課し、その消化率に基づく評価を授業全体の評価の20%とする。
・TOEFL-ITPの成績(Listening, Structure)の評価を30%とする。
・5回以上欠席をした場合、「欠席」の評価がつく。履修取り下げ制度は採用しない。
・この授業では、遅刻2回で欠席1回分とみなす。また、30分以上の遅刻は欠席扱いとする。
・私語、ケータイ、睡眠禁止。
・剽窃、小テスト・定期テストでのカンニングは成績不可。期限後の提出物提出は評価 1/2。
・授業HPで最新情報を確認のこと。なお、シラバスとHPとで内容が矛盾する場合は、HPのほうに従うこと。

アドヴァイス

・語学学習で大事なことはまず意欲。英語の力を伸ばすのだという意欲がないと、なかなか成果があがらない。
・語学学習の効果はしばらく経ってから現れるもの。学習への意欲を失うことなく、継続して学習してほしい。
・英語で書かれた文章は学術論文もしくは論説文に限られるわけではない。学術的英文・論説文以外の種類の英文をも、広く、ときにはじっくりと、文法事項や文の構造を確認しながら読むことで、英語という言語とその背景についての理解を深めることが可能となる。また、ひいてはそれが学術的英文を含む英文一般の読解力と表現力を高めることにもなる。
・この授業で弾みをつけて、英語で書かれた他の短編小説や長編小説も読んでみてほしい。
・英語の力を高めるために、ネットでいろいろなスタイルの発表もしくはトークを見るとよい。おすすめサイトのひとつは TED。字幕もあるが、日本語ではなく、英語字幕を使うのがよい。ただし、字幕を見る場合も、一度は字幕なしで見ることが必須。 おすすめヴィデオ→ "Evelyn Glennie Shows How to Listen"

 


長畑ホームページへ

(2014.1.14)