“世界各地で新たに生じつつある先端的文化の諸相を言語文化的視点から捉え、流動する社会情況に対応するための世界認識を確立するとともに、時代と文化形成との関連についての理論的基盤を構築する。”


これが当講座の理念ですが、要するに、現代音楽、モダンダンスからポップカルチャーにいたる現代の文化や、私たちの生活の隅々にまで浸透している様々な価値観を現代思想や最先端の批評理論を縦横無尽に使って読み解いてゆく、ということです。

それらは、ときに漠然としたイメージで語られ、ときに既成の概念や言葉の束から逃れ去るものとして扱われがちですが、そうした、“うまく言葉にならないも の”に言葉を与えてゆくことこそが、学問を進めてゆくにあたって何より大切なことであると私たちは考えています。

そうした作業を丹念に、しかし同時に、楽しみながらおこなってゆく学生/研究者を、私たちはつねに歓迎いたします。