2014年度 日言文シラバス
  

☆ 下記の内容は変更することがあります。掲示等に注意してください。

日 本 言 語 文 化 学 講 座
日本言語文化学方法論a
 ◇講義題目:日本人論としての『菊と刀』を読む
 ◇担当教員:福田眞人(前期、月4、文総623)
 ◇オフィス・アワー:月(16:30~17:30)文総館202,714号室
◇授業内容:
<講義目的>
 昭和21年(1946)に出版されたアメリカの文化人類学者ルース・ベネディクト(Ruth Benedict,1887-1948)は、第二次世界大戦に突入するに際し、敵国情報収集の一端として、敵性国に関する研究と助言をするために集められた、代表的な文化人類学者であった。その調査に基づいて書かれたのが『菊と刀』(The Chrysanthemum and the Sword: Patterns of Japanese Culture)であり、ベネディクトが日本関連の書籍通読と、日系日本人との興隆と通じて書かれたものである。とりわけ、戦中ということもあって一度も日本を訪れる事なく書かれたことは驚くべき事である。文化受容の目配りを示す、文化比較の格好の入門書であろう。この書を現代の目で読み直す作業を行う。
 この書では、大きくは政治、社会から、小さくは日常の事物に及んで、独特の筆致で西洋事情が詳細に記述され、分析・考察を施されている。幕末・明治維新にあって、もっとも最前線の教養人であり知識人であった福澤が西洋をどのように解剖し、新しい西洋文明との出会いの中で、その事物に驚き戦いている日本人にどのような西洋像を示したのかを辿ってみよう。
 そのことは、困難な異文化理解の方法の一つの経過を学び、かつその異文化理解がその後の二国間(日米)の相互理解にどのように寄与したのかをも学ぶ縁とする。そこから、新しい問題を発見し、把握し、分析・考察する事が求められる。
 基礎力の涵養:日本語の読解力向上。
 応用力の涵養:事象の把握、分析、考察の方法を学ぶ。
 発信力の涵養:発表する(プレゼンテーション)ことを経験する。そこで、発表者の意図、意義を汲み取り、それに対して参加者が質問し、討議するという訓練を行う。

<講義内容>
 1. はじめに。授業導入説明。ルース・ベネディクトとは。また、なぜ日本人論が書かれ、そして日本人が日本論および日本人論に強く惹き付けられるのかをも考察、検討する。講義と討議。
 2. 日本人論の系譜(1)どこで、誰が始めたのか?講義と討議。
 3. 日本人論の系譜(2)それは、今、どこにいて、どこに向かうのか?
 4. 『菊と刀』の書かれた時代背景の描写、分析。講義と討議。
 5. 義理と人情。発表と討議。
 6. 親孝行と忠義。発表と討議。
 7. 恩義
 8. 恥の概念
 9. 人物:『「甘え」の構造』との響き合い
 10. テーマ発表1(院生)、プレゼンテーションと討議
 11. テーマ発表2(院生)、プレゼンテーションと討議
 12. テーマ発表3(院生)、プレゼンテーションと討議
 13. テーマ発表4(院生)、プレゼンテーションと討議
 14. まとめ
 ◇教科書:
   ルース・ベネディクト『菊と刀』(講談社学術文庫)講談社 (2005)
 ◇参考文献:
   土居健郎『「甘え」の構造』弘文堂(1971)
 ◇履修条件:
   特になし。
 ◇成績評価:
   授業での発表(30%)、授業中の討議・質問などの発言(20%)、ならびに期末レポート(50%)から総合判断により成績を付ける。


日本言語文化学方法論b
 ◇講義題目:日本人論としての『菊と刀』を読む
 ◇担当教員:福田眞人(後期、月4、文総624)
 ◇オフィス・アワー:月(16:30~17:30)(文総館202,714号室)
◇授業内容:
<講義目的>
 昭和21年(1946)に出版されたアメリカの文化人類学者ルース・ベネディクト(Ruth Benedict,1887-1948)は、第二次世界大戦に突入するに際し、敵国情報収集の一端として、敵性国に関する研究と助言をするために集められた、代表的な文化人類学者であった。その調査に基づいて書かれたのが『菊と刀』(The Chrysanthemum and the Sword: Patterns of Japanese Culture)であり、ベネディクトが日本関連の書籍通読と、日系日本人との興隆と通じて書かれたものである。とりわけ、戦中ということもあって一度も日本を訪れる事なく書かれたことは驚くべき事である。文化受容の目配りを示す、文化比較の格好の入門書であろう。この書を現代の目で読み直す作業を行う。
 この書では、大きくは政治、社会から、小さくは日常の事物に及んで、独特の筆致で西洋事情が詳細に記述され、分析・考察を施されている。幕末・明治維新にあって、もっとも最前線の教養人であり知識人であった福澤が西洋をどのように解剖し、新しい西洋文明との出会いの中で、その事物に驚き戦いている日本人にどのような西洋像を示したのかを辿ってみよう。
 そのことは、困難な異文化理解の方法の一つの経過を学び、かつその異文化理解がその後の二国間(日米)の相互理解にどのように寄与したのかをも学ぶ縁とする。そこから、新しい問題を発見し、把握し、分析・考察する事が求められる。
 基礎力の涵養:日本語の読解力向上。
 応用力の涵養:事象の把握、分析、考察の方法を学ぶ。
 発信力の涵養:発表する(プレゼンテーション)ことを経験する。そこで、発表者の意図、意義を汲み取り、それに対して質問する、討議するという訓練を行う。

<講義内容>
 (前期からの継続学生のみの場合と、新たな学生が登録した場合とでは、内容の変化がある。これは主に、新規登録学生向けのもの)
 1. はじめに。授業導入説明。ルース・ベネディクトとは。また、なぜ日本人論が書かれ、そして日本人が日本論および日本人論に強く惹き付けられるのかをも考察、検討する。講義と討議。
 2. 日本人論の系譜(1)どこで、誰が始めたのか?講義と討議。
 3. 日本人論の系譜(2)それは、今、どこにいて、どこに向かうのか?
 4. 『菊と刀』の書かれた時代背景の描写、分析。講義と討議。
 5. 戦争と相手国の理解の仕方。発表と討議。
 6. 親子関係、男女関係。発表と討議。
 7. 社会契約と家、家族、氏族の関係。発表と討議。
 8. 価値観の在り方。宗教と哲学、国家と個人。発表と討議。
 9. 人物:『「甘え」の構造』との響き合い
 10. テーマ発表1(院生)、プレゼンテーションと討議
 11. テーマ発表2(院生)、プレゼンテーションと討議
 12. テーマ発表3(院生)、プレゼンテーションと討議
 13. テーマ発表4(院生)、プレゼンテーションと討議
 14. まとめ
 ◇教科書:
   ルース・ベネディクト『菊と刀』(講談社学術文庫)講談社 (2005)
 ◇参考文献:
   土居健郎『「甘え」の構造』弘文堂(1971)
 ◇履修条件:
   特になし。
 ◇成績評価:
   授業での発表(30%)、プレゼンテーションに対する質問、討論における発言(20%)、ならびに期末レポート(50%)から総合判断により成績を付ける。


言語文化交流論a
 ◇講義題目:言語文化交流の根底にあるもの
 ◇担当教員:涌井 隆(前期、金3、文総623)
 ◇オフィス・アワー:水2
◇授業内容:
<講義目的>
 言語文化交流の根底にあるものが何かについて考えます。なぜ、文化の衝突があるのか。文化、宗教、国家の衝突と理解されているものの本質が何かについて考えます。様々なメディアによって流布される情報はたとえ公式見解として教科書に載っているような情報であっても嘘が含まれるのが普通です。したがって、教科書を鵜呑みにせず、ネットから積極的に情報を取り自分の頭で考えることが重要です。グローバル化という現象が毎日メディアを賑わせていますが、その内実を多くの人が正しく理解していません。正しく理解しないで21世紀を生きていくのは困難です。知識のギャップを埋めるのもこの授業の目的の一つです。究極的にはプロパガンダに騙されない「勇気ある知識人」を養成する一助を果たしたいと考えています。

<講義内容>
 前半は、皆で言語文化交流について論じた文章を読み、後半では、受講者各自図書館やインターネットを使って世界の言語文化交流の実状について調べ発表してもらいます。世界のどこでもいいですから、どのような言語文化交流が行われているのか、その背景にはどのような政治・社会・経済的な背景があるのか、調べて見てください。
 一緒に読みたいと考えている文献は次の通りです。『増補 民族という虚構』(小坂井敏晶) 、『多文化世界 違いを学び未来への道を探る』 (G.ホフステード等)、『アース・デモクラシー』(ヴァンダナ・シヴァ)、『日本の国境問題』(孫崎享)、『消滅する言語―人類の知的遺産をいかに守るか』(デイビッド・クリスタル)、『異文化文化理解の倫理に向けて』(稲賀繁美編)、『日本語が亡びるとき』(水村美苗)、など。ここで挙げた書籍はすべて全巻読むわけではありません。抜粋して読むものも含まれます。最初に読む『民族という虚構』は文庫本で安く手に入るので授業前に買ってください。
 言語文化交流を考える場合、言語文化に内在する要素だけを考察することも出来ますが、そもそも、交流が可能になる背景には、政治・社会・経済的な要因が存在し、その事実に無知であることは出来ません。授業は、教員が一方的に話すのではなく対話形式を取ります。文章の意味や筆者の意図を正しく読むだけではなく、自分の立場を持って批判的に読む習慣をつけます。毎回、文章を読んできて対話に参加する必要があります。
 最近のインターネットの浸透と発展は目覚ましく、日本に長期滞在する外国人が、日本の快適で比較的自由なインターネット環境を利用してポド・ビデオキャストの配信を行い世界に向けて発信している例もあります。日本にいても世界を取材することが出来ます。もちろん現地に足を運ばなければ得られない情報は存在しますが、情報を咀嚼する分析力と背景を理解するための幅広い知識の方が重要です。
 ◇教科書:
   上に記載
 ◇参考文献:
   上に記載
 ◇履修条件:
   なし
 ◇成績評価:
   出席状況、授業参加の度合い、発表の出来などを考慮に入れ総合的に判断する。


言語文化交流論b
 ◇講義題目:外国詩の日本語への翻訳
 ◇担当教員:涌井 隆(後期、金3、文総623)
 ◇オフィス・アワー:金2
◇授業内容:
<講義目的>
 主として英語と中国語(フランス語、ドイツ語、スペイン語などを扱う場合もある)の詩を日本語に翻訳する作業を通じて、日本語の表現能力を養い、詩についての理解を深めます。詩を翻訳するためには両言語の深い知識が必要です。論文を書くための語学力以上のものが求められます。したがって、詩を翻訳する練習を積むことが論文を書く力を養うことにつながります。さらに、詩を翻訳する作業は文字を移し替えるだけではない創造的な行為です。ゼロから詩を作り出すわけではありませんが、原作者の意識に入り込んで、別の言語で新たに創造し直すので自由度がかなりあります。学問研究では使わない脳の部分が活性化されるかも知れません。

<講義内容>
 一回の授業で一編の詩を扱います。誰のどの詩を訳すかはまだ未定ですが、過去に扱った詩人を挙げると、シェイクスピア、デレク・ウォルコット、ケベド、ネルーダ、方文山、北島、徐志摩、海子、ロバート・フロスト、ローラ・クロンク、シェイマス・ヒーニー、ワーズワース、マリアン・ムーア、ヨシフ・ブロツキー、トマス・ハーディ、ビリー・コリンズ、マーガレット・アットウッド、キャロライン・フォーシェ、マヤ・アンジェロウ、テッド・ヒューズ、W.H. オーデン、チャールズ・シミックなどがあります。毎年、作品を入れ替えています。上記以外の言語でも参加者が語句の意味と文の構造を説明出来、他の受講者が辞書を引ける言語である場合問題ありませ ん。毎回の授業でお互いの翻訳を批評し合います。日本語が母語ではないからとか、詩は難しいとか、怖じ気づいてしまう必要はありません。毎回原文を詳細に説明するので自分でも辞書を引いて挑戦してみてください。日本語が母語でないからこそ優れた翻訳が生まれる可能性もあります。
 ◇教科書:
   なし
 ◇参考文献:
   なし
 ◇履修条件:
   なし
 ◇成績評価:
   授業参加の度合いと詩の出来具合を総合的に判断して評価を出します。




日 本 語 教 育 学 講 座
日本語教育学原論a
 ◇講義題目:実証的言語研究法の基礎・基本編
 ◇担当教員:玉岡賀津雄(前期,月曜日の6限目,18:15~19:45,全学教育棟北棟2階 211)
 ◇場所: 全学教育棟北棟4階403
◇目的・ねらい:
 日本語教育・習得の研究を対象として,心理言語学的なアプローチによって,言語の研究を「直感」ではなく「実証」的に行うための研究および実践への応用の方法を習得することを目的とする。各授業のテーマについて,科学的な言語研究のための調査・実験計画の立案,データの統計解析,分析結果の読み方,論文での報告の仕方など一連の論文作成のための方法を身につける。なお,講義の焦点は日本語教育であるが,言語一般の研究,実験研究などもテーマとして含んでいる。

◇授業内容:
 言語研究,特に日本語教育のための研究に関連して,講義では,クラスごとに研究テーマがある。それに対して,(1)どういう理論的背景があるか,(2)どのような点が問題となるのか,(3)具体的な証明されうる研究対象は何か,(4)どのように被験者(日本語学習者,英語学習者,母語話者など)サンプルまたはコーパスを対象とすべきか,(5)どのようなデータ収集,テストあるいは実験をする必要があるか,(6)どのような分析を行うべきか,(7)結果をどのように図表化すべきか,(8)どのように分析結果を報告すべきか,(9)結果からどのような結論が導かれるか,(10)どのように現場に応用できるか,これら一連の研究方法を説明する。受講者は,これらの流れを理解して,自分の研究に応用できる能力を養う。
 データの解析には, Microsoft ExcelとIBM-SPSS社の統計パッケージを使用する。日本語や英語の言語習得・理解に関係した仮説を証明するために,音韻,語彙,文,コーパスの共起頻度,談話 (discourse) など多様なデータについて,15回の授業で基礎的な分析法を指導する。まず,ノンパラメトリック分析から始める。会話での表現頻度,「はい」「いいえ」という二者択一の回答,コーパスなどの頻度データの解析のためにカイ二乗分布を使った一様性の検定と独立性の検定,クラスタ分析,決定木分析 (decision tree analysis) の中の分類木分析 (classification tree analysis) を使った言語研究を紹介する。より高度な決定木分析 (回帰木分析) は,日本語教育学原論bで扱う。さらに,パラメトリック分析としては,t検定,反復の無い(non-repeated)および反復の有る(repeated)分散分析,多重比較,単純対比を使った研究を紹介する。授業の最後では,最新の分析法である線形混合効果モデル (LME: linear mixed effect model)の分析法を,IBM-SPSS社の統計パッケージを使って紹介する。

