■ベケット『勝負の終わり』(『エンドゲーム』)Endgameの梗概

■テキスト

ここでは『ベケット戯曲全集 2』安堂信也・高橋康成共訳(白水社、1967)所収のものを使用。

 

■劇の展開

1 クロヴの繰り返される動作(上手の窓、下手の窓など)

2 クロヴとハムの関係と彼らの特徴(あくび、言葉と身振りの不一致、など)

・権力者としてのハム(戸棚の鍵をもつ)

3 ドラム缶からナッグの顔が現れる。お粥とビスケット。幼児化した老人であることが分かる。18

・なぜドラム缶に入れられているのか?

・登場人物は何が起こっているのかわからない。クロヴにはなぜハムといっしょにいるのかわからない91

・(緊張、興奮、笑いなど喚起する)虚構的な時間の流れを拒否、大事件のヒントを拒否2029

4 ネルとナッグ。コモの湖。30

・コモの湖(婚約したばかり)の記憶はネルにとって鮮明。→ナッグの冗談話は笑わせる力を次第に失う。

5 車椅子を動かす(世界一周)。望遠鏡。36

・クロヴは劇の最初にも窓の外を見ている。

6 意味を問う。「なぜこんな芝居をするんだろう、毎日、毎日?」43

7 昔のこと。父親代わり。犬52。ベッグ婆さん。50

8 魚又(やす)。目覚まし時計の音を鑑賞する61

9 ナッグに話を聞かせる。クリスマス前夜の話。話の中に言及される子どもはクロヴか。「人の声を聞きたいと思う日が」62

10 クロヴに作りかけの小説を聞かせる73。「終わり」84。ネルの死97

・ハムが語ることは現実に起きたことなのか。

11 ベッグ婆さんを追い返した9186

12 これが最後だ93。不意に終わる100。クロヴの旅立ちの装い102

 

 


(C)Muranushi, All Rights Reserved.