現代アメリカ文化論 b

(大恐慌時代のアメリカ文学・文化 2)

 (2011)


単位
後期月曜6限
教室:文系総合館 609
担当教員:長畑明利
研究室:文系総合館 706
電話/fax: 052-789-4702
email: e43479a@nucc.cc.nagoya-u.ac.jp


◆連絡事項:

◆目的・ねらい:大恐慌時代のアメリカ文学・文化に関する知見を高める。文学・文化テクストの分析方法を学ぶとともに、高度な英文読解力を身につける。

◆履修条件:基礎的な英語読解力を有すること、学習に対する意欲、積極性を有することを履修の条件とする。前期同時限に開講される「源代アメリカ文化論 b」と連続して受講することが望ましい。

◆授業内容:現代アメリカ文化論 a」(前期)と「現代アメリカ文化論 b」(後期)を通じて、大恐慌時代のアメリカ文学・文化について学ぶ。b(後期)は、大恐慌時代の代表的な文学作品を採り上げ、議論する。授業は発表形式で行う。担当者は、担当するテクスト(もしくは分担箇所)中の任意の箇所の「和訳」と、その箇所と関係する視点に基づくテクスト全体についての「論評」を授業前日(日曜)に ML に投稿する。授業では、担当者の「和訳」と「論評」について検討した上で、受講者全員でテクストについてのディスカッションを行う。学期末に、期末レポートを提出してもらう。また、前期同様、大恐慌をテーマにした映画、大恐慌時代の音楽について短いレポートを課す。

◆スケジュール(予定):

月日 トピック・テクスト 報告者等 備考

◆成績評価の方法:成績評価の方法:基礎的な英語力を有することを単位取得の条件とする。そのうえで、授業点(及び小レポート)50%、期末レポート50%。

◆教科書:

  • 選択する作品は授業HPに掲載する。

◆参考書・参考資料:

  • 授業 HPもしくは ML にて紹介する。

注意事項:本授業はアメリカ言語文化講座開講の「現代アメリカ文化論 b」との合併授業である。


学生用ページへ
長畑ホームページへ
(最終更新日:2011.4.7)