■書「神」+『リア王』四幕一場と五幕二場

 

 

 

グロスター:神々にとって我々人間は腕白どもに摑まったハエに等しい、/ 面白半分になぶり殺される。

(『リア王』四幕一場、松岡和子訳)

 

 

リア王:おまえのような生贄にはな、コーディリア、/神々みずから香を焚かれよう。

(『リア王』五幕二場、小田島雄志訳)


 

 


(C)Muranushi, All Rights Reserved.