**************************************

松岡光治編訳

『ヴィクトリア朝幽霊物語』

(短篇集)

アティーナ・プレス、文庫判、800円、2013年4月1日発行

ISBN 978-4-86340-147-1

申し訳ありませんが、出版社 でも amazon.co.jp でも品切れとなりました(平成25年5月10日)。

2014年11月25日にPDFファイルにて無料で一般公開いたしました。以下の目次の(PDF版)をクリックしてください。

**************************************

目 次

    Victorian Ghost Stories(英語)

  1. 約束を守った花婿(イーディス・ネズビット)(PDF版
    Edith Nesbit, “John Charrington’s Marriage” (1891)
  2. 殺人裁判(チャールズ・ディケンズ)(PDF版
    Charles Dickens, “To Be Taken with a Grain of Salt” (1865)
  3. 窓をたたく音(ダイナ・マロック)(PDF版
    Dinah Mulock, “The Last House in C― Street” (1856)
  4. 鉄道員の復讐(アミーリア・エドワーズ)(PDF版
    Amelia Edwards, “No. 5 Branch Line: The Engineer” (1866)
  5. 牧師の告白(ウィルキー・コリンズ)(PDF版
    Wilkie Collins, “Miss Jéromette and the Clergyman” (1875)
  6. オンジエ通りの怪(シェリダン・レ・ファニュ)(PDF版
    Sheridan Le Fanu, “An Account of Some Strange Disturbances in Aungier Street” (1853)
  7. 婆やの話(エリザベス・ギャスケル)(PDF版
    Elizabeth Gaskell, “The Old Nurse’s Story” (1853)
  8. クライトン館の秘密(メアリ・ブラッドン)(PDF版
    Mary Braddon, “At Chrighton Abbey” (1871)
  9. あとがき(PDF版

文庫本(PDF版)

【書評】

  1. 読書メーター
  2. 渓水社
  3. firecats & dogs

 
Top of Page

Mitsuharu Matsuoka's Home Page