アメリカ文学会中部支部活動記録

2015年6月〜2016年4月

<2015年>
☆6月例会
6月20日(土)愛知大学名古屋キャンパスL208教室
研究発表
(1) 平野 順雄氏 (椙山女学園大学)  司会 香ノ木 隆臣氏(岐阜県立看護大学) 
「空回りするインタヴューとその修正―『パリ・レヴュー』が行ったオルソン・インタヴューの意味―」
(2) 田中 泰賢氏 (愛知学院大学)  司会 木全 滋氏(愛知県立大学) 
「『海辺の歌』(1853年)から3篇の詩について ―奴隷問題と女性差別問題の時代背景から―」
★ 研究会終了後、運営委員会を開催。

☆9月例会
9月19日(土)愛知大学名古屋キャンパスL208教室 
研究発表
(1) 瀧口 美佳氏 (立正大学)  司会 竹野 富美子氏(名古屋学院大学) 
 「A Tour on the Prairies における先住民とアーヴィングのpatriotism」
(2) 武田 悠一氏  司会 川村 亜樹氏(愛知大学) 
 「フランケンシュタインのアメリカ ―ジェイムズ・ホエールをめぐって」
★ 研究会終了後、運営委員会を開催。

☆11月例会
11月21日(土)中京大学名古屋キャンパス11号館8階第2会議室
研究発表
(1) 小池 理恵氏 (常葉大学)  司会 杉浦 清文氏 (中京大学)
「モーリシャスで読むムラカミ:短編『蛍』より」
(2) 尾崎 俊介氏 (愛知教育大学)  司会 中村 栄造氏 (名城大学)
「アメリカにおける自己啓発本の系譜」 
★ 研究会終了後、運営委員会を開催。

☆特別ワークショップ(読書会)
12月12日(土)愛知大学ささしまキャンパス講義棟608教室
テクスト:Monique Truong, The Book of Salt (2003) 
発題者:川村 亜樹氏 (愛知大学:司会兼)
    村山 瑞穂氏氏 (愛知県立大学)
    土屋 陽子氏 (愛知文教大学)
    大木 龍之介氏 (名古屋大学・院)
★午後12時30分より、臨時運営委員会を開催
★特別ワークショップ修了後、忘年会を開催(於タヴェルナ グイダ)

<2016年>
☆2月例会
2月20日(土)金沢大学サテライト・プラザ
研究発表
(1)長岡 亜生氏 (福井県立大学)  司会:梅垣 昌子氏 (名古屋外国語大学)
「Ellen Glasgowの Virginia にみるアメリカ南部の女性像と教育」 
(2)赤尾 千波氏 (富山大学)    司会:小原 文衛氏 (金沢大学)
「文学作品の映画化と黒人ステレオタイプの再来――『死ぬことを考えた黒い女たちのために』、『12イヤーズ・ア・スレーブ』、『プレシャス』を中心に」
★午後12時30分より役員会を開催。

☆第33回 中部支部大会  
4月23日(土)愛知大学名古屋キャンパス(ささしま)講義棟801教室 
開会のことば 支部長 長畑 明利(名古屋大学) 
研究発表
(1) 柳楽 有里氏 (京都大学・非) 司会 永瀬 美智子氏 (愛知大) 
「グロリア・ネイラーの三部作における混沌」 
(2) 田中 敬子氏 (名古屋市立大学名誉教授)  司会 森 有礼氏 (中京大学)  
「二人のアイク――フォークナーの『村』と『行け、モーセ』より」 
シンポジウム
「モダニズムと宗教」
司会・講師 山辺 省太 (南山大学)
   講師 杉野 健太郎 (信州大学)
   講師 竹内 理矢 (東洋大学)
特別講演 
講師 Linda Ohama氏 (映画監督・作家)  
 "The Magic Power of Destiny, Love & Gratitude" 
司会 Christopher J. Armstrong 氏 (中京大学)
閉会のことば 川村 亜樹 (愛知大学) 
★ 終了後、懇親会を開催(於JICA「カフェ クロスロード」) 


2016年6月例会以後はこちらをご覧下さい。

2014-15年の活動記録はこちら

2013-14年の活動記録はこちら

2012-13年の活動記録はこちら

2011-12年の活動記録はこちら

2010-11年の活動記録はこちら

2009-10年の活動記録はこちら

2008-09年の活動記録はこちら

2007-08年の活動記録はこちら

2006-07年の活動記録はこちら

2005-06年の活動記録はこちら

2004-05年の活動記録はこちら

2003-04年の活動記録はこちら

2003年以前の支部例会・大会発表記録はこちら

(2017.4.23)