 ◇教科書:
   授業中に資料を配布する。
 ◇参考文献:
   [一般的な解説]
   近藤安月子・小森和子編 (2012)『研究社 日本語教育辞典』東京: 研究社.
   [分析の応用例]
   伊原睦子・村田忠男(2006). 日本語の連濁に関するいくつかの実験.音韻研究,9,17-24.
   林炫情・玉岡賀津雄・宮岡弥生 (2011). 否定によって日本語の行為要求疑問文はより丁寧になるのか. 日本学報, 86, 1-11.
   Koizumi, M., & Tamaoka, K. (2010). Psycholinguistic evidence for the VP-internal subject position in Japanese. Linguistic Inquiry, 41, 663-680.
   小森和子・玉岡賀津雄 (2010). 中国人日本語学習者の同形類義語の認知処理. レキシコンフォーラム, 5, 165-200.
   玉岡賀津雄・林炫情・池映任・柴崎秀子 (2008). 韓国語母語話者による和製英語の理解. レキシコンフォーラム, 4, 195-222.
   玉岡賀津雄・邱學瑾・宮岡弥生・木山幸子 (2010). 中国語を母語とする日本語学習者によるかき混ぜ語順の文理解―聴解能力で分けた上位・中位・下位群の比較―. 日本語文法, 10(1), 1-17.
   Tamaoka, K., Ihara, M., Murata, T., & Lim H. (2009). Effects of first-element phonological-length and etymological-type features on sequential voicing (rendaku) of second elements. Journal of Japanese Linguistics, 25, 17-38.
   Tamaoka, K., & Ikeda, F. (2010). Whiskey, or Bhiskey?: Influence of first-element and dialect region on sequential voicing of shoochuu. 言語研究, 137, 65-80.
   Tamaoka, K., Lim, H., Miyaoka, Y., & Kiyama, S. (2010). Effects of gender-identity and gender-congruence on levels of politeness among young Japanese and Koreans. Journal of Asian Pacific Communication, 20, 23-45.
   Tamaoka, K., Ihara, M., Murata, T., & Lim H. (2009). Effects of first-element phonological-length and etymological-type features on sequential voicing (rendaku) of second elements. Journal of Japanese Linguistics, 25, 17-38.
   Tamaoka, K. (2007). Rebounding activation caused by lexical homophony in the processing of Japanese two-kanji compound words. Reading and Writing, 20, 413-439.
   大和祐子・玉岡賀津雄 (2011). 日本語テキストのオンライン読みにおける漢字表記語と片仮名表記語の処理: 中国人日本語学習者の語彙能力上位群と下位群の比較. 小出記念日本語教育研究会論文集, 16, 73-86.

       注: 授業中に紹介する論文は,http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/~ktamaoka/gyouseki.htmの玉岡賀津雄のホームページの中の「研究業績」からダウンロードできる。
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   授業への出席および積極的な参加,さらに最後の授業で,四者択一のテストを実施して評価する。


日本語教育学原論b
 ◇講義題目:実証的言語研究法の基礎・発展編
 ◇担当教員:玉岡賀津雄(後期,月曜日の6限目,18:15~19:45,全学教育棟北棟2階 211)
 ◇場所: 全学教育棟北棟4階403
◇目的・ねらい:
 日本語教育・習得の研究を対象として,心理言語学的なアプローチによって,言語の研究を「直感」ではなく「実証」的に行うための研究および実践への応用の方法を学習し,習得することを目的とする。クラスごとに言語研究のテーマがあり,科学的な言語研究のための調査・実験計画の立案,データの統計解析,分析結果の読み方,論文での報告の仕方など一連の論文作成のための方法を身につける。なお,「日本語教育学原論 a」では,言語の実証的研究のための基礎を学んだが,「日本語教育学原論 b」では,高度な統計ソフトや数学理論を応用した言語研究の実証法を習得する。

◇授業内容:
 「日本語教育学原論a」の授業に続いて,言語研究,特に日本語教育研究に応用できるより高度な数学・統計解析法を使った研究手法を身につけるために,まず基本的な予測統計の分析を学習する。具体的には,相関係数,単回帰,重回帰,判別分析を教える。実際の言語研究で得られたデータを使いながら, IBM-SPSS社の統計パッケージを使って分析してみる。もちろん,得られた結果の読み方,図表の書き方,報告の仕方も同時に学ぶ。基本的な予測統計が終ると,次の6つを紹介する。(1)構造方程式モデリング (SPSS AMOS 16.0)―構造方程式モデリング (SEM; structural equation modeling)とは,多変量の因果関係のモデルを証明するための分析法である。IBM-SPSS社が開発した AMOSと呼ばれる統計ソフトのおかげで,この難解な統計解析が恰も「お絵かきソフト」のようにできるようになった。具体的には,中国語・韓国語を母語とする日本語学習者に行った日本語能力試験のデータを使用して分析を試みる。SEMの基本概念,変数の種類とその意味,モデル検定の指標とその読み方,結果の解釈,論文で使うための作図などを教える。(2)決定木分析(回帰木分析と分類木分析の両方)-コーパスから得られた頻度ばかりでなく,スケールのデータにも使える多変量解析である。ある特定の従属変数を,複数の独立変数で予測する手法である。従属変数を予測する強さで,独立変数の影響力の結果を階層化して樹形図 (dendrogram)として描いてくれる高度な統計解析である。これまで経済学・経営学のマーケティングの研究で使用されてきた解析法であるが,言語研究にも極めて有効である。(3)小規模サンプルのための項目応答理論 (T-DAPという統計ソフトを使用 )-項目応答理論 (IRT: item response theory)はテストの受験者数が大規模でなくては効力を発揮しないのが普通である。しかし,それでは日本語教育の現場で使用するテストには実用的ではない。そこで,100名くらいの小規模の受験者に対して使用できる1パラメタ・ラッシュモデル (Rasch Model)を紹介する。データとしては,中国語・韓国語を母語とする日本語学習者の日本語能力テスト,和製英語の理解テスト,慣用句・オノマトペの理解テストなどを使用する。(4)エントロピー (entropy)と冗長度 (redundancy)によるコーパス解析 (Microsoft Excelに公式を入れて計算 )-シャノンの情報の数学理論からエントロピーと冗長度の指標をコーパス研究に応用する方法を教える。具体的には,韓国語を母語とする日本語学習者の敬語表現や日本語母語話者とコーパス頻度のオノマトペのデータなどを使用する。さらに,(5)反応実験を実施するためのE-primeの使い方,眼球運動実験とデータ分析,さらに脳波(Electroencephalogram: EEG)を使った事象関連電位(ERP: event-related potentials)の測定とデータ解析について扱う。

 ◇参考文献:
   Barrett, P. (2007). Structural equation modeling: Adjudging model fit. Personality and Individual Differences, 42, 815-824.
   Bentler, P. M., & Bonnet, D. C. (1980). Significance tests and goodness of fit in the analysis of covariance structures. Psychological Bulletin, 88, 588-606.
   Bozdogan, H. (1987). Model selection and Akaike’s information criterion (AIC): The general theory and its analytical extensions. Psychometrika, 52, 345-370.
   Browne, M. W., & Cudeck, R. (1993). Alternative ways of assessing model fit. In K. A.
   Bollen & J. S. Long (Eds.), Testing structural equation models (pp. 136-162). Newbury Park, CA: Sage.
   Dixon, J. A. & Marchman, V. A. (2007). Grammar and the lexicon: Developmental ordering in language acquisition. Child Development, 78, 190-212.
   Hooper, D., Caoughlan, J., & Mullen, M. (2008). Structural equation modeling: Guidelines for determining model fit. Electronic Journal of Business Research Models, 6, 53-60.
   Jöreskog, K., & Sörbom, D. (1993). LISREL 8: Structural equation modeling with the SIMPLIS command language. Chicago, IL: Scientific Software International.
   Kaplan, D. (2000). Structural equation modeling: Foundation and extensions. Thousand Oaks, CA: Sage.
   Marsh, H. W., & Grayson, D. (1995). Latent variable models of multitrait-multimethod data. In R. Hoyle (Ed.), Structural equation modeling: Concepts, issues and applications (pp. 177-198). Thousand Oaks, CA: Sage.
   Schermelleh-Engel, K., Moosbrugger, H., & Müller, H., (2003). Evaluating the fit of structural equation models: Tests of significance and descriptive goodness-of-fit measures. Methods of Psychological Research Online, 8, 23-74.
   Schwarz, G. (1978). Estimating the dimension of a model. The Annals of Statistics, 6, 461-464.
   Shiotsu, T. & Weir, C. J. (2007). The relative significance of syntactic knowledge and vocabulary breadth in the prediction of reading comprehension test performance. Language Testing, 24, 99-128.
   高橋登 (1996). 学童期の子どもの読み能力の規定因について―componential approachによる分析的研究― 心理学研究, 67, 186-194.
   高橋登 (2001). 学童期における読解能力の発達過程―1-5年生の縦断的な分析 教育心理学研究, 49, 1-10.
   玉岡賀津雄 (1997). 中国語と英語を母語とする日本語学習者の漢字および仮名表記語彙の処理方略 言語文化研究 17, 67-77.
   玉岡賀津雄 (2000). 中国語系および英語系日本語学習者の母語の表記形態が日本語の音韻処理に及ぼす影響読書科学 44, 83-94.
   Tamaoka, K., Leong, C. K., & Hatta, T. (1992). Effects of vocal interference on identifying kanji, hiragana and katakana words by skilled and less skilled Japanese readers in Grades 4-6. Psychologia, 35, 33-41.
   玉岡賀津雄・メンツェル, バーバラ (1994). 日本語教育におけるローマ字使用批判の理論的根拠に関する言語心理学的考察 読書科学 38, 104-116.
   玉岡賀津雄・木山幸子・宮岡弥生 (2011). 新聞と小説のコーパスにおけるオノマトペと動詞の共起パターン. 言語研究, 139, 57-84.
   Tamaoka, K., & Menzel, B. (1995). Die alphabetische Verschriftlichung des Japanischen: "Sesam-öffne-Dich" order zusätzliche Fehlerquelle? Zeitschrift für Fremdsprachefor-schung, 6, 108-128.
   豊田秀樹 (1998). 共分散構造分析[入門編]―構造法的式モデリング 東京: 朝倉書店
   van Dijk, T. A., & Kintsch, W. (1983). Strategies of discourse comprehension. New York, NY: Academic Press. Urquhart, A. H., & Weir, C. J. (1998). Reading in a second language: Process, product, and practice. New York: Longman.
   Wong, C-S., & Kenneth S. L. (2002). The effects of leader and follower emotional intelligence on performance and attitude: An exploratory study. The Leadership Quarterly, 13, 243–274.

   授業中に紹介する論文は,http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/~ktamaoka/gyouseki.htmの玉岡賀津雄のホームページの中の「研究業績」からダウンロードできる。
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   授業への出席および積極的な参加,さらに最後の授業で,四者択一のテストを実施して評価する。


第二言語習得研究概論a
 ◇講義題目:第二言語習得研究の理解
 ◇担当教員:稲垣俊史(前期、火4、全学教育棟201)
 ◇オフィス・アワー:水3限
◇目的・ねらい:
 第二言語習得 (second language acquisition / SLA) 研究を概観し、SLAの基礎概念、ならびにこの分野でどんなことが問題(争点)となっているかを理解する。さらに、具体的な研究例に触れ、SLA研究のロジックを理解する。
◇授業内容:
 SLAの基礎概念に関する講義と具体的なSLA研究の紹介
  01. 転移
  02. 習得順序
  03. インプット
  04. 学習可能性
  05. 指導の効果
  06. その他
 ◇教科書:
   Gass, S. M. (2013). Second language acquisition: An introductory course (4th ed.). Routledge.
 ◇参考文献:
   白畑知彦・若林茂則・村野井仁 (2010).『詳説第二言語習得研究−理論から研究法まで−』研究社.
   白井恭弘 (2008).『外国語学習の科学−第二言語習得論とは何か』岩波書店.
   大関浩美(著)・白井恭弘(監修)(2010).『日本語を教えるための第二言語習得論入門』くろしお.
   小柳かおる (2004). 『日本語教師のための新しい言語習得概論』スリーエーネットワーク.
   迫田久美子 (2002).『日本語教育に生かす第二言語習得研究』アルク.
   白畑知彦・富田祐一・村野井仁・若林茂則 (2009).『英語教育用語辞典 改訂版』大修館書店.
   近藤安月子・小森和子 (2012).『研究社 日本語教育事典』研究社.
   Lightbown, P. M. & Spada, N. (2013). How languages are learned (4th ed.). Oxford University Press.
   Ellis, R. (2008). The studies of second language acquisition (2nd ed.). Oxford University Press.
   Richards, J. C. & Schmidt, R. (2010). Longman dictionary of language teaching & applied linguistics (4th ed.). Longman.
   Loewen, S. & Reinders, H. (2011). Key concepts in second language acquisition. Palgrave Macmillan.
   VanPatten, B. & Benati, A. G. (2010). Key terms in second language acquisition. Continuum.
 ◇履修条件:
   特にありませんが、英語で書かれた教科書を用いるため、それに対応できる英語読解力が必要です。
 ◇成績評価:
   授業への出席・参加状況 (50%)、小テスト (30%)、レポート (20%)


