■マザー・テレサ(Mother Teresa)の言葉:「苦と死について」

■テキスト

Mother Teresa, No Greater Love (Novato, Calif.: New World Library, 1989)を使用。

 


■「苦と死について」On Suffering & Deathの章から


(1)At the moment of death, we will not be judged by the amount of work we have done but by the weight of love we have put into our work. This love should flow from self-sacrifice, and it must be felt to the point of hurting. (pp. 140-41)

 

死ぬ瞬間にわたしたちは、わたしたちが成し遂げた仕事の量で審判を受けるのではなく、その仕事に傾注した愛の重さによって審判を受けることになるでしょう。この愛は自己犠牲から生じます。そしてそれは自分が痛みを覚えるほどでなければならないのです。

 


 

 

 


(C)Muranushi, All Rights Reserved.