■マザー・テレサ(Mother Teresa)の言葉:「祈りについて」

■テキスト

Mother Teresa, No Greater Love (Novato, Calif.: New World Library, 1989)を使用。

 


■「祈りについて」On Prayerの章から

 

(1)We need to help each other in our prayers. Let us free our minds. Let's not pray long, drawn-out prayers, but let's pray short ones full of love. Let us pray on behalf of those who do not pray. Let us remember, if we want to be able to love, we must be able to pray! (p. 4)

 

私たちは祈りの中で互いを助ける必要があります。心を解き放ちましょう。長い、延々と続く祈りはやめて、愛に満ちた短い祈りをしましょう。祈りをしない人々のためにも祈りましょう。愛することができる人になりたいと願うなら、祈ることができなければなりません。そのことを忘れないで。

 


(2)Knowledge of the self puts us on our knees, and it is very necessary for love. For knowledge of God produces love, and knowledge of the self produces humility. Knowledge of the self is a very important thing in our lives. As Saint Augustine says, "Fill yourselves first, and then only will you be able to give to others." (p. 14)

 

自己の知識は私たちを跪かせます。それは愛のために必要なことです。なぜなら神の知識は愛を生み出し、自己の知識は謙遜を生み出すからです。自己の知識は私たちの人生において非常に重要なものです。聖アウグスティヌスが言うように、「自分自身を満たしなさい、そうして初めてあなたは人に与えることができるようになります」。

 

 


 

 


(C)Muranushi, All Rights Reserved.