松下千雅子研究室  名古屋大学人文学研究科

 
 

松下研究室ではLGBT研究をしています。人の身体がジェンダー化され、セクシュアル化されるプロセスを検証することにより、クィア批評の理論的発展に貢献しています。LGBT研究をする人は、研究だけでなく、実社会とのつながりも大切にしてほしいと思っています。研究で得た知識が、現実のセクシュアル・マイノリティの取り組みにおいてどのような形で貢献できるのかということを、真剣に考えてもらいたいと思います。

 

 研究室


  全学教育棟北棟205



 大学院担当授業


  クィア理論/セクシュアリティ論/Gender and Sexuality
  ジェンダー学リサーチ演習/博士論文研究



 博士論文


・古谷 裕美. (2018). ヘミングウェイ・テクストにおける身体表象分析――権力・棄却・パフォーマティヴィティ.
・Fujii, So. (2016). Cultural Translation and Representation of Mother-Daughter Relationships: A Study of Works by Maxine Hong Kingston, Amy Tan, Fae Myenne Ng, and Mei Ng.
・Glasspool, Lucy Hannah. (2016). Fantasy at Play: Gender and sexuality in English-language Japanese video game fandoms.
・張 小青. (2012). 性を演じる―映画における異性装とジェンダー―.



 修士論文


・Lei, Yiran. (2018). Consuming the Intertextuality of Godzilla: A Study of Japanese Godzilla Films (1954 ~ 2016).
・Takashima, Alisa. (2018). Outside the Olympic Rings: Non-binary gender in competitive sports events.
・徐 楽楽. (2018). ハイヒールを履く男のハイブリッド男性性.
・Llorens, Eulalia Munoz. (2017). Gender and Sexual Identification in Crossplay: A Case Study of Spanish Cosplayers.
・Fotache, Laura-Ioana. (2017). Desire at the Dinner Table: Queering Yoshimoto Banana.
・Nakayama, Kako. (2017). "Through the borders": Finding Counter-Discourse in Japanese Women's Reception of Korean Idols.
・Qianxing, Men. (2017). From Legend to Film: A Queer Study of "Green Snake" Narratives.
・隋 瑜. (2017). 松本清張の文学と映画におけるファム・ファタールの比較研究―『霧の旗』を手がかりに―.
・Li, Haijun. (2016). Queer Philippines: A Postcolonial Ethnography of Social, Political, and Sexual Life of Gay Filipinos.
・Sui, Jingjing. (2016). Transgressive Sexuality in Contemporary Gothic Texts.
・陳 伊静. (2015). 書く、読む、語る―「やおい」のポストモダン的考察―.
・Ito, Kumi. (2015). 小泉喜美子の「暗い深淵」.
・Prabhakar, Sophia Christine. (2015). Representations of Homosexuality in Bollywood Cinema.
・陳 暁婧. (2014). テレビドラマのインターセクシュアル表象 ―『IS(アイエス)~男でも女でもない性~』における カミング・アウトと(不)可視性.
・Okuma, Chie. (2014). Between Daughter and Father: The Inter-Complementary Relationship in Mari Mori's Literature.
・Sasaki, Mahomi. (2014). From Crime Cinema to Family Drama: Gender Roles in The Man Who Knew Too Much (1934) and Its 1956 Remake.
・孫 夢喬. (2014). 欲望する少女たち ―バブル期前後(1984―1993)における「non・no」の表紙分析―.
・趙 玲玲. (2011). 『ブロークバック・マウンテン』の映画分析.

・Fraser, Mami. (2010). Representation of sexual minorities in Japanese television dramas: Violence, forced coming-out and elimination of desire.

張 小青. (2009). 映画・京劇・異性装.

Takahashi, Sumire. (2006). Fictional Revelations of schoolgirls’ struggles: Bullying and Sexuality in Suenobu Keiko’s Works.

服部 真沙子. (2006). 男性同性愛者に対する日本的表象――喜劇的異和分子としての「オカマ」.

Aoyama, Chie. (2005). High school education and gender: A study of classrooms at Nagoya University School of Education Affiliated Upper Secondary School.

Kondo, Kaori. (2002). The stories of Hopelessville: Carver’s insight into interpersonal miscommunication.




名古屋大学大学院人文学研究科ジェンダー学分野


       

gender and sexuality studies

Chikako Matsushita, PhD, Nagoya University, Professor of Gender Studies


E-mail  chika at nagoya-u.jp


→profile   →video