■マザー・テレサ(Mother Teresa)の言葉:「与えることについて」

■テキスト

Mother Teresa, No Greater Love (Novato, Calif.: New World Library, 1989)を使用。

 


■「与えることについて」On Givingの章から


(1)I often ask for gifts that have nothing to do with money. There are always things one can get. What I desire is the presence of the donor, for him to touch those to whom he gives, for him to smile at them, to pay attention to them. (p. 40)

 

私はしばしばお金とは関係のない贈り物を求めます。いつも手に入れることができるのはモノです。私が欲するのは、寄贈者がその場に居ることです。彼が贈り物をする相手に触れ、微笑みかけ、注意を向けることなのです。

 


(2)If our poor die of hunger, it is not because God does not care for them. Rather, it is because neither you nor I are generous enough. It is because we are not instruments of love in the hands of God. We do not recognize Christ when once again He appears to us in the hungry man, in the lonely woman, in the child who is looking for a place to get warm. (p. 40-41)

 

もし貧乏な人が飢えで亡くなったとしても、それは神がその人たちを気に掛けないからではありません。むしろ、それはあなたや私の思いやりが足りないからなのです。私たちが神の手のなかの愛の道具ではなかったからなのです。飢えた男性、孤独な女性、温まる場所を探している子どもの姿を借りてキリストが再臨されたとしても、私たちは彼を知ることはありません。

 


(3)I don't like people to send me something because they want to get rid of it. Giving is something different. It is sharing. I also don't want you to give me what you have leftover. I want you to give from your want until you really feel it! (p. 43)

 

処分したい品物を私に送ってきてほしくはありません。与えるとはそれとは違ったことです。与えるとは共有することです。(新段落)また残った余りものをくれるというのも嫌です。あなたが現実に困窮の痛みを感じるほどに、困窮の中から与えてほしいのです。

 


(4)There are many medicines and cures for all kinds of sicknesses. But unless kind hands are given in service and generous hearts are given in love, I do not think there can ever be a cure for the terrible sickness of feeling unloved. (p. 44)

 

すべての種類の病気にはそれらにふさわしい薬や治療法があります。しかし、親切な奉仕の手が差し伸べられず、思いやりある愛の心が与えられなければ、自分は愛されていないと感じる、恐ろしい病気をいやす治療法はありえないと思います。

 


 

 


(C)Muranushi, All Rights Reserved.