アメリカ言語文化講座

講義題目一覧(2017b)

◆科目名:アメリカ文学・文化論 Ib
◇副題:アメリカ文学史概観 (2)
◇概要:Participants in this class will learn the history of American literature from the Civil War period to the early 20th century by reading, analyzing and writing about some of the literary texts produced in these periods.
◇担当教員:長畑明利
◇開講時限:後期火曜3限
◇教室:(後日公表する時間割表で確認して下さい)
◇目的・ねらい:この授業の目的・ねらいは主として次の3点である。1.南北戦争期から20世紀初頭に至るアメリカ文学の主要作家とその作品についての理解を深める。2. その過程で、自分なりの(学術的な)問いを見いだす。また、自分が得た問いをより大きな知的文脈に置いて吟味する。3. 文学・文化の研究に必要なリサーチの方法について学ぶ。また、1次資料、学術論文の読解に資する高度な英文読解力を涵養し、学術論文執筆に必要となるライティングのスキルを身につける。(特に、作品を正確に読む力をつけることを重視する。)
◇履修条件等:基礎的な英語読解力を有すること、学習に対する意欲、積極性を有することを履修の条件とする。前期同時限に開講される「アメリカ文学・文化論Ia」と連続して受講することが望ましい。関連科目として、「英語表現演習 IIIb」、「英語表現技術演習 b」、「英語学術論文演習b」を挙げておくが、英米文学・文化に関する他の授業も受講するとよい。
◇講義内容:各回の授業は講義と学生の発表を中心とする。授業で扱う主たる作家・トピックは、奴隷体験記、ハリエット・ビーチャー・ストウ、エミリー・ディキンソン、マーク・トウェイン、ヘンリー・ジェイムズ、ウィリアム・ディーン・ハウエルズ、ヘンリー・アダムズ、フランク・ノリス、スティーヴン・クレイン、地方色文学、セオドア・ドライサー、アプトン・シンクレア、ジャック・ロンドン、W・E・B・デュボイスである。受講者は各回の授業で扱う作品もしくはその抜粋(主要作品の冒頭または重要な場面)を精読した上で授業に出席し、抜粋部分の和訳およびコメントを披露する。(批評が追加される場合もある。)抜粋を配布するが、短編小説や詩の場合、大学院生は作品全体を読むことが求められる。なお、教科書に記載されている時代背景、作家紹介は各自で読み進めること。学期末に筆記試験を実施する。また、学期中に授業で扱う時代に書かれた長編作品についての英文レポートを課す。
◇教科書・参考書等:(教科書)学部・大学院共通の教科書として、亀井俊介『アメリカ文学史講義〈2〉自然と文明の時代——金めっき時代から1920年代まで』(南雲堂)を指定するが、大学院生はこれに加え、Nina Baym, et al., ed., The Norton Anthology of American Literature, Vol. 2: 1865 to the Present (Shorter Eighth Edition)  (Norton, 2012) の該当箇所を読み進めることが望ましい。(参考書)渡辺利雄『講義アメリカ文学史』(全3巻+補遺)(研究社)、平石貴樹『アメリカ文学史』(松柏社)、志村正雄・八木敏雄『アメリカの文学』(南雲堂)、早瀬博範・吉崎邦子(編)『21世紀から見るアメリカ文学史』(英宝社)、その他授業中に紹介する。
◇授業期間中の課題:授業で扱う時代に書かれた長編作品についての英文レポート。
◇成績評価の方法:授業点30%、期末試験40%、レポート30%。
◇注意事項:授業HPは次の通り:
 http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/~nagahata/lectures17/amlit17/amlit17-b.html。
◇オフィスアワー:アポイントメントによる。
◇連絡先:e43479a@cc.nagoya-u.ac.jp。

