アメリカ文学会中部支部

活動内容 

 

支部大会、支部例会

○ 支部大会は年に1回、4月に開催しています。研究発表、シンポジウム、特別講演などがあります。

○ 支部例会は年4回(6月、9月、11月、2月)開催し、通例二つの研究発表を行います。

 

読書会(2008年から「特別例会ワークショップ」に名称変更)

○ 例年毎年12月に開催しています。これまでに次のテクストを採り上げてきました。

  1997年 Jamaica Kincaid, The Autobiography of My Mother
  1998年 Maxine Hong Kingston, The Woman Warrior: Memories of a Girlhood among Ghosts
  1999年 Annie Dillard, Teaching a Stone to Talk
  2000年 Nathanael West, The Day of the Locust
  2001年 Don Delillo, The Body Artist
  2002年 F. Scott Fitzgerald, The Great Gatsby
  2003年 Emily Dickinson の詩
  2004年 Edward Albee, The Goat, or Who Is Sylvia?
  2005年 Susan Sontag, Against Interpretation and Other Essays
  
2006年 Sandra Cisneros, The House on Mango Street
  2007年 Thomas Pynchon, The Crying of Lot 49
  
2008年 Alfred Hitchcock, The Birds
  
2009年 E. A. Poe, "The Fall of the House of Usher"
  
2010年 John Edgar Wideman, "Fever" + "The Silence of Thelonious Monk"
  
2011年 Tracy Letts, August: Osage County

  2012年 Cormac McCarthy, The Road
  2013年 Jonathan Safran Foer, Extremely Loud and Incredibly Close
  2014年 Alice Munro, Dear Life
  2015年 Monique Truong, The Book of Salt
  2016年 Ta-Nehisi Coates, Between the World and Me

 

『中部アメリカ文学』

○ 機関誌として年1回『中部アメリカ文学』を発行しています。論文、書評、例会・大会発表要旨などが掲載されます。投稿規定を含め、詳細は『中部アメリカ文学』のページをご覧下さい。

 

メーリングリスト amlitchu 

○ amlitchuは、中部支部の会員の間で、アメリカ文学その他に関する議論や連絡等に用いる非公開のメーリング・リストです。会員であれば、どなたでも登録できます。登録ご希望の会員の方は、amlitchu 管理者の長畑明利 (e43479a@cc.nagoya-u.ac.jp)までご連絡下さい。投稿等に関する詳しい使い方は、登録された時点で、マニュアルが配信されますので、そちらをご覧ください。

 

講演会

○ 他の組織と連携して、随時講演会を開催しています。

(2017.4.23)