アメリカ言語文化講座

講義題目一覧(2017a)

◆科目名:アメリカ文学・文化論 Ia
◇副題:アメリカ文学史概観 (1)
◇概要:Participants in this class will learn the history of American literature from the colonial times to the mid-19th century by reading, analyzing and writing about some of the literary texts produced in these periods.
◇担当教員:長畑明利
◇開講時限:前期火曜3限
◇教室:(後日公表する時間割表で確認して下さい)
◇目的・ねらい:この授業の目的・ねらいは主として次の3点である。1.植民地時代から19世紀中葉に至るアメリカ文学の主要作家とその作品についての理解を深める。2. その過程で、自分なりの(学術的な)問いを見いだす。また、自分が得た問いをより大きな知的文脈に置いて吟味する。3. 文学・文化の研究に必要なリサーチの方法について学ぶ。また、1次資料、学術論文の読解に資する高度な英文読解力を涵養し、学術論文執筆に必要となるライティングのスキルを身につける。(特に、作品を正確に読む力をつけることを重視する。)
◇履修条件等:基礎的な英語読解力を有すること、学習に対する意欲、積極性を有することを履修の条件とする。後期同時限に開講される「アメリカ文学・文化論Ib」と連続して受講することが望ましい。関連科目として、「英語表現演習 IIIa」、「英語表現技術演習 a」、「英語学術論文演習a」を挙げておくが、英米文学・文化に関する他の授業も受講するとよい。
◇講義内容:各回の授業は講義と学生の発表を中心とする。授業で扱う主たる作家・トピックは、アン・ブラッドストリート、インディアン捕囚物語、ジョナサン・エドワーズ、ベンジャミン・フランクリン、チャールズ・ブロックデン・ブラウン、ワシントン・アーヴィング、ジェイムズ・フェニモア・クーパー、エドガー・アラン・ポー、ラルフ・ウォルド・エマソン、ヘンリー・デイヴィッド・ソロー、ナサニエル・ホーソーン、ハーマン・メルヴィル、ウォルト・ホイットマン、ヘンリー・ワズワース・ロングフェローである。受講者は各回の授業で扱う作品もしくはその抜粋(主要作品の冒頭または重要な場面)を精読した上で授業に出席し、抜粋部分の和訳およびコメントを披露する。(批評が追加される場合もある。)抜粋を配布するが、短編小説や詩の場合、大学院生は作品全体を読むことが求められる。なお、教科書に記載されている時代背景、作家紹介は各自で読み進めること。学期末に筆記試験を実施する。また、学期中に授業で扱う時代に書かれた長編作品についての英文レポートを課す。
◇教科書・参考書等:(教科書)学部・大学院共通の教科書として、亀井俊介『アメリカ文学史講義〈1〉新世界の夢』(南雲堂)を指定するが、大学院生はこれに加え、Nina Baym, et al., ed., The Norton Anthology of American Literature, Vol. 1: Beginnings to 1865 (Shorter Eighth Edition)  (Norton, 2012) の該当箇所を読み進めることが望ましい。(参考書)渡辺利雄『講義アメリカ文学史』(全3巻+補遺)(研究社)、平石貴樹『アメリカ文学史』(松柏社)、志村正雄・八木敏雄『アメリカの文学』(南雲堂)、早瀬博範・吉崎邦子(編)『21世紀から見るアメリカ文学史』(英宝社)、その他授業中に紹介する。
◇授業期間中の課題:授業で扱う時代に書かれた長編作品についての英文レポート。
◇成績評価の方法:授業点30%、期末試験40%、レポート30%。
◇注意事項:授業HPは次の通り:
 http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/~nagahata/lectures17/amlit17/amlit17-a.html。
◇オフィスアワー:アポイントメントによる。
◇連絡先:e43479a@cc.nagoya-u.ac.jp

