自己紹介

  • 玉岡賀津雄(TAMAOKA, Katsuo)は,名古屋大学大学院国際言語文化研究科の教授で,言語心理学者として語彙の音韻・書字・意味・統語情報,句および文構造などの言語処理に関して,母語話者(L1)および第二言語話者(L2)を対象に広範囲の研究を行っている。単著および共著論文を,心理学分野では,Journal of Neurolinguistics, Journal of Psycholinguistic Research, Psychonomic Bulletin and Review, PLoS ONE, and Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory, and Cognition, Psychological Research, 心理学研究, 認知科学 などに,言語学分野では,Language, Lingua, Linguistic Inquiry, Journal of Japanese Linguistics, and Journal of Quantitative Linguistics, 言語研究, 計量国語学, 日本語教育, 日本語文法、レキシコンフォーラム, 小出記念日本語教育研究会論文集などに掲載している。詳細はこのホームページの「研究業績」を参照。


    実験参加者募集

  • 実験参加者を募集しております。詳細は以下のポスターまたは右の「実験参加者募集」をクリックしてください。
    ポスター・ダウンロード


    更新情報

  • 以下の学会発表および講演が予定されています。
    Oral Presentation at the International Society of Neuroscience 2018 Annual Meeting
    Title: How do native speakers process sentences with little lexical conceptual information?: An eye‐tracking investigation on processing for Japanese scrambled sentences
    Place: Grand Ballroom, Kowloon Shangri‐La, Hong Kong
    Day: June 17, 2018

  • お問い合わせ

    TEL 052-789-4335
    E-mail:ktamaoka@lang.nagoya-u.ac.jp

    • 被験者募集
    • 漢字変換
    • 日韓中同形二字漢字語データベース
    • 名古屋大学
    • Global30
    • 日本語教育学講座のページ