■マザー・テレサ(Mother Teresa)の言葉:「仕事と奉仕について」

■テキスト

Mother Teresa, No Greater Love (Novato, Calif.: New World Library, 1989)を使用。

 


■「仕事と奉仕について」On Work & Serviceの章から

(1)The more repugnant the work, the greater the effect of love and cheerful service. If I had not first picked up the woman who was eaten by rats—her face, and legs, and so on— I could not have been a Missionary of Charity. Feelings of repugnance are human. If we give our wholehearted, free service in spite of such feelings, we will become holy. (p. 70)

 

仕事がいやでたまらないものであればあるほど、愛と陽気な奉仕の効果は大きくなるものです。顔や足などをネズミにかじられた女性をわたしが最初に拾い上げなければ、神の愛の宣教者会(Missionary of Charity)の一員になれはしなかったでしょう。嫌悪感を感じることは人間的です。そのような感情にも負けず、心からの思いやりある奉仕をささげることができるなら、わたしたちは清くなるでしょう。

 


 

 


(C)Muranushi, All Rights Reserved.