1995年度 名古屋大学 言語文化部 特定研究

言語文化情報の電子化とインターネット


研究の概要

本研究では、言語文化に関わるテキスト・音声・画像情報の電子化を進めることにより、言語文化研究に画期的な質的転換をもたらすことをめざす。

コンピューターの発達により、テキスト・音声・画像などすべての情報を電子化し、区別なく扱えるようになった。これにより、従来、印刷物で伝えられるものだけが研究対象となってきた言語文化研究においても、研究資料として印刷媒体が伝える情報以外の情報も「直接」研究の資料として扱えるようになり、本来、言語文化研究が研究対象とする言語現象・文化現象そのものに直接分析のメスを入れることができるようになるわけである。

コンピューターの出現によって切り開くすべての情報の電子化・統一化により新しい研究方法の確立・新しい研究分野の開拓が可能になったにも拘わらず、コンピューターとコンピューターネットワークの発達があまりにも急で、かつ、爆発的であるため、多くの人文系の研究者にとってはその全体像をつかむことさえ困難になりかねないという逆説的な状況に陥っている。

そこで、こうしたコンピューターとコンピューターネットワークの発達をふまえて、その言語文化研究に及ぼす影響を正しく見据えた上で、具体的に電子化された言語文化情報を使って言語文化研究を行い、電子化された言語文化情報を用いた研究の特徴・今後の発展に向けての問題点・解決策などを検討し、今後の新しい時代の言語文化研究への基礎を確立しようというのがこのプロジェクトの目的である。

本研究の特色・意義

研究組織

研究報告

本研究の報告書にはWWW版と活字版があります。活字版をご希望の方には、お一人につき一部ずつおわけします。ご希望の方は、郵送先を電子メールか郵便でお知らせ下さい。なお、残部に限りがありますので、お早めにご連絡下さい。

郵便での申込み先:

464-01
名古屋市千種区不老町1
名古屋大学言語文化部国際言語文化研究系
滝沢直宏


sugiura