第二言語習得研究概論b
 ◇講義題目:第二言語習得研究の批評
 ◇担当教員: 稲垣俊史(後期、水3、文総609)
 ◇オフィス・アワー:火3限
◇目的・ねらい:
 第二言語習得 (second language acquisition / SLA) の研究論文を批評する能力を養う。さらに、自ら研究(実験・調査や文献レビュー)を行うことにより、SLA研究を行う基礎力を養う。
◇授業内容:
 1.日本語または英語で書かれたSLA研究論文の講読、発表、ディスカッション。
 2.自らの研究の立案と実施、またそれに関する発表とディスカッション。
 具体的には、以下の順序で行う:
  01. SLA研究論文の講読、発表、ディスカッション1
  02.レポートの中間報告(自らの研究の提案)
  03. SLA研究論文の講読、発表、ディスカッション2
  04.レポートの最終報告(自らの研究成果の発表)
 ◇教科書:
   プリント配布
 ◇参考文献:
   『第二言語としての日本語の習得研究』やStudies in Second Language AcquisitionなどのSLA主要雑誌.
   Gass, S. M. (2013). Second language acquisition: An introductory course (4th ed.). Routledge.
   白畑知彦・若林茂則・村野井仁 (2010).『詳説第二言語習得研究-理論から研究法まで-』研究社.
   小柳かおる (2004). 『日本語教師のための新しい言語習得概論』スリーエーネットワーク.
   迫田久美子 (2002).『日本語教育に生かす第二言語習得研究』アルク.
   Gass, S.M. & Mackey, A. (2007). Data elicitation for second and foreign language research. Lawrence Erlbaum.
   白畑知彦・富田祐一・村野井仁・若林茂則 (2009).『英語教育用語辞典 改訂版』大修館書店.
   近藤安月子・小森和子 (2012).『研究社 日本語教育事典』研究社.
   Richards, J.C. & Schmidt, R. (2010). Longman dictionary of language teaching & applied linguistics (4th ed.). Longman.
   Loewen, S. & Reinders, H. (2011). Key concepts in second language acquisition. Palgrave Macmillan.
 ◇履修条件:
   第二言語習得研究概論aを履修しているか、またはSLAの基礎知識を有する人が望ましい。英語で書かれた文献も扱うので、それに対応できる英語読解力が必要です。
 ◇成績評価:
   出席・参加状況 (50%)、発表(研究論文のまとめと批評、研究の立案と成果) (25%)、期末レポート (25%)


日本語教授法及び実習
 ◇担当教員:鷲見幸美(通年、火2、文総522)
 ◇オフィス・アワー:水曜日3時限
◇目的・ねらい:
 高度な日本語教授能力を実践的に養う。
 ・実習準備を通して、学習設計力を高める。
 ・実習を通して、問題解決力・応用力・実践力を高める。
 ・実習の振り返りを通して、自己研鑽力を高める。
◇授業内容:
 1. 春休みに[前倒しして授業開始前に]、実習準備、及び、実習を行う。
 2. 自らの授業を多角的に検討する。
  1)授業目標と授業活動の構成
  2)教案と実際の授業
  3)学習内容
  4)教師行動
  5)ティーム・ティーチング
 3. コースの運営を多角的に検討する。
  1)学習者募集
  2)事前調査
  3)シラバス
  4)事後調査
  5)コース・コーディネーターとしての役割
 4. 実習報告書を作成する。
 ◇教科書:
   なし
 ◇参考文献:
   村岡英裕(1999)『日本語教師の方法論 教室談話分析と教授ストラテジー』凡人社.
   名古屋大学大学院国際言語文化研究科日本言語文化専攻・日本語教育実習報告書(本専攻HP公開).
   名古屋大学日本語教育研究グループ(編)(2002)A COURSE IN MODEREN JAPANESE [REVEISED EDITION]VOLUME ONE.名古屋大学出版会.
   名古屋大学日本語教育研究グループ(編)(2002)A COURSE IN MODEREN JAPANESE [REVEISED EDITION]VOLUME TWO.名古屋大学出版会.
   山崎佳子(他)(2008)『日本語初級1 大地』スリーエーネットワーク.
   山崎佳子(他)(2009)『日本語初級2 大地』スリーエーネットワーク.
   横溝紳一郎(2000)『日本語教師のためのアクション・リサーチ』凡人社.
 ◇履修条件:
   2013年度に日本語教授法概論a、日本語教授法概論b の単位を修得し、春休みに行われた実習に参加していること。休学等によりその条件に当てはまらない場合には、担当教員に申し出ること。
 ◇成績評価:
   実習への取り組み方(60%)、授業参加度(出席状況と発表及び発言)(30%)、実習報告書(10%)によって評価する。


日本語教授法概論a
 ◇担当教員:鷲見幸美(前期、火3、文総609)
 ◇オフィス・アワー:水曜日3時限
◇目的・ねらい:
 日本語教授者としての基礎力を養い、自らの日本語教育観を育てることを目的とする。
◇授業内容:
 下記の文献及び関連文献の講読を基にし、それぞれのテーマについての理解と問題意識を、ディスカッションを通して高める。
 1. 「ことば・文化・教育—ことばと文化を結ぶ日本語教育をめざして—」(細川:2002)
 2. 「日本語教師のエンカレッジメントとディスカレッジメント」(尾崎:2002)
 3. 「何が学習されなければならないのか」(谷口:2002)
 4. 「言語習得に及ぼす個人差の影響」(大関:2010)
 5. 「日本語学習者と学習環境の相互作用をめぐって」(浜田(他):2006)
 6. 「コミュニカティブ言語教授法」(リチャーズ・ロジャース:2007)
 7. 「ポスト教授法時代」(リチャーズ・ロジャース:2007)
 8. 「学習者主体とは何か」(牲川:2002)
 9. 「ピア・ラーニングとは」(館岡:2007)
 10. 「必要なのはインプットかアウトプットか」(大関2010)
 11. 「文法を教えることに効果はあるのか」(大関:2010)
 12. 「教室で何ができるのか」(大関:2010)
 ◇教科書:
   指定しない。
 ◇参考文献:
   上記講読文献所収の書籍を挙げる。他の参考文献については、授業時に提示する。
   青木直子・尾崎明人・土岐哲(編)『日本語教育学を学ぶ人のために』世界思想社.
    [文献3:第一部(18-50頁)]
   池田玲子・館岡洋子(2007)『ピア・ラーニング入門—創造的な学びのデザインのために』ひつじ書房.
    [文献9:第3章(35-69頁)]
   大関浩美(2010)『日本語を教えるための第二言語習得入門』くろしお出版.
    [文献4:第9章・第10章(125-177頁)]
    [文献10:第5章(57-74頁)]
    [文献11:第6章(75-92頁)]
    [文献12:第7章(93-123頁)]
   国立国語研究所(編)(2006)『日本語教育の新たな文脈—学習環境、接触場面、コミュニケーションの多様性—』アルク.
    [文献5:第2章の一部(67-102頁)]
   ジャック・C・リチャーズ&シオドア・S・ロジャース(2007)『アプローチ&メソッド世界の言語教授・指導法』東京書籍.(Richards, J.C. and T.S. Rodgers(2001) Approaches and Methods in Language Teaching. Cambridge University Press.)
    [文献6:第14章(195-222頁)]
    [文献7:第19章(301-304頁)]
   細川英雄(編)(2002)『ことばと文化を結ぶ日本語教育』凡人社.
    [文献1:第1章(1-10頁)]
    [文献2:第12章(188-203頁)]
    [文献8:第2章(11-30頁)]
 ◇履修条件:
   特になし。
 ◇成績評価:
   授業の出席状況(10%)、講読文献の理解度とディスカッションでの発言(60%)、及び、学期末テスト(各30%)によって評価する。


日本語教授法概論b
 ◇担当教員:鷲見幸美(後期、火3、文総609)
 ◇オフィス・アワー:水曜日3時限
◇目的・ねらい:
 日本語教授者として「コミュニケーション教育」を実践するための基礎力を養うことを目的とする。
◇授業内容:
 1. 文献講読とディスカッションを通して、「コミュニケーション教育」についての理解と問題意識を高める。
  1)「コミュニケーション能力の育成」(尾崎:2006)
  2)「コミュニケーションのための日本語教育の方法」(品田:2012)
  3)「日本語のコミュニケーション教育を阻む要因」(徳井:2012)
  4)「日本語教師に求められるコミュニケーション能力」(嶋田:2012)
 2. コミュニケーション教育における文法指導のあり方を考える。
 3. コミュニケーション教育における学習目標とシラバスについて考える。
 4. 日本語の授業を見学する。
 5. 下記の課題に取組む。
  1)初級総合教科書分析
  2)会話教材分析
  3)ニーズ調査
  4)モデル会話の作成と利用
  5)ロール・プレイの設定と実施
  6)会話活動のデザインと教材作成
 ◇教科書:
   指定しない。
 ◇参考文献:
   尾崎明人・椿由起子・中井陽子(2010)『会話教材を作る』スリーエーネットワーク.
   岡崎敏雄・岡崎眸(1997)『日本語教育の実習理論と実践』アルク.
   岡崎敏雄・岡崎眸(2001)『日本語教育における学習の分析とデザイン』アルク.
   国際交流基金(2007)『話すことを教える』ひつじ書房.
   国立国語研究所(編)(2006)『日本語教育の新たな文脈—学習環境、接触場面、コミュニケーションの多様性—』アルク.[文献1所収]
   中井陽子(2012)『インターアクション能力を育てる日本語の会話教育』ひつじ書房.
   野田尚史(編)(2012)『日本語教育のためのコミュニケーション研究』くろしお出版.[文献2・3・4所収]
   山内博之(2005)『OPIの考え方に基づいた日本語教授法—話す能力を高めるために』ひつじ書房.
 ◇履修条件:
   ・前期に開講される日本語教授法概論aと合わせて履修することが望ましい。
   ・この科目の単位修得が、来年度の「日本語教育実習」参加の条件となるので、実習参加を希望している人は必ず履修すること。
   ・授業内外における課題への主題的取組み、受講生間の活発な交流を期待する。授業内外のグループワークにも積極的に参加すること。
 ◇成績評価:
   授業の出席状況(10%)、講読文献の理解度とディスカッションでの発言(20%)、及び、課題への取組みとその成果物(70%)によって評価する。


対照表現論演習 I a
 ◇担当教員:鷲見幸美(前期、金3、文総609)
 ◇オフィス・アワー:水曜日3時限
◇目的・ねらい:
 日本語の語彙研究、語彙習得研究を語彙指導に応用する力を養うことを目的とする。日本語の語彙研究、語彙習得研究の成果、及び、日本語教育における語彙指導・語彙学習の現状を整理・検討し、語彙指導の問題点を明らかにする。その上で、どのような指導が求められるか、どのような指導が可能かを考える。
◇授業内容:
 1. 日本語の語彙概説
 2. 日本語母語話者と日本語学習者の語彙使用実態
 3. 第一言語・第二言語の語彙習得の相違点
 4. 日本語の語彙習得に関する研究
 5. 日本語教育における語彙指導・語彙学習の現状と問題点:学習語彙と学習方法
 6. 日本語教育における語彙指導・語彙学習の現状と問題点:オノマトペと外来語
 7. 日本語教育における語彙指導・語彙学習の現状と問題点:複合語
 8. 日本語教育における語彙指導・語彙学習の現状と問題点:多義語
 9. 日本語教育における語彙指導・語彙学習の現状と問題点:類義語
 10. 日本語教育における語彙指導・語彙学習の現状の問題点:コロケーション
 11. 日本語教育における語彙指導・語彙学習の現状と問題点:日本語教授者の意識と分析力
 12. 英語教育における語彙指導・語彙学習
 13. 日本語教育における語彙指導・語彙学習再考
 ◇教科書:
   指定しない。
 ◇参考文献:
   秋元美晴(2002)『よくわかる語彙』アルク.
   今井むつ美・針生悦子(2007)『レキシコンの構築—子どもはどのように語と概念を学んでいくのか』岩波書店.
   門田修平(編著)(2003)『英語のメンタルレキシコン』松柏社.
   門田修平・池村大一郎(編著)(2006)『英語語彙指導ハンドブック』大修館書店.
   国際交流基金(2011)『文字・語彙を教える』ひつじ書房.
   斎藤倫明(編)(2002)『朝倉日本語講座4 語彙・意味』朝倉書店.
   斎藤倫明・石井正彦(2011)『これからの語彙論』ひつじ書房.
   玉村文郎(1984)『語彙の研究と教育(上)』(日本語教育指導参考書12)国立国語研究所.
   玉村文郎(1985)『語彙の研究と教育(下)』(日本語教育指導参考書13)国立国語研究所.
   玉村文郎(編)(1989)『講座日本語と日本語教育第6巻 日本語の語彙・意味(上)』明治書院.
   玉村文郎(編)(1990)『講座日本語と日本語教育第7巻 日本語の語彙・意味(下)』明治書院.
   畑佐一味・畑佐由起子・百儕正和・清水崇文(編)『第二言語習得研究と言語教育』くろしお出版、2-22.
   畑佐由起子(編)『第二言語習得研究への招待』くろしお出版、47-66.
   望月正道・相澤一美・投野由紀夫(2003)『英語語彙の指導マニュアル』大修館書店.
 ◇履修条件:
   後期に開講される対照表現論演習Ⅰbと合わせて履修することが望ましい。
 ◇成績評価:
   授業の出席状況(10%)、授業参加度(発表及び発言)(40%)、学期末課題(50%)によって評価する。


