現代アメリカ文化論 a

(H. D. とモダニズム 1)

 (2010)


単位
前期
教室:文系総合館 609
担当教員:長畑明利
研究室:文系総合館 706
電話/fax: 052-789-4702
email: nagahata@lang.nagoya-u.ac.jp


◆連絡事項:

◆目的・ねらい:20世紀初頭にアメリカからヨーロッパに渡った女性詩人・小説家 H. D.(Hilda Doolittle)の作品を精読することで、モダニズム文学・文化に関する知見を高め、文学テクストの分析方法を学ぶとともに、高度な英文読解力を身につける。

◆履修条件:基礎的な文法力を有すること、学習に対する意欲、積極性を有することを履修の条件とする。後期同時限に開講される「源代アメリカ文化論 b」と連続して受講することが望ましい。

◆授業内容:「現代アメリカ文化論 a」(前期)と「現代アメリカ文化論 b」(後期)は連続するものとし、a(前期)では、H. D.の詩テクストを精読しつつ、モダニズム文学の特徴、その背景等について学ぶ。また、H.D. が関わった映画制作についても触れ、作品 Borderline についても検討する。学期末にレポートを課す。また、H.D. および彼女が生きた時代に関連する映画について短いレポートを課す。

◆スケジュール(予定):

月日 トピック・テクスト 報告者等 備考
1 ( ) モダニズムについて(1)
2 モダニズムについて(2)
3 モダニズムについて(3)
4 モダニズムについて(4)
5 モダニズムについて(5)
6 H. D. について(イントロダクション)
7 Sea Garden(1)
8 Sea Garden(2)
9 Sea Garden(3)
10 Hymen(1)
11 Hymen(2)
12 Hymen(3)
13 H.D. と映画(1)
14 H.D. と映画(2)
15 ディスカッション

◆教科書:H.D., Collected Poems, 1912-1944 (‘New Directions, 1986)

◆参考書・参考資料:

  • H.D. Homepage (Online)
  • [“H.D.] Hilda Doolittle [1886-1961]” (Modern American Poetry) (Online)
  • The Dictionary of Literary Biography
  • Susan Stanford Friedman, Psyche Reborn: The Emergence of H.D. (Indian UP, 1981)
  • Peter Nicholls, Modernisms: A Literary Guide (Palgrave Macmillan, 2009)
  • Shari Benstock, Women of the Left Bank (U of Texas P, 1987)
  • その他、授業 HPもしくは ML にて紹介する。

◆成績評価の方法:基礎的な英語力を有することを単位取得の条件とする。そのうえで、授業点(及び小レポート)50%、期末レポート50%。


学生用ページへ
長畑ホームページへ
(最終更新日:2010.4.12)