アメリカ文学会中部支部活動記録

2009年6月〜2010年4月

<2009年>

6月例会
6月20日(土) 名城大学天白キャンパス
研究発表
(1) 山田 和夫(名古屋市立大学・院)
「ラフカディオ・ハーンの『チータ』に見られる自然と文明の関係」
司会 森  有礼
(2) 香ノ木隆臣(岐阜県立看護大学)
「再生への意思−ロバート・ペン・ウォーレンの初期詩篇における「死」−」
司会 木全  滋
9月例会 
9月12日(土) 名城大学天白キャンパス
研究発表 (1)
  Mauro Lo Dico (南山大学) 
「Carpe feminam: The Missing Horatian Link in Daisy Miller
司会 倉橋 洋子
(2) クマイ恭子 (南山大学・非)
 「Toni Morrison, Beloved と青山真治『ユリイカ』について」
司会 蟹江 弘子
11月例会
11月21日(土) 名城大学天白キャンパス
研究発表
(1) 中村 栄造(名城大学)
 「時計時間に対する恐怖と嫌悪−アメリカ19世紀中葉の4つの短編を中心に−」                
司会 竹野富美子
(2) 社河内友里 (名古屋大学・院)  
 「On the Road における超越的時間と移動」
司会 尾崎 俊介
読書会
12月12日(土) 名城大学天白キャンパス
テクスト:E.A.Poe, “The Fall of the House of Usher”
コメンテイター (兼司会) 小原 文衛(金沢大学)
  竹野冨美子(名城大学・非)
  岩塚さおり(愛知学院大学・非)

 

<2010年>

2月例会
2月20日(土) 名城大学天白キャンパス
研究発表
(1) 宮田 愛子(金沢大学・院) 
「抑圧の技法―Poeのテクストにおける無意識とPerverseness」
司会 倉橋 洋子
(2) 鵜殿えりか(愛知県立大学) 
「トニ・モリスンの『マーシィ』における裏切りときずな」 
司会 松下千雅子
第27回支部大会 名城大学名駅サテライト
4月25日(日)
開会のことば 武田 悠一(南山大学) 
研究発表
(1) 林  姿穂(愛知大学) 
Moby Dick or, The Whale における野蛮人と黒人の描写について」
司会 松崎  博(愛知学院大学)
(2) 柳沢秀郎(名城大学) 
「文部省特選映画『老人と海』−戦中戦後の日本文化史を文脈に−」
司会 長澤 唯史(椙山女学園大学)
総会 議長:武田 悠一     
シンポジウム    
「メイド・イン・アメリカ―クルマ・シネマ・摩天楼」
司会・講師  山口 吉男(愛知学泉短期大学)
講師  丹羽 隆昭(関西外国語大学)
講師  田野  勲(愛知文教大学)
特別講演   
諏訪 哲史氏(作家)  
「文学とエロティシズム」
司会 中村 栄造(名城大学) 

閉会のことば  中村 栄造

 


2008-09年の活動記録はこちら

2007-08年の活動記録はこちら

2006-07年の活動記録はこちら

2005-06年の活動記録はこちら

2004-05年の活動記録はこちら

2003-04年の活動記録はこちら

2003年以前の支部例会・大会発表記録はこちら

(2011.8.31)