対照表現論演習 I b
 ◇担当教員:鷲見幸美(後期、金3、文総609)
 ◇オフィス・アワー:水曜日3時限
◇目的・ねらい:
 認知言語学の理論を日本語教育に応用する力を養うことを目的とする。認知言語学的プローチによる言語習得理論、ボトムアップ的な言語習得プロセスに注目した言語習得研究を概観する。その上で、認知言語学の考え方を日本語教育に応用した具体例を取り上げて検討し、今後の日本語教育、特に、語彙指導・語彙学習の可能性を探る。
◇授業内容:
 1. 応用認知言語学概説
 2. コア図式と語彙習得研究
 3. コア図式と語彙学習
 4. プロトタイプ理論と語彙習得研究
 5. プロトタイプ理論と語彙学習
 6. 使用依拠モデルに基づく言語習得論:ラネカーの動的使用依拠モデル
 7. 使用依拠モデルに基づく言語習得論:トマセロの第一言語習得モデル
 8. 使用依拠モデルに基づく言語習得論:第一言語としての日本語習得研究
 9. 使用依拠モデルに基づく言語習得論:第二言語としての日本語習得研究
 10. 認知言語学的アプローチによる日本語教育:事態把握
 11. 認知言語学的アプローチによる日本語教育:多義性
 12. 認知言語学的アプローチによる英語教育
 13. 認知言語学的アプローチによる語彙指導・語彙学習
 ◇教科書:
   指定しない。
 ◇参考文献:
   荒川洋平・森山新(2009)『日本語教師のための応用認知言語学』凡人社.
   池上嘉彦・守屋三千代(2009)『自然な日本語を教えるために—認知言語学をふまえて』ひつじ書房.
   今井隆夫(2010)『イメージで捉える感覚英文法—認知文法を参照した英語学習法—』開拓社.
   児玉一宏・野澤元(2009)『言語習得と用法基盤モデル』研究社.
   田中茂範・佐藤芳明(2006)『英語感覚が身につく実践的指導:コアとチャンクの活用』大修館書店.
   辻幸夫(編)(2013)『新編認知言語学キーワード事典』研究社.
   松田文子(2004)『日本語複合動詞の習得研究—認知意味論による意味分析を通して—』ひつじ書房.
   森山新(2008)『認知言語学から見た日本語格助詞の意味構造と習得 日本語教育に生かすために』ひつじ書房.
   森雄一・高橋英光(編)(2013)『認知言語学 基礎から最前線へ』くろしお出版.
   李在鎬・村尾治彦・淺尾仁彦・奥垣内健(2013)『認知音韻論・形態論』くろしお出版.
   Langacker, Ronald W. (2000) A dynamic usage-based model. In Michael B., and S. Kemmer (eds.) Usage-based models of language, CSLI Publications, 1-63.(坪井栄治郎(訳)(2000)「動的使用依拠モデル」坂原茂(編)『認知言語学の発展』ひつじ書房、61-143. )
   Littlemore, Jeannette(2009)Applying Cognitive Linguistics to Second Language Learning and Teaching. Palgrave Macmillan.
   Tomasello, Michael (2003)Constructing a Language : A Usage-Based Theory of Language Acquisition. Harvard University Press.(辻幸夫(他)訳(2008)『ことばをつくる—言語習得の認知言語学的アプローチ』慶応義塾大学出版会.)
 ◇履修条件:
   前期に開講される対象表現論演習Ⅰaと合わせて履修することが望ましい。
 ◇成績評価:
   授業の出席状況(20%)、授業参加度(20%)、学期末課題(60%)によって評価する。


対照表現論演習 II a
 ◇講義題目:日本語教育文法の基礎から応用まで
 ◇担当教員:杉村 泰(前期、金4、北棟201)
 ◇オフィス・アワー:水(9:00~10:30)
◇目的・ねらい:
 この授業では日本語と他言語とを対照しながら、日本語文法に関する基礎的理解力を身につけ、日本語教師として必要な応用力を養います。そのために次のことを目標とします。
 (1)日本語文法の基本概念を理解し、日本語教育へ応用する能力を身につける。
 (2)日本語の教育・研究者にとって必要な高度な日本語運用能力や日本語によるプレゼンテーション能力を身につける。
 (3)日本語学習者の誤用の原因を的確に「診断」し、処方する能力を身につける。
◇授業内容:
 この授業では日本語表現を材料にして、日本語教育に有効な文法教授法について議論し、日本語教育への応用力を養います。演習形式で行うため、授業中の積極的な発言や作業が期待されます。学期の前半は教員主体の授業によって教育文法の基礎的知識を身につけ、中~後半は受講生が自分に興味のあるテーマについて文献収集と分析を行って発表します。発表の際には一方的に自分の調べてきたことを話すのではなく、受講生同士が議論して考えを深め合うようにします。授業は以下のように進めます。(ただし、受講生の興味や関心に応じて臨機応変に変更することがあります。)

 (1)初回の授業ではこの授業の進め方についてガイダンスし、担当教員が発表の例を示します。学期の前半は担当教員による日本語の「文の構造」「格助詞」「動詞の自他」などに関する話題の提供を受けて、受講生同士いくつかのグループに分かれて議論します。
 (2)学期の中~後半は受講生が自分に興味のあるテーマについて発表します。発表に際しては、自分の調べてきたことを一方的に紹介するのではなく、演習形式で他の受講生に考えさせるようにします。
 (3)授業はすべて日本語で行います。担当者は担当回までに発表するテーマに関する先行研究を読み込み、パワーポイント(PPT)で発表のスライドを作成し、必要に応じて文法性判断テストなどを準備しておきます。授業では、担当者は議論の議長役となり、調べてきたことについて一方的に解説するのではなく、他の受講生に考えさせて活発な討論になるように促す役割を務めます。他の受講生も問題提起をしたり、自分の考えを表明したりして、日本語教育に有効な文法教授法について一緒に考えていきます。
 (4)最後に自分の担当したテーマに関して、授業でのディスカッションを通じて得た知見を加筆してレポート(PPT)を提出します。PPTは今後の日本語教育に役立てるものとして、受講生全員で共有します。
 ◇教科書:
   なし
 ◇参考文献:
   庵功雄『新しい日本語学入門』(スリーエーネットワーク)
   森篤嗣・庵功雄編『日本語教育文法のための多様なアプローチ』(ひつじ書房)
   その他必要に応じて授業中に紹介する。
 ◇履修条件:
   特にありませんが、日本語学に関連する基礎科目を履修していると理解しやすいです。
 ◇成績評価:
 (1)発表担当回の内容紹介がきちんとできていたか(内容の理解の正確さ、プレゼンテーションの適切さ):20%
 (2)授業中に積極的に議論に参加し、説得的に自分の意見が言えたか:30%
 (3)各自の発表内容をまとめたレポートが示唆的で理解しやすくまとめられていたか:50%
 (4)合計点60 点未満はD、60 点以上70 点未満はC、70 点以上80 点未満はB、80 点以上はAです。


対照表現論演習 II b
 ◇講義題目:日本語教育文法の基礎から応用まで
 ◇担当教員:杉村 泰(後期、金4、北棟201)
 ◇オフィス・アワー:火(9:00~10:30)
◇目的・ねらい:
 この授業では日本語と他言語とを対照しながら、日本語文法に関する基礎的理解力を身につけ、日本語教師として必要な応用力を養います。そのために次のことを目標とします。
 (1)日本語文法の基本概念を理解し、日本語教育へ応用する能力を身につける。
 (2)日本語の教育・研究者にとって必要な高度な日本語運用能力や日本語によるプレゼンテーション能力を身につける。
 (3)日本語学習者の誤用の原因を的確に「診断」し、処方する能力を身につける。
◇授業内容:
 この授業では日本語表現を材料にして、日本語教育に有効な文法教授法について議論し、日本語教育への応用力を養います。演習形式で行うため、授業中の積極的な発言や作業が期待されます。学期の前半は教員主体の授業によって教育文法の基礎的知識を身につけ、中~後半は受講生が自分に興味のあるテーマについて文献収集と分析を行って発表します。発表の際には一方的に自分の調べてきたことを話すのではなく、受講生同士が議論して考えを深め合うようにします。授業は以下のように進めます。(ただし、受講生の興味や関心に応じて臨機応変に変更することがあります。)

 (1)初回の授業ではこの授業の進め方についてガイダンスし、担当教員が発表の例を示します。学期の前半は担当教員による日本語の「動詞の自他」「複合動詞」「テンスとアスペクト」などに関する話題の提供を受けて、受講生同士いくつかのグループに分かれて議論します。
 (2)学期の中~後半は受講生が自分に興味のあるテーマについて発表します。発表に際しては、自分の調べてきたことを一方的に紹介するのではなく、演習形式で他の受講生に考えさせるようにします。
 (3)授業はすべて日本語で行います。担当者は担当回までに発表するテーマに関する先行研究を読み込み、パワーポイント(PPT)で発表のスライドを作成し、必要に応じて文法性判断テストなどを準備しておきます。授業では、担当者は議論の議長役となり、調べてきたことについて一方的に解説するのではなく、他の受講生に考えさせて活発な討論になるように促す役割を務めます。他の受講生も問題提起をしたり、自分の考えを表明したりして、日本語教育に有効な文法教授法について一緒に考えていきます。
 (4)最後に自分の担当したテーマに関して、授業でのディスカッションを通じて得た知見を加筆してレポート(PPT)を提出します。PPTは今後の日本語教育に役立てるものとして、受講生全員で共有します。
 ◇教科書:
   なし
 ◇参考文献:
   庵功雄『新しい日本語学入門』(スリーエーネットワーク)
   森篤嗣・庵功雄編『日本語教育文法のための多様なアプローチ』(ひつじ書房)
   その他必要に応じて授業中に紹介する。
 ◇履修条件:
   特にありませんが、日本語学に関連する基礎科目を履修していると理解しやすいです。
 ◇成績評価:
 (1)発表担当回の内容紹介がきちんとできていたか(内容の理解の正確さ、プレゼンテーションの適切さ):20%
 (2)授業中に積極的に議論に参加し、説得的に自分の意見が言えたか:30%
 (3)各自の発表内容をまとめたレポートが示唆的で理解しやすくまとめられていたか:50%
 (4)合計点60 点未満はD、60 点以上70 点未満はC、70 点以上80 点未満はB、80 点以上はAです。


辞書論a
 ◇講義題目:ヒトの特性:進化、認知、言語
 ◇担当教員:外池俊幸(前期、月3、北棟107)
 ◇オフィス・アワー:水(10:30~11:30)
◇目的・ねらい:
 本授業を開講する意義は、1950年代以降にでてきた新しく重要な研究動向で、現在も 盛んに研究されている、大きく認知科学(cognitve science)と呼ばれる研究動向の歴史と要点を理解することが、現在の科学、特に人間に関する科学の動向を理解する上で、必要であり、それを学ぶ機会を提供することである。
 言語を中心課題とするが、ヒトの特性を、広く認知科学、また進化の観点から理解すること.赤ちゃんの発達、言語学習、人間の身体の特徴、さらに、人が芸術を楽しむことについても問題として取り上げる予定。
◇授業内容:
 1.「教材心理学」という実験キットを使い、互いに実験を行う1
 2.「教材心理学」という実験キットを使い、互いに実験を行う2
 3.「教材心理学」という実験キットを使い、互いに実験を行う3
 4. 光の当たり方で対象が違って見えることを学ぶ
 5. 子供の絵の発達による変化について学ぶ
 6. 透視画法について学ぶ
 7. 赤ちゃんの発達について学ぶ
 8. 知覚の偏り、判断の偏りについて学ぶ
 9. 社会生活を営むことを、ヒトの進化という観点から考える
 10.言語の起原を考える
 11.素性とその値を使った、知識表現について学ぶ
 12.素性とその値を使った言語知識の表現方法について学ぶ
 13.受講生の発表1
 14.受講生の発表2
 15.受講生の発表3
 ◇教科書:
   特定の教科書は使わない。教材はこちらで指示する。
 ◇参考文献:
   授業時に適宜紹介する。
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   出席を重視する。5回欠席すると自動的に不可の評価 をする。できれば、欠席しないで、毎回出席するようにしてほしい。論文や文献を分担して内容の要点を発表することを担 当してもらうので、その評価も重要になる。最後に、個々の学生の人に自分で課題を設定してもら い、レポートを出してもらう、これも成績の重要な構成要素である。授業開始時には、授業内容を資料を用意して説明し、 前期、後期とも、三つから五つの項目に分けて、それぞれに関して、レポート、試験などで評価をして、それらをまとめて最後の評価とする。出席(欠席回数が多いと不可)、授業中の議論への参加態度および貢献度(30%)、口頭発表・レジュメ(30%)、最後のレポート(40%)


辞書論b
 ◇講義題目:認知科学の歴史とその概要
 ◇担当教員:外池俊幸(後期、火4、北棟107)
 ◇オフィス・アワー:火(13:00~14:00)
◇目的・ねらい:
 本授業を開講する意義は、1950年代以降にでてきた新しく重要な研究動向で、現在も 盛んに研究されている、大きく認知科学(cognitve science)と呼ばれる研究動向の歴史と要点を理解することが、現在の科学、特に人間に関する科学の動向を理解する上で、必要であり、それを学ぶ機会を提供することである。
 認知科学の歴史を概観することと、ヒトの言語について辞書を中心に考える。
◇授業内容:
 1. 認知科学の歴史1
 2. 認知科学の歴史2
 3. 認知科学の歴史3
 4. 生成文法入門1
 5. 生成文法入門2
 6. 句構造文法
 7. 移動や派生を仮定する生成文法と仮定しない枠組みの比較1
 8. 移動や派生を仮定する生成文法と仮定しない枠組みの比較2
 9. 論文を読む
 10. 言語の起源を進化の観点から考える1
 11. 言語の起源を進化の観点から考える2
 12. 言語の起源を進化の観点から考える3
 13. 受講生の最終発表1
 14. 受講生の最終発表2
 15. 受講生の最終発表3
 ◇教科書:
   特定の教科書は使わない。教材はこちらで用意する。
 ◇参考文献:
   授業時に紹介する。
 ◇履修条件:
   辞書論aを履修していることが望ましい。
 ◇成績評価:
   出席を重視する。5回欠席すると自動的に不可の評価 をする。できれば、欠席しないで、毎回出席するようにしてほしい。論文や文献を分担して内容の要点を発表することを担 当してもらうので、その評価も重要になる。最後に、個々の学生の人に自分で課題を設定してもら い、レポートを出してもらう、これも成績の重要な構成要素である。授業開始時には、授業内容を資料を用意して説明し、 前期、後期とも、三つから五つの項目に分けて、それぞれに関して、レポート、試験などで評価をして、それらをまとめ て最後の評価とする。出席(欠席が多いと不可)、授業中の議論への参加態度および貢献度(30%)、口頭発表・レジュメ(30%)、最後のレポート(40%)




応 用 言 語 学 講 座
応用言語学概論a
 ◇講義題目:言語類型論と対照言語学
 ◇担当教員:堀江 薫(HORIE, Kaoru)(前期、月2限、文系総合館623室)
 ◇オフィス・アワー:授業直後、ほか随時。メールによってアポイントメントを取ってください。
◇授業内容:
 <講義目的>
 本講義では機能類型論、認知類型論という分野の入門として、受講生のみなさんが以下の(1)~(3)を達成できることを目指します。
 (1)日本語の記述・理論言語学的研究、日本語と他言語との対照言語学的研究、日本語の習得・教授法に関する応用言語学的研究を遂行する「基礎力」が身につく。
 (2)具体的には、日本語が世界の言語の中でどのような形態・統語的な特徴を持っているかが他言語との比較を通じて正しく理解できる。
 (3)言語類型論の方法論と通言語的比較の手法に関する理解が深まる。
 <授業内容>
 (1)言語類型論という分野の全体像・方法論的な特徴・リサーチクエスチョンを最初に示します。
 (2)言語類型論という分野の歴史的展開と現状を示します。
 (3)言語類型論が日本語の文法研究にどのような洞察を与えてくれるかを述べます。
 (4)言語類型論と、隣接研究分野である対照言語学の類似点、相違点を示します。
 (5)言語類型論と認知言語学・機能言語学といった関連分野との接点について簡単に触れ、後期の「応用言語学概論b」の導入とします。
 ◇授業の進度等に関して
   初回の授業で詳しい進度を示したシラバスを配布します。
 ◇教科書:
   リンゼー・ウェイリ-『言語類型論入門―言語の普遍性と多様性―』(岩波書店)
 ◇参考文献:
   角田太作『世界の言語と日本語―言語類型論から見た日本語―』(くろしお出版)
   バーナード・コムリー『言語類型論と言語普遍性』(ひつじ書房)
   Croft, W. Typology and Universals (Cambridge UP, 2003)
   他に関連論文
 ◇履修条件:
   特になし。認知言語学関連の授業を合わせて受講することを勧めます。
 ◇成績評価方法・基準
   (1)レポート(85%)
   (2)授業参加(15%)