◆科目名:アメリカ文学・文化論 IIb
◇担当教員:長畑明利
◇開講時限:今年度は開講しない。

◆科目名:言語文化情報論 b
◇担当教員:尾関修治
◇開講時限:
◇教室:(後日公表する時間割表で確認して下さい)
◇講義内容:後日指示。

◆科目名:第二言語習得論b  (Second Language Acquisition b)
◇副題:なし
◇概要:
英語コミュニケーションにおいて、聞き手(学習者および母語話者)は連続音声からどのようにして英単語を分節化し、認識しているのだろうか。この授業では英単語の分節化と認識、およびその成功と不成功に関わる要因を調べる手立てについて学び、実際にそれらの手法を使った模擬タスクを作成する。模擬タスクを通して、学習者の音声単語認識プロセスについてディスカッションをしながら理解を深める。
This course deals with how language learners and native speakers of a language recognize spoken words through segmenting words from a continuous sound stream. Participants will learn the research methods to reveal the factors behind the success and failure of word segmentation and recognition. Participants will also examine language learners' word recognition process through simulated experiment and develop further understanding of the mechanism through discussion.
◇担当教員:村尾玲美 
◇開講時限:前期月曜4限
◇教室:(後日公表する時間割表で確認して下さい)
◇目的・ねらい:
・英語学習者がどのように音声単語を認識しているかを確かめる手法について理解する
・英語学習者の音声単語認識を確かめる方法としての模擬タスクを作成する
・先行研究を批判的に考察する力をつける
At the end of the course, participants will
- understand the methodology of study in the field of spoken word recognition including statistical methods.
- be able to create experimental tasks that measure the process of spoken word recognition.
- enhance their critical thinking skills through discussion with their peers.
◇履修条件等:なし
◇講義内容:
第1回:音声単語認識モデルの復習:英単語はどのような過程を経て認識されるか
第2回:Luce et al. (1990) Mispronunciation detection task
第3回:英語学習者は英語の発音ミスを検出できるか。模擬タスクとディスカッション
第4回:Goldinger et al. (1989) Auditory priming paradigm
第5回:英語学習者にとっての英単語の競合語とは。模擬タスクとディスカッション
第6回:McQueen et al. (1994) Spotting words in other words
第7回:英語学習者は無意味語に埋め込まれた実在語を認識できるか。模擬タスクとディスカッション
第8回:Vitevitch et al. (2002) Slip of the year analysis
第9回:英語学習者にみられる誤聴の特徴とは。模擬タスクとディスカッション
第10回:Wingfield et al. (2002) Onset gating task
第11回:英語学習者はどのような手がかりを使って単語を絞り込むか。模擬タスクとディスカッション
第12回:Field (2008) Sentence gating task
第13回:英語学習者は単語分節化のエラーにどう対応するか。模擬タスクとディスカッション
第14回:Mattys et al. (2005) Multiple speech segmentation cues
第15回:英語学習者が使う単語分節化の手がかりに階層性はあるか。模擬タスクとディスカッション
定期試験
◇教科書・参考書等:
電子ジャーナルより各自ダウンロードする。
◇授業期間中の課題:
指定された論文を事前に読んでくる。
◇成績評価の方法:
参加態度、文献レビュー、定期レポートにより総合的に評価する
◇注意事項:なし
◇オフィスアワー:アポイントメントをとれば随時受け付ける
◇連絡先:murao@nagoya-u.jp

◆科目名:社会文化論から見た言語学習 b
◇担当教員:Jeremy Cross
◇開講時限:
◇教室:(後日公表する時間割表で確認して下さい)
◇授業内容: 後日指示。

◆科目名:北米文化研究 b
◇副題:カナダ多文化主義分析論(The Road in American Literature and Film)
◇概要:Students in this course will explore the importance of the automobile and the road in American literature and film.
◇担当教員:Christopher J. Armstrong
◇開講時限:火曜2限
◇教室:(後日公表する時間割表で確認して下さい)
◇目的・ねらい:This course aims to develop students’ academic writing, discussion and presentations skills through an exploration of American literature and film.
◇履修条件等:Students should be functional in spoken and written English. Review / practice of the styles and conventions of academic writing, discussion and presentation will be provided as needed.
◇講義内容:The course will examine key literary and film texts in order to understand the image and significance of the automobile and the road in American culture.
◇教科書・参考書等:
(1) Proposed Literary Texts and Films:
Whitman, Walt. “Song of the Open Road” (handout / online: http://www.poetryfoundation.org/poem/178711)
Fitzgerald, F. Scott. The Great Gatsby [1925]. Oxford’s World Classics. Ed. Ruth Progozy. Oxford UP, 1998.
Steinbeck, John. The Grapes of Wrath [1939]. London: Penguin, 2011. (Excerpts from the instructor)
The Grapes of Wrath. Dir. John Ford. 1940. DVD.
Kerouac, Jack. On the Road. [1955]. London: Penguin, 1999.
Easy Rider. Dir. Dennis Hopper. 1969. DVD.
Thelma and Louise. Dir. Ridley Scott. 1991. DVD.
One recent film to be chosen by the class.
(2) Slethaug, Gordon E. “Mapping the Trope: A Historical and Cultural Journey.” Hit the Road Jack: Essays on the Culture of the American Road. Eds. Gordon Slethaug and Stacilee Ford. Montreal and Kingston: McGill-Queens U.P., 2012, 13-38.

(3) Students may find the following critical sources useful (not required):
Casey, Roger N. Textual Vehicles: Automobiles in American Literature. New York and London: Garland, 1997.
Cohan, Steven and Ina Rae Hark. The Road Movie Book. London: Routledge, 1997.
Mills, Katie. The Road Story and the Rebel: Moving through Film, Fiction and Television. Carbondale: S. Illinois U.P., 2006.
Primeau, Ronald. Romance of the Road: The Literature of the American Highway. Bowling Green: Bowling Green State U.P., 1996. Rochester: Camden House, 2011.
Slethaug, Gordon and Stacilee Ford, eds. Hit the Road Jack: Essays on the Culture of the American Road. Montreal and Kingston: McGill-Queens U.P., 2012.
◇成績評価の方法:
Preparation and Participation: 30%
Each week, students will prepare oral or written responses to the assigned texts, films and / or readings. Students should read the texts / view the films carefully, look at relevant background materials and be ready to engage in critical and theoretical discussions of the issues at hand. There will be some short writing assignments designed to help students improve their academic writing skills, especially in regard to literary and film analysis essays. We will also look at critical sources with the aim of understanding text-types and genres of academic writing.

Presentations, Writing Activities and Essay: 70%
There will be one formal academic presentation focusing on a literary or film text along with one or two short presentations. Students will participate in a student conference at Chukyo University to be held in January (Details TBA). An essay based on the formal presentation will be due at the end of the semester.
◇注意事項:Students are expected to prepare for each class by doing the relevant critical and biographical research on their own, in addition to preparing their responses to the assigned readings.
◇オフィスアワー:アポイントメントによる。
◇連絡先:cjarms@gmail.com。

 

(2017.3.22)