アメリカ文学会中部支部活動記録

2014年6月〜2015年4月

<2014年>
☆6月例会
6月21日(土)椙山女学園大学国際コミュニケーション学部5階
研究発表
(1) 菅井 大地 (名古屋大学・院)  司会 森 有礼 
「Richard Brautigan の In Watermelon Sugar における抑圧と回帰」
(2) 長畑 明利 (名古屋大学)  司会 平野 順雄  
「Roger Williams, A Key into the Language of America (1643) から Rosmarie Waldrop, A Key into the Language of America (1994) へ――翻訳と反復について考える」
★ 研究会終了後、運営委員会を開催。

☆9月例会
9月20日(土)椙山女学園大学国際コミュニケーション学部5階 
研究発表
(1) 川端 理恵氏(名古屋大学・院) 司会 村山瑞穂 
「Disability Studiesの視点から見たThe Good Earth (1931) におけるPearl S. Buckの先駆性と限界」
(2) 戸田由紀子(椙山女学園大学) 司会 松下千雅子
「21世紀カナダ西海岸マイノリティ文学にけるAnti-Racism Politics」
★ 研究会終了後、運営委員会を開催。

☆11月例会
11月15日(土)中京大学名古屋キャンパスセンタービル8階0806教室
研究発表
(1)小林 亜由美(名古屋大学大学院満期退学)  司会 森 有礼 
「Floyd Dell, Runaway (1925) に見る移動」
(2) 土屋 陽子(愛知文教大学)  司会 武田 悠一氏
「セオドア・ドライサー短編作品における都市と牧歌−“The Lost Phoebe,” “The Second Choice,” “Married,” “Free”に描かれた結婚が示すもの−」 
★ 研究会終了後、運営委員会を開催。

☆特別ワークショップ(読書会)
12月13日(土)椙山女学園大学国際コミュニケーション学部108教室
テクスト:Alice Munro, Dear Life (Vintage, 2012) ISBN-13: 978-0099578642I もしくは同ヴァージョン。 
発題者:クリストファー・J・アームストロング (司会兼:中京大)
    三輪 恭子 (東邦大)
    林 姿穂 (名古屋外国語大)
    細川 美苗 (松山大)
★午後12時30分より、臨時運営委員会を開催。

<2015年>
☆2月例会
2月21日(土)椙山女学園大学国際コミュニケーション学部1階 108教室
研究発表
(1)水口 陽子(豊田工業高等専門学校) 司会 梅垣 昌子 
 「イーディス・ウォートンの初期短編における空間認識」 
(2)梶原 克教(愛知県立大学) 司会 川村 亜樹 
 「C. L. R. ジェイムズの見たアメリカ」
★午後12時30分より役員会を開催。

☆第32回 中部支部大会  
4月26日(日)名城大学名駅サテライト「MSAT」 
開会のことば 会長 長畑 明利(名古屋大学) 
研究発表
(1) 杉浦 清文 (中京大学) 司会 朴 G英 (金城学院大学)
「 “Krik?” に応答すること――Edwidge Danticat の Krik? Krak! に関する一考察――」 
(2)  鈴木 元子 (静岡文化芸術大学)  司会 長澤 唯史(椙山女学園大学) 
「「階級」と文化の変容――ソール・ベローのThe  Actual―― 」
総会 議長 長畑 明利 
シンポジウム
「カナダ文学の「今」」
司会・講師 室 淳子 (名古屋外国語大学)
講師    佐藤 アヤ子 (明治学院大学)
講師    戸田 由紀子 (椙山女学園大学)
特別講演 
講師 野谷 文昭氏 (東京大学名誉教授・名古屋外国語大学)  
「読まれなかった手紙 ― ボルヘス、マルケス、カエサル」 
司会  長畑 明利
閉会のことば 中村 栄造 (名城大学) 




2014年 6月例会 9月例会 11月例会 12月特別ワークショップ(読書会) 2015年 2月例会 第32回中部支部大会

2013-14年の活動記録はこちら

2012-13年の活動記録はこちら

2011-12年の活動記録はこちら

2010-11年の活動記録はこちら

2009-10年の活動記録はこちら

2008-09年の活動記録はこちら

2007-08年の活動記録はこちら

2006-07年の活動記録はこちら

2005-06年の活動記録はこちら

2004-05年の活動記録はこちら

2003-04年の活動記録はこちら

2003年以前の支部例会・大会発表記録はこちら

(2016.6.18)