演劇作品について具体的に考える

 

以下の演劇作品について質問を作りました。もとは授業の参加者にディスカッションしてもらうために作ったものです。参加者も作りますが、ここでは自作のものだけを掲載します。各作品のタイトルをクリックすると質問のページが開きます。表記例:(2009後)→大学院2009年度後期授業


ソポクレス『オイディプス王』Sophocles, Oedipus the King (2011前)

 

ソポクレス『アンティゴネ』Sophocles, Antigone (2011後)

 

エウリピデス『バッコスの信女』Euripides, The Bacchae (2011後)

 

エウリピデス『メデイア』Euripides, Medea (付録:梗概 (2014前)

 

作者不明『万人』Anonymous, Everyman (2014前)

 

シェイクスピア『タイタス・アンドロニカス』Shakespeare, Titus Andronicus(付録:梗概 (2013後)

 

■シェイクスピア『リチャード三世』Shakespeare, Richard III (付録:梗概登場人物) (2017前)

 

シェイクスピア『ロミオとジュリエット』Shakespeare, Romeo and Juliet(付録:梗概 (2011後)

 

■シェイクスピア『空騒ぎ』Shakespeare, Much Ado About Nothing (付録:梗概) 2017前)

 

シェイクスピア『ジュリアス・シーザー』Shakespeare, Julius Caesar (2014前)

 

シェイクスピア『お気に召すまま』Shakespeare, As You Like It (大学2年生クラス、2008後)

 

シェイクスピア『ヴェニスの商人』Shakespeare, The Merchant of Venice(付録:梗概 2016前)

 

シェイクスピア『真夏の世の夢』Shakespeare, A Midsummer Night's Dream(付録:梗概 2016前)

 

シェイクスピア『十二夜』Shakespeare, Twelfth Night(付録:梗概 2016後)

 

シェイクスピア『冬物語』Shakespeare, The Winter's Tale(付録:梗概 2016後)

 

■シェイクスピア『ハムレット』Shakespeare, Hamlet(付録:梗概) (2009後、2015前)

 

■シェイクスピア『マクベス』Shakespeare, Macbeth (大学2年生クラス、2007前)

 

シェイクスピア『オセロー』Shakespeare, Othello (付録:梗概 (2012後、2015前)

 

シェイクスピア『リア王』Shakespeare, King Lear(付録:梗概 (2011前)

 

シェイクスピア『コリオレーナス』Shakespeare, Coriolanus(付録:梗概 (2012前)

 

シェイクスピア『アントニーとクレオパトラ』Shakespeare, Antony and Cleopatra (2013後)

 

チェ−ホフ『桜の園』Chekhov, The Cherry Orchard(付録:梗概 (2010前、2012後)

 

チェ−ホフ『かもめ』Chekhov, The Seagull (2010後)

 

チェ−ホフ『三人姉妹』Chekhov, Three Sisters(付録:梗概 (2014後)

 

イプセン『人形の家Ibsen, A Doll's House ( A Doll House )  (2012前)

 

イプセン『幽霊』Ibsen, Ghosts (付録:梗概 2014後)

 

イプセン『ヘッダ・ガ−ブレル』Ibsen, Hedda Gabler (2010前、2012後)

 

イプセン『棟梁ソルネス』Ibsen, The Master Builder (付録:梗概 (2013後)

 

イプセン『小さなエイヨルフ』Ibsen, Little Eyolf (2010後)

 

イプセン『ヨーン・ガブリエル・ボルクマン』Ibsen, John Gabriel Borkman (付録:梗概) (2013後)

 

イプセン『野鴨』Ibsen, The Wild Duck (2011前)

 

ベケット『勝負の終り』(『エンドゲーム』)Beckett, Endgame(付録:梗概 (2011後)

 

ピンター『帰郷』Pinter, The Homecoming (付録:梗概)(2014後)

 


三島由紀夫『サド公爵夫人』Mishima, Madame de Sade

 

 


(C) Muranushi, All Rights Reserved.