アメリカ文学会中部支部活動記録

2013年6月〜2014年4月

<2013年>
6月例会
6月15日(土)中京大学名古屋キャンパス センタービル6階0602教室
研究発表
(1) 社河内 友里(三重大学・非)
「Ernie Bushmillerの Nancy における 子どもとボヘミアニズム」
司会 森 有礼(中京大学)      
(2) 梅垣 昌子(名古屋外国語大学) 
「フォークナーの「あの夕陽」―成立事情とデルタの変容」 
司会 田中 敬子(名古屋市立大学)
研究会終了後、運営委員会を開催。
9月例会 
9月21日(土)中京大学名古屋キャンパス センタービル6階0602教室
研究発表
(1) 岩塚 さおり(名古屋大学・院)
「『心は孤独な狩人』(1940年)の Mick Kelly に焦点を当てて―『ベートーヴェン交響曲第三番』から読み解く」
司会 三輪 恭子(東朋大学)
(2) 室 淳子(名古屋外国語大学)
「Joy Harjo の She Had Some Horses におけるアメリカ先住民の現在」
司会 横田 和憲(金城学院大学)
研究会終了後、運営委員会を開催。
11月例会
11月16日(土)中京大学名古屋キャンパス センタービル6階0602教室
研究発表
(1) 川口 雅也(浜松学院大学)
Star TrekがHiroshimaを語るとき―複数の作り手から成るテレビ・ドラマの意図とは―」
司会 森 有礼(中京大学)
(2) 岩田 和男(愛知学院大学)
「Fukushimaから The Waste Land を読む」
司会 長畑 明利(名古屋大学)
研究会終了後、運営委員会を開催。
特別ワークショップ(読書会)
12月14日(土)中京大学名古屋キャンパス センタービル07A教室
テクスト:Jonathan Safran Foer, Extremely Loud and Incredibly Close(2006) 
司会/講師:
講師:
本田 安都子(福井大学)
小池 理恵(常葉大学)
瀧口 美佳(立正大学・院修了)
川端 理恵氏(名古屋大学・院)
午後12時30分より、臨時運営委員会を開催。

 

<2014年>
2月例会
2月15日(土)富山大学五福キャンパス 人文学部校舎 No.1教室
研究発表
(1) 小原 文衛(金沢大学) 
 「JAWS(1975)が読む―フロイト欲動理論の再構築」
司会 岩田 和男(愛知学院大学)
(2) 結城 正美(金沢大学)
「Ruth Ozeki のハイブリッドな食風景」
司会 長畑 明利(名古屋大学)
午後12時30分より役員会を開催
第31回 中部支部大会  
4月20日(日)
中京大学名古屋キャンパス 4号館1階 412教室
開会のことば 会長 鵜殿 えりか(愛知県立大学) 
研究発表
(1) 久保 拓也(金沢大学)
「マーク・トウェインと「失敗」 」
司会 武田 貴子(名古屋短期大学)
(2) 朴 G英(金城学院大学)
「フレデリック・ダグラスとマーティン・R・ディレイニ ―アンテベラム期におけるそれぞれの “revolutionism”」
司会 森 有礼(中京大学)
総会 議長 鵜殿 えりか 
シンポジウム
「知のコミュニティの形成―アメリカン・ルネサンスを中心に」

司会/講師:
講師:

竹野 富美子(名古屋大学(非))
竹腰 佳誉子(富山大学)
古屋 耕平(和洋女子大学)
倉橋 洋子(東海学園大学)
特別講演
講師 佐々木 徹 氏 (京都大学、日本英文学会会長)
    「小説と映画―ビアスの「アウル・クリーク橋」 」
司会 梅垣 昌子(名古屋外国語大学)
閉会のことば 森 有礼(中京大学)

2014年度 6月例会 9月例会 11月例会 2月例会 2015年度 支部大会(4月) 6月例会 

2012-13年の活動記録はこちら

2011-12年の活動記録はこちら

2010-11年の活動記録はこちら

2009-10年の活動記録はこちら

2008-09年の活動記録はこちら

2007-08年の活動記録はこちら

2006-07年の活動記録はこちら

2005-06年の活動記録はこちら

2004-05年の活動記録はこちら

2003-04年の活動記録はこちら

2003年以前の支部例会・大会発表記録はこちら

(2015.6.23)