応用言語学概論b
 ◇講義題目:言語類型論から機能類型論さらに認知類型論へ
 ◇担当教員:堀江 薫(HORIE, Kaoru)(前期、月2限、文系総合館623室)
 ◇オフィス・アワー:授業直後、ほか随時。メールによってアポイントメントを取ってください。
◇授業内容:
 <講義目的>
 本講義では認知類型論および機能類型論という分野の入門として、受講生のみなさんが以下の(1)~(3)を達成できることを目指します。
 (1)言語類型論と認知言語学、機能言語学の融合的研究分野である「認知類型論」「機能類型論」の基本を理解した上で日本語の研究に応用し、応用言語学的研究を遂行する「基礎力」が身につく。
 (2)認知類型論、機能類型論の観点から、日本語が世界の言語の中でどのような形態・統語的な特徴を持っているかが他言語との比較を通じて正しく理解できる。
 (3)認知類型論および機能類型論の分析手法に関する理解が深まる。
 <授業内容>
 (1)認知類型論・機能類型論という分野の全体像・方法論的な特徴・リサーチクエスチョンを最初に示します。
 (2)言語類型論から機能類型論、認知類型論への歴史的展開と現状を示します。
 (3)認知類型論・機能類型論が日本語の文法研究にどのような洞察を与えてくれるかを述べます。
 ◇授業の進度等に関して
   初回の授業で詳しい進度を示したシラバスを配布します。
 ◇教科書:
   堀江薫・プラシャント・パルデシ(2009)『言語のタイポロジー:認知類型論のアプローチ』(研究社)
 ◇履修条件:
   特になし。「応用言語学概論a」を受講していることが望ましいですが取っていなくても大丈夫です。また、認知言語学関連の授業を受講することも勧めます。
 ◇成績評価:
   (1)レポート(85%)
   (2)授業参加(15%)


言語習得論a(言語統計学a)
 ◇講義題目:言語研究に用いられる統計的手法について
 ◇担当教員:井上 公(前期、水3、文総609)
 ◇オフィス・アワー:相談の内容と希望される日時を事前にメイルでお知らせ下さい。
◇目的・ねらい:
 演習・実習的科目として統計的手法に関する基本事項について概説する。各種の統計的手法がどの様な原理に基づいて成立しているかを解説する。数学的な知識を前提としない形式で講義する。なお、講義項目は英語表記になっていますが、解説は日本語で行います。 統計ソフトSPSS、STATAの利用法についても説明する。

◇授業内容:
 1. Correlation
 2. Regression
 3. Multiple regression
 4. Logistic regression
 5. Analysis of variance (ANOVA)
 6. Analysis of covariance (ANCOVA)
 7. Repeated measures ANOVA
 8. Multivariate analysis of variance (MANOVA)
 
 ◇教科書:
   なし。講義はすべてプロジェクターを使用して行う。
 ◇参考文献:
   Tabachnick and Fidell (2001) Using Multivariate Statistics, Allyn & Bacon.
 ◇履修条件:
   特になし。
 ◇成績評価:
   与えられた課題に対するレポート並びに授業での発表等で評価する。


言語習得論b(言語統計学b)
 ◇講義題目:言語研究に用いられる統計的手法について
 ◇担当教員:井上 公(後期、月4、文総623)
 ◇オフィス・アワー:相談の内容と希望される日時を事前にメイルでお知らせ下さい。
◇目的・ねらい:
 演習・実習的科目として統計分析手法について解説する。各種の統計的手法がどの様な原理に基づいて成立しているかを解説する。授業は、数学的な知識を前提としない形式で講義する。各種の統計的手法の説明と平行して、統計手法の応用的観点から、受講者が修論、博論の為に収集したデータに対して、どの様な統計的手法が可能かも検討する。なお、講義項目は英語表記になっていますが、解説は日本語で行います。
 統計ソフトSPSS、STATAの利用法についても説明する。

◇授業内容:
 1. Principal components analysis (PCA)
 2. Exploratory factor analysis
 3. Confirmatory factor analysis
 4. Structural equation modeling (SEM)
 ◇教科書:
   なし。講義はすべてプロジェクターを使用して行う。
 ◇参考文献:
   Schumacker and Lomax (2010) A Beginner’s Guide to Structural Equation Modeling, Routledge.
 ◇履修条件:
   特になし。
 ◇成績評価:
   与えられた課題に対するレポート並びに授業での発表等で評価する。


応用言語学特殊研究a
 ◇講義題目:日本語の副詞研究の展望
 ◇担当教員:奥田智樹(前期、金1、文総623)
 ◇オフィス・アワー:火(13:30~15:00)、金(10:30~12:00)またはメールで相談
◇目的・ねらい:
 日本語の副詞について、先行研究の系譜を踏まえてその機能上の特質を明らかにし、いかなる問題が存在するか、またそれに対していかなる分析のアプローチが可能であるかを探る。
◇授業内容:
 授業は一貫して最近の論文を素材とする演習形式で行い、受講者には毎週論文の内容に関連して担当教員が用意する設問に対する解答の提出、発表、およびそれらを踏まえた活発な議論が求められる。これらの作業を通じて、様々な論文を批判的に読みこなす応用力、および先行研究における問題点の発見を出発点として、新しい研究テーマの設定や考察に結び付けていく実践力が養われることとなろう。
 今期は陳述副詞と程度副詞の名詞修飾を中心に扱う予定である。主なトピックは次の通りだが、細部において受講者の希望に沿った形での変更もあり得る。
 1.副詞という品詞の浮動性
 2.主な文法学説における副詞の取り扱い
 3.副詞の下位分類
 4.連用修飾ということ
 5.副詞の呼応に関わる諸問題
 6. アスペクトの規定に関わる副詞
 7. モダリティの規定に関わる副詞
 8. 程度副詞の名詞修飾
 ◇教科書:
   なし。授業ではハンドアウトおよび論文のコピーを配布する。
 ◇参考文献:
   授業中に指示する。
 ◇履修条件:
   特になし。応用言語学特殊研究a(前期)とb(後期)は全く独立した内容ですので、どちらか一方のみの受講も歓迎します。
 ◇成績評価:
   毎週の設問に対する解答レポート(70%)、講読論文のレジュメ作成および発表(20%)、発言を含めた授業への貢献度(10%)。学期末のレポートや試験は一切課さないが、その分毎週の授業における取り組みを重視する。


応用言語学特殊研究b
 ◇講義題目:日本語の複合動詞研究の諸相
 ◇担当教員:奥田智樹(後期、金1、文総623)
 ◇オフィス・アワー:火(13:30~15:00)、金(10:30~12:00)またはメールで相談
◇目的・ねらい:
 日本語の様々な複合動詞の特質を観察することにより、日本語における語彙と文法の接点、さらには意味論と統語論の接点について探る。
◇授業内容:
 授業は一貫して最近の論文を素材とする演習形式で行い、受講者には毎週論文の内容に関連して担当教員が用意する設問に対する解答の提出、発表、およびそれらを踏まえた活発な議論が求められる。これらの作業を通じて、様々な論文を批判的に読みこなす応用力、および先行研究における問題点の発見を出発点として、新しい研究テーマの設定や考察に結び付けていく実践力が養われることとなろう。
 今期は語形成論との関連や他言語との対照研究にまで射程を広げる予定である。主なトピックは次の通りだが、細部において受講者の希望に沿った形での変更もあり得る。
 1. 複合動詞の結合条件と分類
 2. 複合動詞の自他
 3. 複合動詞と文法化
 4. 前項動詞/後項動詞と接頭辞/接尾辞・補助動詞との異同
 5. 後項動詞「~合う」「~直す」についての各論
 6. アスペクトの規定に関わる後項動詞
 7. 他言語との対照研究
 8. 複合動詞と複合名詞との対応
 ◇教科書:
   なし。授業ではハンドアウトおよび論文のコピーを配布する。
 ◇参考文献:
   授業中に指示する。
 ◇履修条件:
   特になし。応用言語学特殊研究a(前期)とb(後期)は全く独立した内容ですので、どちらか一方のみの受講も歓迎します。
 ◇成績評価:
   毎週の課題レポート(70%)、講読論文の口頭発表・レジュメ(20%)、発言を含めた授業への貢献度(10%)。学期末のレポートや試験は一切課さないが、その分毎週の授業における取り組みを重視する。




比 較 日 本 文 化 学 講 座
比較文化学原論a
 ◇講義題目:『明六雑誌』に見る明治初期知識人の近代化への模索(1)
 ◇担当教員:前野みち子(前期、月6、文総623)
 ◇オフィス・アワー:随時(メールで予約して下さい)
◇授業の目的:
 明治初期洋学知識人の近代化志向とその葛藤を時代背景と関連させて学ぶ。

◇授業の目標(ねらい):
 本授業は、比較文化学の方法とはどのようなものかについて、史料の分析、問題点に関する議論、レポートなどを通して理解し、その方法的基礎を身につけるとともに、各自のテーマに沿って比較文化学的な視座から研究をおこなう実践力を養うことを目的とする。

◇授業内容:
 明治六年に森有礼の発案によって成立した洋学知識人の啓蒙的文化団体〈明六社〉は、翌七年三月から『明六雑誌』を刊行する。この雑誌はわずか一年半ほどで廃刊になるが(明治八年十一月の第四十三号まで)、そこに掲載された論文の多彩なトピックは、まだ発足して間もない明治政府の政治的動揺のなかで、早くから洋学を学んだ開化知識人たちが日本の近代化をめざして何に注目し、何を摂取しようとしたのかを如実に物語っている。本授業では、この雑誌のトピックの広がりと掲載当時の政治的背景の連関に注目し、また旧幕府系統で同時代のジャーナリズム活動を牽引した漢学知識人たちの視座とも比較しながら、トピックごとに読み進め、近代化への初期的な歩みを分析していく。

 1.導入:明六社に集った洋学知識人たちとその立場
 2.ジャーナリズムの興隆と『明六雑誌』の位置
 3.トピックⅠ:民選議院についての議論⇔板垣らの「民選議院設立建白書」
 4.トピックⅡ:男女/夫婦同権について
 5.トピックⅢ:女性に関する言説
 6.トピックⅣ:内地雑居・内地旅行について
 7.トピックⅤ:国民教育と国語/用字問題について
 8.トピックⅥ:宗教と修身について
 9.トピックⅦ:開化を進める論(迷信・風俗など)について
 10.トピックⅧ:拷問論と刑法近代化について
 11.まとめ及びそれぞれのトピックに関するその後の展開を考える
 ◇テキスト:
   『明六雑誌』(全3冊)岩波文庫
   あるいは、『明六雑誌』(明治文化全集第五巻『雑誌篇』所収)
 ◇参考文献:
   福沢諭吉『西洋事情』/『学問のすゝめ』
   大久保利謙『明六社考』立体社
   戸沢行夫『明六社の人びと』築地書館
   ハーバート・ノーマン『日本における近代国家の成立』岩波文庫
   前野佳彦『近代日本研究の方法的基礎―ハーバート・ノーマンをモデルとするイデオロギー分析と演習―』武漢大学出版社
   岩波版『近代史年表』、その他、授業のなかで必要に応じて指示する。
 ◇履修条件:
   事前配付資料を熟読して授業に臨み、議論に積極的に参加すること。
   発表の際には自分自身の視座と論点を明らかにすること。
 ◇成績評価:
   発表内容(40%)、議論への参加度(20%)、学期末レポート(40%)


比較文化学原論b
 ◇講義題目:『明六雑誌』に見る明治初期知識人の近代化への模索(2)
 ◇担当教員:前野みち子(後期、月6、文総623)
 ◇オフィス・アワー:随時(メールで予約して下さい)
◇授業の目的:
 初期洋学知識人の近代化志向とその葛藤を時代背景と関連させて学ぶ。

◇授業の目標(ねらい):
 本授業は、比較文化学の方法とはどのようなものかについて、史料の分析、問題点に関する議論、レポートなどを通して理解し、その方法的基礎を身につけるとともに、各自のテーマに沿って比較文化学的な視座から研究をおこなう実践力を養うことを目的とする。

◇授業内容:
 明治六年に森有礼の発案によって成立した洋学知識人の啓蒙的文化団体〈明六社〉は、翌七年三月から『明六雑誌』を刊行する。この雑誌はわずか一年半ほどで廃刊になるが(明治八年十一月の第四十三号まで)、そこに掲載された論文の多彩なトピックは、まだ発足して間もない明治政府の政治的動揺のなかで、早くから洋学を学んだ開化知識人たちが日本の近代化をめざして何に注目し、何を摂取しようとしたのかを如実に物語っている。本授業では、この雑誌のトピックの広がりと掲載当時の政治的背景の連関に注目し、また旧幕府系統で同時代のジャーナリズム活動を牽引した漢学知識人の視座と比較しながら、トピックごとに読み進め、近代化への初期的な歩みを分析していく。

 1.導入:『明六雑誌』の時代背景と近代化への問題意識
 2.洋学者流と漢学者流
 3.トピックⅠ:政体について
 4.トピックⅡ:経済政策(経済振興策)について
 5.トピックⅢ:貨幣問題について
 6.トピックⅣ:保護貿易・自由貿易について
 7.トピックⅤ:自由について/公共について
 8.トピックⅥ:国法と政府・人民の関係について
 9.トピックⅦ:西学(洋学)について
 10.トピックⅧ:外国交際(万国公法/国際関係)について
 11.まとめ及びそれぞれのトピックに関するその後の展開を考える
 ◇テキスト:
   『明六雑誌』(全3冊)岩波文庫
   あるいは、『明六雑誌』(明治文化全集第五巻『雑誌篇』所収)
 ◇参考文献:
   福沢諭吉『西洋事情』/『学問のすゝめ』
   大久保利謙『明六社考』立体社
   戸沢行夫『明六社の人びと』築地書館
   ハーバート・ノーマン『日本における近代国家の成立』岩波文庫
   前野佳彦『近代日本研究の方法的基礎―ハーバート・ノーマンをモデルとするイデオロギー分析と演習―』武漢大学出版社
   岩波版『近代史年表』、その他、授業のなかで必要に応じて指示する。
 ◇履修条件:
   事前配付資料を熟読して授業に臨み、議論に積極的に参加すること。
   発表の際には自分自身の視座と論点を明らかにすること。
 ◇成績評価:
   発表内容(40%)、議論への参加度(20%)、学期末レポート(40%)


