簡略版ホームページの作り方

WWW ブラウザ のソフトに Netscape を使用した場合です。Macintosh OS に従って説明しますが、Windows の場合もだいたい同じです。
このページをプリントアウトして、印刷した紙を見ながら作業を進めてください。

なお、面倒臭いと思う人は、簡易版の HTML Editor(Macintosh or Windows)を使ってください。

Youpy を利用した電子メール・アカウントの開設

GeoCities を利用した英語版ホームページの作成

(1) HTML文書のソースを取る
(2) ソースを保存する
(3) 必要事項を書き換える
(4) ブラウザに表示させる
(5) 文書を増やしてリンクさせる
(6) マニュアルを参照する
(7) ファイルをWWW サーバに転送する
(8) 検索サイトに登録する
(9)
(10) HTML で使用されるタグ

(1)HTML文書のソースを取る

最初に、ここ をクリックして、現われたページの基礎となっているHTML の文書を取るため、デスクトップの一番上にある "View" (表示)メニューから "Source" (文書のソース)を選びます。

最初に戻る

(2)ソースを保存する

次に、そのソース(HTML で書かれた文書)をテキストファイルとして保存します。(自動的にデスクトップに保存される場合もあります)どのワープロソフトを使っても構いませんが、保存する時は常にテキスト形式です。保存の際は、「ファイル」メニューから「別名で保存」を選んで、"index.html" (Windows の場合は "index.htm")という保存名にして、後で修正しやすいようにデスクトップに保存します。HTML 文書には ".html" という拡張子をつけますが、部局のWWWサーバーに自分のホーム・ディレクトリを持っている方のホームページのファイル名は必ず "index.html" となります。そして、その他のページもすべて "****.html" というファイル名にして、自分のホーム・ディレクトリの中にある html ディレクトリに入れれば、いくらでもホームページにリンクさせることができます。

最初に戻る

(3)必要事項を書き換える

最後に、保存した書類を開いて、必要事項を自分に合わせて書き換えます。
以下、このページでは、タグを囲む“<”と“>” は全角になっていますが、実際はすべて半角ですので注意してください。なお、タグはテキストと区別するために、大文字で書いた方が見やすいでしょう。

最初に戻る

(4)ブラウザに表示させる

これで簡易版ホームページの HTML 文書ができました。WWW ブラウザの "File" (ファイル)メニューから "Open File" (ブラウザでファイルを開く)を選び、デスクトップ上にある先ほど保存した自分の "index.html" を開けば、この HTML 文書を WWW ブラウザでハイパーテキストとして読むことができます。修正したい時は必要箇所を書き換えて保存し、またブラウザに戻って "Reload" (再読込)をクリックして確かめます。文字化けした時は、メニューの "Options" (オプション)から "Preferences" (文書の文字コードセット)に行き、"Japanese (Auto-Dectect)" (日本語自動判別)を選んでください。Netscape の日頃の設定は "Japanese (Auto-Dectect)" がいいでしょうが、外国からのアクセスを意識したページにするならば、サーバーに送る前に "Western (Latin 1)" (欧米 Latin 1)を選んで自分のページが文字化けしていないか、変な文字が出ていないか(全角のスペースは文字化けします)確認する必要があります。

最初に戻る

(5)文書を増やしてリンクさせる

ホームページができたら、別の HTML 文書をどんどん作ってリンクさせてください。その時ファイル名には必ず"****.html"という拡張子を付けます。ページが複数になっても、すべて同じフォルダに入れれば、ブラウザ上でリンクさせて見ることができます。サーバに送る前に、ローカル環境(自分のデスクトップ上)でリンクを確認するためには、"ファイル" メニューから "新規フォルダ" を選んで "/html/" というファイル名を付ければ、サーバの中の自分のホーム・ディレクトリ(正確にはその下にある "html" のフォルダ)と同じ状態になりますので、このフォルダに "index.html" とそれ以外のファイルを全て入れ、また(4)の手順を行えばいいのです。

最初に戻る

(6)マニュアルを参照する

分からない時にはマニュアルを利用するといいでしょう。(友人を利用すると無料です)

書籍

WWW上

最初に戻る

(7)ファイルをWWW サーバに転送する

最初に戻る

(8)検索サイトに登録する

自分のホームページが充実して情報発信の準備が整ったら、検索サイトに登録しましょう。大抵のサーチ・エンジン/ディレクトリには URL を登録するページがありますので、指示に従って登録してください。しかし、世界最大の検索サイト Google に登録すれば、それ以上のことをする必要もないでしょう。

国内

国外 ロボット型サーチ・エンジンに拾ってもらうために、キーワードを設定する

ページ・ソースの先頭に注意!

******

<HTML>

<HEAD>
<TITLE>名古屋大学松岡光治研究室</TITLE>
<META NAME="keywords" CONTENT="松岡光治, 名古屋大学, 英語, A, B, C, etc.">
</HEAD>

******

<HEAD> と </HEAD> の間にある META NAME の行の CONTENT の中にキーワードを入れる。半角のカンマとスペースを置けば、幾らでもキーワードを置くことができる。

最初に戻る

(9)注


最初に戻る

(10)HTML で使用されるタグ

NOTICE! タグはテキストと区別するために、大文字で書かれた方がいいでしょう。
最初に戻る

The Dickens Page The Gaskell Web Gissing in Cyberplace Bronte Sisters
Victorian Web Sites 19th C. British Authors British Authors English Literature
English Dep. Home Pages American Authors Japan, my Japan! United Kingdom Web
Mr. Weller's London Nagoya Web Manchester Web Knutsford Walk
Bible Fine Arts Search E-texts

[Japan Dickens Fellowship][Japan Gaskell Society]

修正日:平成15年3月19日
アクセス数:(平成8年7月1日以来)
御意見・御質問:matsuoka@lang.nagoya-u.ac.jp

Top of Page Matsuoka's Home Page

* This page is written to look best using Netscape Communicator. [USA][UK][Japan]