グローバル化の中の西欧マイノリティ文化

音楽から見るフランス・ブルターニュ地方
とケルト文化の再発見

Cultures relionales et minoritaires face a la mondialisation:
la Bretagne et sa transformation musicale

Conference d'Yves Defrance a l'Universite de Nagoya

ケルト音楽・文化遺産を持つことで知られるフランスのブルターニュ地域は、フランス中央文化からは長らく差別の対象となってきました。一時ナショナリズムや分離主義を育んだこの地域が、現在どのように伝統文化・ケルト文化を見直し、グローバル化時代のマイノリティ文化として変容を遂げているのかを特に音楽に着目して考えます。

 2006年12月22日(金)16:00-18:00
 於:名古屋大学 文系総合館 7階カンファレンス・ホール
   (地下鉄名城線 名古屋大学駅 1番出口 右手3分)
 言語:日本語・フランス語(通訳付) 入場無料

 基調報告:鶴巻泉子(名古屋大学 国際言語文化研究科 社会学)
  「現代におけるブルターニュ文化の再発見」

 特別講演:イヴ・ドゥフランス(CFIM レンヌ第二大学 教授 文化人類学)
  「ブルターニュの音楽と、その20世紀における変遷(映像資料付)」

 問い合せ: 名古屋大学 国際言語文化研究科 鶴巻
   (tsurumaki@nagoya-u.jp : 052-789-4798)

..........................................


Influencee par son son passe celtique, ses relations delicates avec la France et son ouverture sur le monde, la Bretagne se distingue aujourd'hui par le dynamisme de sa culture et le renouveau de ses modes d'expression, en particulier la musique. Apres un rapide historique des origines de la musique bretonne, les grandes tendances actuelles seront analysees et presentees sous forme d'ecoute d'enregistrements et de projection d'extraits de films documentaires contemporains.

 vendredi 22 decembre 2006 16:00−18:00 Entree libre
 salle de conference, 7e etage, batiment Bunkei-Sogo-Kan, Universite de Nagoya
 acces : metro Meizyo-sen, Nagoya-daigaku, sortie 1

 Introduction : le renouveau de la culture bretonne
 Motoko Tsurumaki (Univ. Nagoya)

 Musiques de Bretagne. Histoire et evolution au XXe siecle
 Yves Defrance (CFMI - Univ. de Rennes 2)

 contact : Tsurumaki(tsurumaki@nagoya-u.jp : 052-789-4798)

 (2006.12.19)