大学間連携事業

From the Sound To the Sound:現代日本の音を求めて
シンポジウムとパフォーマンスの2日間
〜作曲家 下山一二三を迎えて〜

From the Sound(1日目)
2008年11月28日(金)18:00〜
<シンポジウム&下山一二三新作初演>
名古屋大学文系総合館7Fカンファレンスホール
入場無料

シンポジウム:
藤井 たぎる(名古屋大学大学院国際言語文化研究科教授)
「マトリックスに抗って」
久留 智之(作曲家、愛知県立芸術大学教授)
「楽音再考:脱五線紙的発想による作曲へのアプローチ」
下山 一二三(作曲家)
「私の作曲50年」
菊地 秀夫(クラリネット奏者、札幌大谷大学音楽学部専任講師)
「下山 一二三の新作について」

下山一二三新作初演:
バスクラリネットのための「インプロヴァイザー」(世界初演)
菊地 秀夫(バスクラリネット)

【アクセス】
地下鉄名城線「名古屋大学駅」1番出口より徒歩3分

To the Sound(2日目)
2008年11月29日(土)14:00〜
<パフォーマンス&ミニ・シンポジウム>
愛知県立芸術大学 奏楽堂
入場無料

演奏:
下山一二三:オルガンと打楽器のための「情景第2番」(1999)
 徳岡 めぐみ(オルガン)、池永 健二(打楽器)

演奏+絵画制作:
下山一二三:オルガンのための「情景」(1983)
 徳岡 めぐみ(オルガン)
 木全佑輔・鈴木智教・吉松憲弘・井本由加・大石未貴・中川杏美(愛知県立芸術大学美術学部油画専攻2年生有志)

ミニ・シンポジウム:
下山 一二三、久留 智之、藤井 たぎる、小林 英樹(愛知県立芸術大学美術学部教授)、徳岡 めぐみ 、池永 健二

【アクセス】
地下鉄東山線「藤か丘駅」下車、乗り換え、東部丘陵線(リニモ)「芸大通駅」より徒歩約15分

主催:名古屋大学大学院国際文化言語文化研究科先端文化論講座・愛知県立芸術大学音楽学部音楽学コース 

〔お問合せ〕愛知県立芸術大学 学務課芸術情報グループ TEL0561-62-1180(219)
*この大学間連携事業は「愛芸アシスト」と日本学術振興会の支援を受けて行われています。

(2008.11.4)