■マザー・テレサ(Mother Teresa)の言葉:「貧しいことと貧しい者について」

■テキスト

Mother Teresa, No Greater Love (Novato, Calif.: New World Library, 1989)を使用。

 


■「貧しいことと貧しい者について」On Poverty & the Poorの章から


(1)Poverty doesn't only consist of being hungry for bread, but rather it is a tremendous hunger for human dignity. We need to love and to be some-body for someone else. This is where we make our mistake and shove people aside. Not only have we denied the poor a piece of bread, but by thinking that they have no worth and leaving them abandoned in the streets, we have denied them the human dignity that is rightfully theirs as children of God. (p. 93)

 

貧困はただパンに飢えることにあるのではなく、それはむしろ、人間の威厳を求める大きな飢えなのです。わたしたちは人を愛する必要があり、だれかにとって必要な人間でなければなりません。この点で、わたしたちは間違いを犯し、人々を押しのけてしまうのです。わたしたちはたんに貧者に一片のパンを与えなかったばかりか、また、彼らは価値がないと考え、街路にうち棄てたままにすることによって、神の子どもとして本来彼らのものである人間としての尊厳を与えなかったのです。

 


(2)Riches, both material and spiritual, can choke you if you do not use them fairly. For not even God can put anything in a heart that is already full. One day there springs up the desire for money and for all that money can provide — the superfluous, luxury in eating, luxury in dressing, trifles. Needs increase because one thing calls for another. The result is uncontrollable dissatisfaction. Let us remain as empty as possible so that God can fill us up. (p. 95)

 

富は、物質的あるいは精神的を問わず、それらを正しく用いないとあなたを窒息させるかもしれません。なぜなら神でさえ、すでに満ちている心の中にはなにも容れることはできないのですから。ある日、お金とそれがもたらしてくれるすべてものに対する欲求が沸き起こります。不必要なもの、食事の贅沢、衣類の贅沢、つまらないものなどです。必要はどんどん増えていきます。なぜならひとつのモノは次のモノを要求するからです。その結果は、制御できない不満です。神が私たちを満たすことがおできになるよう、可能な限り空(から)の状態でいましょう。

 


 

 


(C)Muranushi, All Rights Reserved.