比較芸術論a
 ◇講義題目:「絵巻」を読む
 ◇担当教員:伊藤信博(前期、火4、北棟105)
 ◇オフィス・アワー:水(17:00~19:00)
◇目的・ねらい:
 かつて、美学の一領域においてのみ使用された「比較芸術」という表現は、現在では文化や分野を超える新たな領域研究の場として使用されている。この授業では、そのような文化の越境を考察する前段階として、日本で独自に発展し、洗練された表現を持つに至った絵巻から、ストーリーをどのように印象深く読み手に与えるか、さらに臨場感や演出法がどのような技術によって表現されているかを学ぶことで、文化を越境する比較芸術研究の第一歩とする基礎を学ぶ。また、これらの絵巻から発展した明治時代における絵入りの昔話にも着目し、絵巻の手法がどのように利用されているかも検討する。
◇授業内容:
 「絵巻」あるいは「絵巻物」は、横長の巻物に描かれる画とそれに対応する詞書からなる絵画作品である。これらの作品は、「物語絵巻」、「説話絵巻」、「合戦絵巻」、「縁起絵巻」、「経典絵巻」、「伝記絵巻」などに分類できる。授業では、これらの絵巻の代表的な作品を見ながら、鑑賞法、時間と空間展開、歴史資料としての価値などの解説を行う。そして、
 1.心理表現に関する技法
 2.俯瞰描写
 3.反復描写
 4.異時同図法
 5.音声の表現法
 6.画中詞の表現法
 などに区分し、絵巻全般の技法や遠近法、さらに歴史的に変化する表現技法、近世、近代に与えた影響などを探る。また、授業の中で、各自が興味を持つテーマにより発表を行う。
 ◇教科書:
   特になし
 ◇参考文献:
   『遠近法と絵画』、美術出版社
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   出席、レポート、発表評価など。
 ◇注意事項:
   発表は、二週間以上前にテーマやテキストを指示する。また、参加者全員が読む参考文献も、授業の経過のなかで適時指示する。発表後、発表内容に関する意見など、受講者が積極的に発言する機会を持とうと考えている。なお、学期中に、絵巻を実際に調査する機会を考えている。


比較芸術論b
 ◇講義題目:「江戸における生物描写」を読む
 ◇担当教員:伊藤信博(後期、火4、北棟105)
 ◇オフィス・アワー:水(17:00~19:00)
◇目的・ねらい:
 かつて美学の一領域において使用された「比較芸術」という表現は、現在では文化や分野を超える新たな領域研究の場として使用されている。しかしながら、多くの研究は、西洋美術との関係の中で生まれた近代日本美術やジャポニスム研究がその中心となっている。そこで、東アジアにおける文人画や写生などの伝統を踏まえた、江戸時代における画の伝統を学ぶことにより、そのような文化の越境を考察する前段階としての日本の画の独自性を考察し、文化を越境する比較芸術研究の基礎の第一歩とすることを目的とする。今学期の授業では、その中でも、特に「描かれる生物」にその中心を置き、江戸の絵画の独自性や「絵ものがたり」、さらに「宗教画」と融合した江戸時代の新たな絵画創造に着目する。
◇授業内容:
 生物を描く江戸の作品から、最初に「涅槃図」を取り上げ、涅槃図制作の歴史を中心に解説を行う。特に愛知県西来寺蔵「八相涅槃図」に描かれる動物や魚介類がどのような歴史的経緯から制作されたのかを分析する。そして、
 1.丸山応挙、伊藤若冲に見られる生物描写
 2.『十二類合戦絵巻』 について
 3.猫、犬、蟲の描かれ方
 4.魚介類の描かれ方
 5.博物学、物産学の発展と写実的な生物描写の関係性
 6.浮世絵に描かれる動物描写の技法
 などに区分し、江戸絵画全般の技法や時代区分に分けて、変化する表現技法、歴史分析なども行う。

 ◇教科書:
   特になし
 ◇参考文献:
   『遠近法と絵画』、美術出版社
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   出席、レポート、発表評価など。
 ◇注意事項:
   発表は、二週間以上前にテーマやテキストを指示する。また、参加者全員が読む参考文献も、授業の経過のなかで適時指示する。発表後、発表内容に関する意見など、受講者が積極的に発言する機会を持とうと考えている。なお、学期中に、西尾市岩瀬文庫で実際に博物学、物産学関連の画をみる機会を考えている。


比較文学論a
 ◇講義題目:『三四郎』から他の文学作品を考える
 ◇担当教員:渡辺美樹(前期、火2、文総609)
 ◇オフィス・アワー:金(10:30~12:00)
◇目的・ねらい:
 文学作品は文学的伝統の中で作られていくものであることを『三四郎』という具体例を通して理解することを目的とする。一つの作品は時代とともに異なる解釈を受け、さまざまに引用されていく。夏目漱石の『三四郎』やその『三四郎』が引用された『スプートニックの恋人』や『三四郎』に先行する『虞美人草』や前期三部作の次の作品『それから』を読み解くことでこの目標を達成する。実際の作品の分析を通して、文学作品が文学的伝統の中で作られていくものであることを理解できるようにする。
◇授業内容:
 まず『虞美人草』や『それから』を参照しながら『三四郎』を考察する。その後『スプートニックの恋人』を考察し、『三四郎』が持つ意味を探る。ただし受講者の人数等によって講義内容や講義方法を変える可能性もある。

 1. オリエンテーション
 2. 『三四郎』を読む
 3. 同上
 4. 同上
 5. 『虞美人草』の藤尾と『三四郎』の美禰子
 6. 『三四郎』の批評の現状
 7. 『それから』を読む
 8. 同上
 9. 『それから』の批評の現状
 10. 『それから』の代介と三四郎
 11. 『スプートニックの恋人』を読む
 12. 同上
 13. 同上
 14. 『スプートニックの恋人』の批評の現状
 15.  『スプートニックの恋人』からみた『三四郎』
 ◇教科書:
   なし
 ◇参考文献:
   授業中に指示する
 ◇履修条件:

 ◇成績評価:
   夏目漱石『虞美人草』の要旨 5%、夏目漱石『三四郎』の要旨 5%、夏目漱石『それから』の要旨 5%、村上春樹『スプートニックの恋人』の要旨 5%、期末レポート 80%


比較文学論b
 本授業科目は、今年度は開講されません。


日中比較文化論a
 ◇講義題目:古代日本と外来文化
 ◇担当教員:胡 潔(前期、木4、北棟107)
 ◇オフィス・アワー:木(16:30~17:30)
◇授業の目的:
 古代日本の文字表記、政治制度、文芸表象などの諸事象から、古代日本と外来文化の関係を探求する。主に古代日本と古代中国の文化的交渉の諸問題を取り扱うが、単に両国の文化の相違点を洗い出すのみならず、文化要素の流動、衝突、融合の過程を観察する方法を学ぶ。

◇授業の目標(ねらい):
 作品の背後にある社会状況、異文化との交流に注意しながら、テキストを正確に読解し、そこから問題を発見する能力を養う。参加者は一つのトピックに関する先行研究を事前に読み、その方法や発想を学びながら、自分の見解を提示できる力を身に付ける。古代日本の文化的特徴を理解するために不可欠な原典読解力と問題発見力、そして問題を解決する応用力を培うのがこの授業の目標である。

◇授業内容:
 今年度(aとb)では、日本最初の仏教説話集である『日本霊異記』を取り上げる。大和時代から平安時代を背景とするこの作品は漢文体で記されており、古代日本と外来文化の交渉を知る上で重要な史料となっている。漢籍や仏典の援用が多い一方で、当時の社会の状況をリアルに伝えているのが霊異記の魅力である。この作品には、様々な女性が描かれている。仏教を信心した女性の話がいくつも出ている一方、信心しない悪女も登場してくる。aでは、女性の話を中心に、①女の信心、②悪女の話の二つのトピックに分けて読みながら、当時の女性と信仰の問題について考える。テキストの輪読、講師によるレクチャー、参加者全員による討論を適宜組み合わせる。テキストは、注釈、現代語訳のあるものを使用する。
 1 イントロダクション:(1)
 2 『日本霊異記』上巻の序(2)(3)
 3 女の信心:上巻33(4)
   女の信心:上巻35(5)
   女の信心:中巻14(6)
   女の信心:中巻34(7)
   女の信心:中巻42(8)
 4 全員による討論(9)
 5 悪女の話:上巻24(10)
   悪女の話:下巻16(11)
   悪女の話:下巻26(12)(13)
 6 全員による討論(14)
 7 前期総括(15)
 ◇教科書:
   『新編日本古典文学全集 日本霊異記』小学館、一九九五年
 ◇参考文献:
   その都度配布する。
 ◇履修条件:
   受講希望者は「古代日本と外来文化B」を併せて取るのが望ましい。読むべき資料は予め配布するので、必ず予習してから授業に臨むこと。
 ◇成績評価:
   出席(30%)、授業態度(20%)、レポート(50%)


日中比較文化論b
 ◇講義題目:古代日本と外来文化
 ◇担当教員:胡 潔(後期、木4、全学棟北棟107)
 ◇オフィス・アワー:木(16:30~17:30)
◇授業の目的:
 古代日本の文字表記、政治制度、文芸表象などの諸事象から、古代日本と外来文化の関係を探求する。主に古代日本と古代中国の文化的交渉の諸問題を取り扱うが、単に両国の文化の相違点を洗い出すのみならず、文化要素の流動、衝突、融合の過程を観察する方法を学ぶ。

◇授業の目標(ねらい):
 作品の背後にある社会状況、異文化との交流に注意しながら、テキストを正確に読解し、そこから問題を発見する能力を養う。参加者は一つのトピックに関する先行研究を事前に読み、その方法や発想を学びながら、自分の見解を提示できる力を身に付ける。古代日本の文化的特徴を理解するために不可欠な原典読解力と問題発見力、そして問題を解決する応用力を培うのがこの授業の目標である。

◇授業内容:
 今年度(aとb)では、日本最初の仏教説話集である『日本霊異記』を取り上げる。大和時代から平安時代を背景とするこの作品は漢文体で記されており、古代日本と外来文化の交渉を知る上で重要な史料となっている。漢籍や仏典の援用が多い一方で、当時の社会の状況をリアルに伝えているのが霊異記の魅力である。この作品には、様々な家族の姿が描かれている。bでは、家族の話を中心に、①居住形態、②経済関係の二つのトピックに分けて読み、当時の家族のありかたと信仰の問題について考える。テキストの輪読、講師によるレクチャー、参加者全員による討論を適宜組み合わせる。テキストは、注釈、現代語訳のあるものを使用する。

 1 イントロダクション:(1)
 2 『日本霊異記』について(2)(3)
 3 居住形態:上巻31(4)
   居住形態:中巻3(5)
   居住形態:中巻20(6)
   居住形態:中巻27(7)
   居住形態:中巻33(8)
 4 全員による討論(9)
 5 経済関係:上巻10(10)
   経済関係:上巻23(11)
   経済関係:中巻15(12)
   経済関係:下巻4(13)
 6 全員による討論(14)
 7 後期総括(15)
 ◇教科書:
   『新編日本古典文学全集 日本霊異記』小学館、一九九五年
 ◇参考文献:
   その都度配布する。
 ◇履修条件:
   受講希望者は「古代日本と外来文化A」を併せて取るのが望ましい。資料は予め配布するので、必ず予習してから授業に臨むこと。
 ◇成績評価:
   出席(30%)、授業態度(20%)、レポート(50%)で評価する。


日韓比較文化論a
 ◇講義題目:韓流と日本社会
 ◇担当教員:浮葉正親(前期、火3、文総623)
 ◇オフィス・アワー:火曜日(14:30〜15:30)、金曜日(14:30〜15:30)
◇目的・ねらい:
 過去10年間の韓流体験を振り返り、韓流が日本社会に与えた衝撃や影響を社会学的な視点から考察する。この授業は演習形式で行い、素朴な興味や関心を研究の対象として定式化していく実践力を養うことを目的とする。
◇授業内容:
 1.「冬のソナタ」の衝撃:なぜ「ヨン様」だったのか
 2.日本における韓流の特徴:なぜ「江南スタイル」はヒットしなかったのか
 3.韓国に対する視線の変化:「ルックコリア」現象とは何か
 4.韓流と日流:日本と韓国における大衆文化受容の「越境」
 5.韓流とジェンダー:韓流は女性たちのものなのか
 6.嫌韓流:韓流への反作用を考える
 ◇教科書:
   なし。授業では参考文献のコピーを配布する。
 ◇参考文献:
   石田佐恵子・木村幹・山中千恵子編『ポスト韓流のメディア社会学』ミネルヴァ書房
   小倉紀蔵『韓流インパクト ルックコリアと日本の主体化』講談社
   北原みのり・朴順梨『奥様は愛国』河出書房新社
   クォン・ヨンソク『「韓流」と「日流」 文化から読み解く日韓新時代』NHKブックス
   水田宗子・長谷川啓・北田幸恵編『韓流サブカルチュアと女性』至文堂
   毛利嘉孝編『日式韓流 「冬のソナタ」と日韓大衆文化の現在』せりか書房
   安田浩一『ネットと愛国 在特会の闇を追いかけて』講談社
 ◇履修条件:
   特になし。日韓比較文化論bとは独立した科目なので、どちらか一方のみの受講も可。
 ◇成績評価:
   期末レポート(50%)、課題文献の発表とレジュメ(30%)、発言を含めた授業への貢献度(20%)