◆ 科目名:言語文化情報論 a
◇担当教員:尾関修治
◇開講時限:
◇教室:(後日公表する時間割表で確認して下さい)
◇講義内容: 後日指示。

◆科目名:第二言語習得論a  (Studies in Second Language Acquisition a)
◇副題:なし
◇概要:
英語コミュニケーションにおいて、学習者が音声提示された英単語を認識する過程で生じる様々な問題について理解し、英語母語話者と学習者がそれぞれどのようなメカニズムで音声言語を処理しているかについて学ぶ。授業は基本的に、スライドを使った講義形式で行うが、受講生に意見を求めながら進めるため、積極的な参加態度が必要である。授業では毎回、前回の内容の復習として、キーコンセプトに関するクイズを出題する。
This course will focus on examining how second language learners and native speakers of a language recognize spoken words while dealing with specific phenomena that emerge during the process of speech segmentation.  The instructor will provide an introduction to the key issues of the topic for each lesson. Participants will be asked questions regarding the issue, and will be given some time to discuss with other participants to answer the questions. At the beginning of each lesson, a quiz on the key concepts from the previous week will be given.
◇担当教員:村尾玲美 
◇開講時限:前期火曜4限
◇教室:(後日公表する時間割表で確認して下さい)
◇目的・ねらい:
・英語音声の基本的な特徴について理解する
・第二言語としての英語音声を処理する過程で生じる現象について理解する
・音声単語認識に関する理論的な枠組みやモデルについて理解する
Through this course, participants will gain an understanding of
- the theoretical models and frameworks proposed to explain the process of spoken word recognition;
- the specific phenomena that emerge when trying to recognize spoken words;
- the fundamental features of English phonology.
◇履修条件等:なし
◇講義内容:
第1回:なぜ英語の聞き取りは難しいか:日本語と英語の音韻体系の違い
第2回:なぜ英語の聞き取りは難しいか:lexical segmentationとstress shift
第3回:英単語発音の可塑性
第4回:連続音声からいかに単語を切り出すか
第5回:英語音素配列規則と単語分節化
第6回:音声単語認識モデル:cohort model、shortlist model、TRACE model
第7回:音声単語認識モデル:LAFSモデル、NAM、Autonomous model, interaction model
第8回:候補語の競合:decision rule, direct competition, emergent competition
第9回:どのように可能な語に制約を設けるか:Possible Word Constraint
第10回:英単語認識と語彙的文脈効果
第11回:英単語認識と統語的文脈効果
第12回:英単語認識と意味的文脈効果
第13回:英単語認識と頻度効果
第14回:単語の絞込みと文法知識
第15回英単語認識におけるプロソディの働き
定期試験
◇教科書・参考書等:
スライドを用意する。
◇授業期間中の課題:
指定された論文を事前に読んでくる。
◇成績評価の方法:
参加態度、クイズ、定期レポートにより総合的に評価する
◇注意事項:なし
◇オフィスアワー:アポイントメントをとれば随時受け付ける
◇連絡先:murao@nagoya-u.jp

◆科目名: 社会文化論から見た言語学習 a
◇ 担当教員:Jeremy Cross
◇開講時限:
◇教室:(後日公表する時間割表で確認して下さい)
◇授業内容: 後日指示。

◆科目名:北米文化研究 a
◇副題:カナダ多文化主義分析論(Multiculturalism in Canada: Histories, Debates, Representations)
◇概要:This course is designed to develop students’ academic writing, discussion and presentations skills through an exploration of contemporary Canadian cultures.
◇担当教員:Christopher J. Armstrong
◇開講時限:火曜2限
◇教室:(後日公表する時間割表で確認して下さい)
◇目的・ねらい:This course is designed to develop students’ academic writing, discussion and presentations skills through an exploration of contemporary Canadian cultures. In particular, the course aims to prepare students for the writing and presentation of short academic essays in the humanities and social sciences.
◇履修条件等:Students should be functional in spoken and written English. Review of the styles and conventions of academic discussion, presentation and writing will be provided as needed.
◇講義内容:Students in this course will explore Canada’s multiculturalism as a social and historical fact, as an ideological response to the country’s social and cultural diversity, and as an official government policy. We will discuss issues connected to historiography, national identity, multiculturalism, and issues of representation in contemporary media and cultural texts, including literature, film, and television. Course themes include aboriginal-Euro-Canadian relations, French-English relations, immigration in the twentieth century, English-Canadian identity, and multiculturalism as ideology, policy, and practice.
◇教科書・参考書等:A list of readings and research resources will be distributed after consultation with students. All reading materials will be provided by the instructor. Students may consult the course homepage https://multcan.wordpress.com/ for further details and a list of online and print resources.
◇成績評価の方法:
Preparation and Preparation: 30%
Each week, students will prepare oral or written responses to assigned readings. Students should become familiar with the relevant background materials and be ready to engage in critical and theoretical discussions of the issues at hand.

Presentations, Writing Activities and Essay: 70%
The main projects in the course will be one or more short presentations, followed a formal academic presentation and a research essay based on the presentation. Through various oral and written tasks, we will focus on developing skills for critical analysis, graduate-level writing and presentations in academic settings.
◇注意事項:Students are expected to prepare for each class by doing the relevant background research on their own, in addition to preparing their responses to the assigned readings.
◇オフィスアワー:アポイントメントによる。
◇連絡先:cjarms@gmail.com。

(2017.3.22)