日韓比較文化論b
 ◇講義題目:日韓の巫俗(シャーマニズム)文化を比較する
 ◇担当教員:浮葉正親(後期、火3、文総623)
 ◇オフィス・アワー:火曜日(14:30〜15:30)、金曜日(14:30〜15:30)
◇目的・ねらい:
 宗教人類学のシャーマニズム研究の視点から、日韓の巫俗文化を比較する。特に、神霊とのコミュニケーションの方法や神意を伝達する宗教的職能者の社会的な位相の違いに注目する。この授業を通して、異文化を理解する柔軟な感性と複眼的な思考を養うことを目的とする。
◇授業内容:
 1.シャーマニズムと巫俗:用語の整理
 2.シャーマニズム研究の歴史:エリアーデの学説をめぐって
 3.日本の巫俗文化:祭りと「神がかり」
 4.韓国の巫俗文化:ムーダンとその儀礼(クッ)
 5.日本人研究者による韓国のシャーマニズム研究
 6.写真家・安世鴻氏の講演(予定)
 ◇教科書:
   なし。授業では参考文献のコピーを配布する。
 ◇参考文献:
   岡部隆志・斎藤英喜・津田博幸・武田比呂男『シャーマニズムの文化学』森話社
   小倉紀蔵・金容雲『お祭りと祝祭が出会うとき 日韓のまつり文化を比較して
   崔吉城『恨(ハン)の人類学』平河出版社
   野村伸一『巫(かんなぎ)と芸能のアジア 芸能者とは何をするのか』中公新書
   ミリチア・エリアーデ『シャーマニズム 古代的エクスタシー技術(上)(下)』ちくま学芸文庫
   ミハーイ・ホッパール『シャーマニズムの世界』青土社
 ◇履修条件:
   特になし。日韓比較文化論aとは独立した科目なので、どちらか一方のみの受講も可。
 ◇成績評価:
   期末レポート(50%)、課題文献の発表とレジュメ(30%)、発言を含めた授業への貢献度(20%)


比較日本文化学特論a
 ◇講義題目:『六条葵上物語』を読む
 ◇担当教員:伊藤信博(前期、金6、北棟105)
 ◇オフィス・アワー:水(17:00~19:00)
◇目的・ねらい:
 この御伽草子は、『源氏物語』における六条御息所と葵上の車争いの擬人化されたパロディであり、「六条」は蕎麦、「葵上」は干豆腐で、精進料理に盛りつけられる上下関係をめぐる争いの物語である。この物語に引用される『和漢朗詠集』や中国故事などの文学表現、同時代の料理書や本草学との関連などの指摘を通し、室町後期から江戸初期に制作された物語の豊かな創造性を、受講生と討論を通して、考察することを目的とする。
◇授業内容:
 愛知県にある明眼院から1977年の調査で見つかったこの御伽草子は、異類物に分類される物語である。しかしながら、食に関わるテーマとして、御伽草子の類似作品、謡曲・狂言、絵巻、仮名草子などと比較すると、料理の作り方なども描かれることから、一般的な異類物とは多少異なった様相を持つ作品である。この点を踏まえ、この物語を含めた食を扱う室町や江戸初期の物語全般を通し、室町から江戸時代への歴史的変化や都市化に至る環境変化に伴う人々の植物観、思想の変容がどのように起こっていったか、また物語がどのような思想から構想されたかを考察する。そこで、
 1.物語のモチーフの分類から見る類似の作品
 2.物語創作の背景
 3.記される食材の歴史的位置
 4.同時代の擬人化された物語との比較
 5.思想の変容考察
 などに区分し、この物語の成立や近世に与えた影響などを探る。また、授業の中で、各自が興味を持つテーマにより発表を行う。
 ◇教科書:
   特になし
 ◇参考文献:
   『精進魚類物語』
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   出席、レポート、発表評価など。
 ◇注意事項:
   発表は、二週間以上前にテーマやテキストを指示する。また、参加者全員が読む参考文献も、授業の中で適時指示する。発表後、発表内容に関する意見など、受講者が積極的に発言する機会を持とうと考えている。なお、学期中に、絵巻や奈良絵本などを実際に調査する機会を考えている。


比較日本文化学特論b
 ◇講義題目:『十二類絵巻』を読む
 ◇担当教員:伊藤信博(後期、金6、北棟105)
 ◇オフィス・アワー:水(17:00~19:00)
◇目的・ねらい:
 『十二類絵巻』は、『鴉(あ)鷺(ろ)合戦物語』、『精進魚類物語』などと同様に、初期の御伽草子を代表する作品で、異類物に属する物語である。薬師如来の眷属である十二種類の獣と狸が率いる軍団とが合戦する物語である。この物語に登場する動物を中心に当時の人々にとって、これらの動物がどのような位置にいたかを歴史背景に基づき考察することで、文学研究における歴史研究の重要性を考えたい。
◇授業内容:
 『十二類絵巻』を読み、十二支の動物とそれに属さない動物の種類の分析や各種動物たちの生態および叙述される故事や擬人化された名前の由来を検討する。さらに合戦場面の他作品との類似性や特異点、「狸」は変化(へんげ)が得意とされる理由、歴史的経緯の検討、物語に記される和歌、画中詞などから、この物語の構成を歴史的、文学的に考察する。具体的には、
 1.薬師如来と十二支の関係
 2.狸について
 3.物語において擬人化される動物
 4.十二類が野宿する場面における画と他作品の類似性の検討
 5.描かれる食
 6.『十二類歌合せ』との和歌の比較
 などの分析を授業中に行いながら、擬人化される動物が表す象徴性を考察する。また、授業の中で、各自が興味を持つテーマにより発表を行う。

 ◇教科書:
   特になし
 ◇参考文献:
   『鴉鷺合戦物語』、『精進魚類物語』
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   出席、レポート、発表評価など。
 ◇注意事項:
   発表は、二週間以上前にテーマやテキストを指示する。また、参加者全員が読む参考文献も、授業中に適時指示する。発表後、発表内容に関する意見など、受講者が積極的に発言する機会を持とうと考えている。なお、学期中に、『十二類歌合せ』を持つコレクターの家を訪れ、実際に実物に触れ、和歌を調査する機会を考えている。このコレクターには既に承諾を得ているため、授業中に、画像による検討も行う。




現 代 日 本 語 学 講 座
現代日本語学概論a
 ◇講義題目:認知言語学の基礎
 ◇担当教員:籾山洋介(前期、木・2、総609)
 ◇オフィス・アワー:火(13:00~14:30)
◇目的・ねらい:
 認知言語学の枠組みで現代日本語(特に意味と文法に関わること)を分析するための基礎力を身に付けることを目指す。特に、取り上げるのは、「認知言語学の基本的な考え方」「捉え方に基づく諸表現」「カテゴリーの伸縮」「百科事典的意味観」「概念メタファーの展開」などである。さらに、認知言語学の応用の一例として、「流行語」に対する認知言語学に基づく考察を取り上げる。この種の例を、提出を求めるレポートを作成する際の参考とし、認知言語学の方法を現代日本語の分析に応用する力を身に付けることを目指す。以上のように、この授業の最終的な目標(ねらい)は、認知言語学に基づく現代日本語の研究のための基礎力と応用力を身に付けることである。
◇授業内容:
 1)導入
 2)認知言語学の基本的な考え方(1)
 3)認知言語学の基本的な考え方(2)
 4)1つの事態に対する多様な捉え方
 5)視点と焦点の転換
 6)カテゴリーの伸縮とシネクドキー
 7)文法化
 8)百科事典的意味の射程(1)
 9)百科事典的意味の射程(2)
 10)概念メタファー
 11)プラマイリー・メタファー
 12)メンタル・スペース
 13)ブレンディング理論
 14)流行語の認知言語学(1)
 15)流行語の認知言語学(2)
 ◇教科書:
   授業の初回に、授業内容の全項目に対応する「概説資料」を配布する。
 ◇参考文献:
   参考文献は授業の際に提示する。
 ◇履修条件:
   上記の「概説資料」を熟読して授業に臨むこと。また、認知言語学の基礎知識が十分でない人は、授業と平行して、前期の間に最低限以下の文献を読むこと。
    籾山洋介(2002)『認知意味論のしくみ』研究社
    籾山洋介(2006)「1-8.認知言語学」、『言語科学の百科事典』、pp.157-177、丸善株式会社
    籾山洋介(2010)『認知言語学入門』研究社
 ◇成績評価:
   1.授業への貢献度(平常点)[30%]
   2.レポート(2回):課題等の詳細は後日知らせる/1回目[30%]、2回目[40%]


現代日本語学概論b
 ◇講義題目:多義語の分析
 ◇担当教員:籾山洋介(木・2、総609)
 ◇オフィス・アワー:火(13:00~14:30)
◇目的・ねらい:
 現代日本語の重要な研究対象の1つである「多義語」を取り上げ、分析できるようになることを目指す。前期の授業で身に付けた認知言語学の基礎力を踏まえた応用編と位置付けられる。具体的には、まず、認知言語学の応用力の1つとして、多義語分析の方法について学ぶ。そのうえで、現代日本語の具体的な語の分析に取り組み、実践力を身に付ける。以上のように、この授業の最終的な目標(ねらい)は、認知言語学に基づく多義語分析の応用力と実践力を身に付けることである。
◇授業内容:
 1)導入
 2)多義語とは
 3)多義語分析の課題
 4)多義語分析の方法(1):プロトタイプ的意味の認定
 5)多義語分析の方法(2):複数の意味の関連の認定
 6)多義語分析の方法(3):複数の意味を統括するモデル
 7)受講者による前期提出のレポートに基づく発表と議論(1)
 8)受講者による前期提出のレポートに基づく発表と議論(2)
 9)受講者による前期提出のレポートに基づく発表と議論(3)
 10)受講者による前期提出のレポートに基づく発表と議論(4)
 11)受講者による多義語分析の発表と議論(1)
 12)受講者による多義語分析の発表と議論(2)
 13)受講者による多義語分析の発表と議論(3)
 14)受講者による多義語分析の発表と議論(4)
 15)受講者による多義語分析の発表と議論(5)
 ◇教科書:
   籾山洋介(2001)「多義語の複数の意味を統括するモデルと比喩」、山梨正明他編『認知言語学論考』No.1、 pp.29-58、ひつじ書房
   松本曜編(2003)『認知意味論』大修館書店(特に、「第3章 意味の拡張」「第4章 多義性」)
   籾山洋介(2012)「多義語における統合的関係と多義的別義の関係」、『名古屋大学 日本語・日本文化論集』19、pp.67-87
 ◇参考文献:
   参考文献は授業の際に提示する。
 ◇履修条件:
   原則として、「現代日本語学概論a」を受講していること。そうでない人は、「現代日本語学概論a」の内容と同等の知識を有していること。
 ◇成績評価:
   1)授業への貢献度(発表・平常点)[40%]
   2)レポート(1回)[60%]:授業で「多義語分析」について発表した受講者は、その内容をまとめればよい。


日本語音声学a
 ◇講義題目:日本語分節音の音声的特徴について
 ◇担当教員:鹿島 央(前期、木5、文系総合館609)
 ◇オフィス・アワー:毎週月曜日16時から 留学生センター棟 4階 404研究室
◇目的・ねらい:
 様々な言語を母語とする日本語学習者の音声上の特徴が分析できるようになるための音声学的知識と運用力の養成を目的とする。前期は、単音レベルを音声学的に考察した上で、いろいろな言語を母語とする日本語学習者の音声上の問題点が分析でき、国際音声字母による表記ができる力を養成する。
◇授業内容:
 1-2. 総論
 3. 音声教育の必要性
 4-11. 分節的特徴
 1)破裂音 2)破擦音 3)摩擦音 4)接近音 5)鼻音 6)ふるえ音 7)弾音 8)その他の調音
 12. 音声表記について
 13-15. 学習者の問題点について
 ◇教科書:
   「なし」
 ◇参考文献:
  ・Catford, J.C.(1988) A Practical Introduction to Phonetics. Oxford Univ. Press.
  ・Ladefoged, P. & K. Johnson (2011) A Course in Phonetics. Wadsworth.
  ・Laver, J.(1994) Principles of phonetics, Cambridge Univ. Press.
  ・Vance, T.J.(2008) The Sounds of Japanese, Cambridge Univ. Press.
  ・神山五郎、戸塚元吉共訳(1990)『話しことはの料学』東京大学出版会
  ・斎藤純男(1997)『日本語音声学入門』三省堂
  ・鹿島 央(2002)『日本語教育をめざす人のための基礎から学ぶ音声学』スリーエーネットワーク
 ◇履修条件:
   「特になし」
 ◇成績評価:
   出席10% 参加度10% 授業内での課題30% 最終レポート50%


日本語音声学b
 ◇講義題目:日本語の韻律的特徴と音声教育の方法について
 ◇担当教員: 鹿島 央(後期、木5、文系総合館609)
 ◇オフィス・アワー:毎週月曜日16時から 留学生センター棟4階 404研究室
◇目的・ねらい:
 様々な言語を母語とする日本語学習者の音声上の特徴が分析できるようになるための音声学的知識と運用力の養成を目的とする。後期は、韻律レベルに関わる様々な現象を考察し、「高さ、長さ、大きさ、音質」のコントロールが日本語学習者の音声にどのような影響を与えているのかを、実例をもとに分析し、音声教育の可能性について議論する。その上で、日本語学習者の韻律レベル上の特徴を分析できる力と音声教育のカリキュラムデザインができる力を養成する。
◇授業内容:
 1-2. 総論
 3. 音節
 4-5. リズム
 6-7. アクセント
 8-9. イントネーション
 10-11. プロミネンス,ポーズ,その他
 12-15. 韻律教育について
 ◇教科書:
   「なし」
 ◇参考文献:
  ・Ladefoged, P.(2003) Phonetic Data Analysis : an introduction to fieldwork and instrumental techniques. Blackwell.
  ・Wells,J.C.(2006)English Intonation. Cambridge Univ. Press.
  ・Vance, T.J.(2008) The Sounds of Japanese, Cambridge Univ. Press.
  ・神山五郎、戸塚元吉共訳(1990)『話しことはの料学』東京大学出版会
  ・斎藤純男(1997)『日本語音声学入門』三省堂
  ・鹿島 央(2002)『日本語教育をめざす人のための基礎から学ぶ音声学』スリーエーネットワーク
 ◇履修条件:
   「特になし」
 ◇成績評価:
   出席10% 参加度10% 授業内での課題30% 最終レポート50%


日本語文法論a
 ◇講義題目:日本語文法教育論
 ◇担当教員:李 澤熊(前期、金・2、総609)
 ◇オフィス・アワー:金(9:00~10:00)国際言語センター棟4階406研究室
       (TEL:789-4189(研究室)、E-mail:leetack@ecis.nagoya-u.ac.jp)
◇授業内容:
<講義目的>
 本講義では、現代日本語の文法にかかわるトピックを取りあげ、具体例をあげながら分析・考察する。特に機能語(助詞)とモダリティ表現を中心に詳しく論じる。また、各種テキストや文法解説書などの記述を踏まえ、より適切な文法記述を提案し、文法教育への効果的な応用、実用的な文法指導の方法を探る。
<講義内容>
 1)~4)
  ・助詞(相当句)について
  ・「は」と「が」の問題
 5)~8)
  ・「場所を・場所に・場所から」
  ・「人と・人と一緒に/人と・人に」
  ・「ごろ・ぐらい・ほど」
  ・「だけ・しか・ばかり」等
 9)~11)
  モダリティ表現表現
  ・「~と思う・~つもりだ・~予定だ」
  ・「~しなければならない・~べきだ・~ざるを得ない・~ずにはいられない」
  ・「~そうだ・~と言っていた・~って」等
 12)~15)
  ・クラス発表/討論会
 ◇教科書:
   ハンドアウトを配布する
 ◇参考文献:
   国立国語研究所(1978,1981)『日本語の文法 上・下』
   近藤安月子・姫野伴子(2012)『日本語文法の論点43』研究社
   高見健一(2011)『受身と使役』開拓社
   寺村秀夫(1982,1984)『日本語のシンタクスと意味Ⅰ・Ⅱ』くろしお出版
   仁田義雄(2007)『日本語の文法カテゴリをめぐって』ひつじ書房
   仁田義雄(2010)『日本語文法の記述的研究を求めて』ひつじ書房
   日本語記述文法研究会編(2003~2010)『現代日本語文法①~⑥』くろしお出版
   野田尚史(1991)『はじめての人の日本語文法』くろしお出版
   野田尚史(1996)『「は」と「が」』くろしお出版
   野田尚史(2005)『コミュニケーションのための日本語教育文法』くろしお出版
   益岡隆志・田窪行則(1992)『基礎日本語文法-改訂版-』くろしお出版
   益岡隆志(1993)『24週日本語文法ツアー』くろしお出版
   宮島達夫・仁田義雄(編)(1995)『日本語類義表現の文法 上・下』くろしお出版
   森篤嗣・庵功雄(2011)『日本語文法教育のための多様なアプローチ』ひつじ書房
   森山卓郎(2000)『ここからはじまる日本語文法』ひつじ書房
   森田良行(2002)『日本語文法の発想』ひつじ書房
   高橋太郎(2003)『動詞九章』ひつじ書房
   村田美穂子編(2005)『文法の時間』至文堂
   その他の参考文献は、必要に応じて授業中に紹介する
 ◇授業方法:
   講義、クラス発表・討論、文献講読
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   授業への参加度(20%)、口頭発表(30%)、レポート(50%)
   ※欠席回数が多いと不可
 ◇その他:
   日本人にとって日本語は無意識のうちに身につけた、いわゆる「母語」である。つまり、空気と同じように存在しないのと同様なものだと考えられる。だから、日常の意識ではそもそも問題にならないわけだし、当たり前のことをわざわざ問題にするということも普通はしないと考えられる。しかし、日本語教育学の世界ではその当たり前のようなことがたびたび問題になったりする。普段日本人がなかなか気づきにくい日本語の様々な現象に気づくということはこの学問分野では非常に大切なことである。そういった現象に気づくためには、日本語を客観的な立場から観察する力を身につける必要がある。そういったことを常に念頭におきながら日本語に接してほしい。


日本語文法論b
 ◇講義題目:日本語文法教育論
 ◇担当教員:李 澤熊(後期、金・2、総609)
 ◇オフィス・アワー:金(9:00~10:00)国際言語センター棟4階406研究室
       (TEL:789-4189(研究室)、E-mail:leetack@ecis.nagoya-u.ac.jp)
◇授業内容:
<講義目的>
 本講義では、現代日本語の文法にかかわるトピックを取りあげ、具体例をあげながら分析・考察する。特にテンス・アスペクトとヴォイスを中心に詳しく論じる。また、各種テキストや文法解説書などの記述を踏まえ、より適切な文法記述を提案し、文法教育への効果的な応用、実用的な文法指導の方法を探る。
<講義内容>
 1)~4)
  ・テンスについて
  ・アスペクトについて
 5)~8)
  主なテンス・アスペクト表現
  ・「ておく・てみる・てしまう」
  ・「ている・し続ける・しつつある」
  ・「てから・あと(で)・まえ(に)・とき」
  ・「しはじめる・しかける・しだす」「ところだ・ばかりだ」等
 9)~11)
  日本語教育のための文法
  ・受身表現の問題
  ・使役/使役受身表現の問題
 12)~15)
  ・クラス発表/討論会
 ◇教科書:
   ハンドアウトを配布する
 ◇参考文献:
   国立国語研究所(1978,1981)『日本語の文法 上・下』
   近藤安月子・姫野伴子(2012)『日本語文法の論点43』研究社
   高見健一(2011)『受身と使役』開拓社
   寺村秀夫(1982,1984)『日本語のシンタクスと意味Ⅰ・Ⅱ』くろしお出版
   仁田義雄(2007)『日本語の文法カテゴリをめぐって』ひつじ書房
   仁田義雄(2010)『日本語文法の記述的研究を求めて』ひつじ書房
   日本語記述文法研究会編(2003~2010)『現代日本語文法①~⑥』くろしお出版
   野田尚史(1991)『はじめての人の日本語文法』くろしお出版
   野田尚史(1996)『「は」と「が」』くろしお出版
   野田尚史(2005)『コミュニケーションのための日本語教育文法』くろしお出版
   益岡隆志・田窪行則(1992)『基礎日本語文法-改訂版-』くろしお出版
   益岡隆志(1993)『24週日本語文法ツアー』くろしお出版
   宮島達夫・仁田義雄(編)(1995)『日本語類義表現の文法 上・下』くろしお出版
 森篤嗣・庵功雄(2011)『日本語文法教育のための多様なアプローチ』ひつじ書房
   森山卓郎(2000)『ここからはじまる日本語文法』ひつじ書房
   森田良行(2002)『日本語文法の発想』ひつじ書房
   高橋太郎(2003)『動詞九章』ひつじ書房
   村田美穂子編(2005)『文法の時間』至文堂
   その他の参考文献は、必要に応じて授業中に紹介する
 ◇授業方法:
   講義、クラス発表・討論、文献講読
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   授業への参加(20%)、口頭発表(30%)、レポート(50%)
   ※欠席回数が多いと不可




日 本 語 教 育 方 法 論 講 座
日本語教育評価論a
 ◇講義題目:日本語教育におけるテストと評価
 ◇担当教員:村上京子(前期、水2、文総623)
 ◇オフィス・アワー:火曜13:00-14:30
◇目的・ねらい:
 教育評価に関する基本的な知識を身につけ,日本語教育の現場で役立つ評価技術を獲得する。実施した評価の結果の分析からその評価の質を検討し、その評価が学習者に及ぼす影響について考察する。テストを使う評価のほかテストを使わない評価の方法についても実践できるようにする。
◇授業内容:
 1. 日本語教育における評価の目的とテストの種類・形式
 2.achievement test と proficiency test について
 3.評価の基準とシラバス
 4.テストの開発・改訂
 5.テスト結果の記述(平均・標準偏差・偏差値etc.)
 6.SP表を作る
 7.相関係数の意味とその利用
 8.項目分析
 9.テストの信頼性と妥当性
 10.テストの波及効果
 11. テストとカリキュラム
 12.ディスカッション
 13.世界の言語評価1
 14.世界の言語評価2
 15.ディスカッション
 ◇教科書:
   関正昭・平高史也編 村上京子他著2013「テストを作る」スリーエーネットワーク
 ◇参考文献:
   村上京子 2002 「日本語能力を評価する」「テスト改善に役立つ技法」『日本語教育の心理学』新曜社
   Heaton,B. 1988 Writing English Language Tests, Longman Group UK Limited. (ヒートン著、語学教育研究所テスト研究グループ訳 1992 コミュニカティブ・テスティング 研究社)
   Bachman L. F. & Palmer A.S. 1996 Language Testing in Practice (バックマン他著 大伴訳 言語テスト作成法 大修館書店)
   Brown,J.D. 1996 Testing in Language Programs, Prentice Hall (J.D.ブラウン著 和田稔訳 1999 言語テストの基礎知識 大修館書店)
   日本語教育学会編 1991 『日本語テストハンドブック』大修館書店
   佐藤慎司,熊谷由理編 2010『アセスメントと日本語教育』くろしお出版
   Council of Europe (2001) Common European Framework of Reference for Language Learning, teaching, assessment, Cambridge: Cambridge University Press.(吉島茂・大橋理枝他訳編 2004『外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠』朝日出版社)
   国際交流基金『学習を評価する』ひつじ書房
 ◇履修条件:
   特になし
 ◇成績評価:
   授業中の議論への参加態度およびパフォーマンス 50%、レポート・演習問題 50%


日本語教育評価論b
 ◇講義題目:日本語教育におけるパフォーマンス評価
 ◇担当教員:村上京子(後期、水2、文総623)
 ◇オフィス・アワー:火曜13:00-14:30
◇目的・ねらい
 日本語教育におけるパフォーマンステストの作成・分析に関する基本的な知識を身につけ,日本語教育の現場で役立つ評価技術を獲得する。評価の基準および評価方法を策定し、実際に日本語学習者を対象に話す評価や書く評価を実施し、その分析を通して、みずからテストをデザインし、実施できる応用力を養成する。
◇授業内容:
 1.話す能力の評価の理論と評価1
 2.話す能力の評価の理論と評価2
 3.話す能力の評価の理論と評価3
 4.書く能力の評価の理論と評価1
 5.書く能力の評価の理論と評価2
 6.書く能力の評価の理論と評価3
 7.テスト・デザインの作成1
 8.テスト・デザインの作成2
 9.テストの作成
 10.テストの実施1
 11.テストの実施2
 12.テスト結果の分析1
 13. テスト結果の分析2
 14.テスト結果の分析発表
 15.ディスカッション
 ◇教科書:
   関正昭・平高史也編 村上京子他著2013「テストを作る」スリーエーネットワーク
 ◇参考文献:
   Downing, S. M. & Haladyna, T. M. (Eds.) 2006 Handbook of test development, Lawrence Erlbaum Associates, Inc, (池田央監訳2009『テスト作成ハンドブック』(株)教育測定研究所)
   Luoma,S. 2004 assessing Speaking, Cambridge University Press
   McNamara, T. 2000 Language Testing, Oxford University Press. (伊東祐郎他訳 言語テスティング概論 スリーエーネットワーク)
   Heaton,B. 1988 Writing English Language Tests, Longman Group UK Limited. (ヒートン著、語学教育研究所テスト研究グループ訳 1992 コミュニカティブ・テスティング 研究社)
   Bachman L. F. & Palmer A.S. 1996 Language Testing in Practice (バックマン他著 大伴訳 言語テスト作成法 大修館書店)
 ◇履修条件:
   日本語教育評価論aを履修していること。
 ◇成績評価:
   講読論文の口頭発表・レジュメ(20%)、授業中の議論への参加態度およびパフォーマンス(20%)、評価・分析の口頭発表・レジュメ(20%)、レポート(40%)


コンピューター支援日本語教育方法論a
 ◇講義題目:CALL教材の評価、分析及び開発
 ◇担当教員:石崎俊子(前期、木3、留学生センター402)
 ◇オフィス・アワー:水と金(13:00-14:00) またはメールで相談
◇講義目的:
 現存のコンピュータ支援日本語学習教材を分析及び実践の計画を立てることによりコンピュータ教材の本質を知り、教材の動画の企画、撮影、編集を通してマルチメディア教材開発の能力を得ることが出来る。
◇授業内容:
 1.授業の説明
 2.CALL教材の評価1
 3.CALL教材の評価2
 4.CALL教材を基にした教案作り
 5.動画の内容についてディスカッション
 6.動画のスクリプトの作成1
 7.動画のスクリプトの作成2
 8.動画の絵コンテの作成
 9.動画の絵コンテの作成、撮影の準備
 10.撮影
 11.編集1
 12.編集2
 13.編集3
 14.編集4
 15.発表と評価
 ◇教科書:
   なし
 ◇参考文献:
   必要に応じて紹介
 ◇履修条件:
   コンピューター操作とワープロソフトの基本的な知識+技能が必要
 ◇成績評価:
   授業、プロジェクトへの参加態度およびパフォーマンス(40%)、プロジェクト(60%)から総合的に評価します。プロジェクトは指定された日までに指定された形式で提出すること。遅れると減点されます。


コンピューター支援日本語教育方法論b
 ◇講義題目:CALL教材の評価、分析及び開発
 ◇担当教員:石崎俊子(後期、木3、留学生センター402)
 ◇オフィス・アワー:水と金(13:00-14:00) またはメールで相談
◇講義目的:
 WWWとパワーポイント及びソフトウエアを利用した教材作成の方法を学び、その知識を駆使してコンピュータ支援日本語学習教材の開発を行う。どのような場合にどのような媒体をどのように利用すれば効果的な教材を開発することができるかという能力を得ることが出来る。
◇授業内容:
 1.WWWによる教材作成1
 2.WWWによる教材作成2
 3.WWWによる教材作成3
 4.WWWによる教材作成4
 5.WWWによる教材作成 発表と評価
 6.パワーポイントによる教材作成1
 7.パワーポイントによる教材作成2
 8.マルチメディア教材作成(音声)
 9.パワーポイントによる教材作成3
 10.パワーポイントによる教材作成4
 11.パワーポイントによる教材作成 発表と評価
 12.プロジェクト1
 13.プロジェクト2
 14.プロジェクト3
 15.プロジェクト発表
 ◇教科書:
   なし
 ◇参考文献:
   必要に応じて紹介
 ◇履修条件:
   コンピューター操作とワープロソフトの基本的な知識+技能が必要
 ◇成績評価:
   授業、プロジェクトへの参加態度およびパフォーマンス(20%)、プロジェクト3つ(80%)から総合的に評価します。プロジェクトは指定された日までに指定された形式で提出すること。遅れると減点されます。


日本語教育方法論概説a
 ◇講義題目:課題遂行過程の分析
 ◇担当教員:衣川隆生(前期、木1、文系総合館609)
 ◇オフィス・アワー:木(10:30〜12:00)
◇目的・ねらい:
 読解、作文などの課題遂行能力を向上させるための教育方法を考える際の基礎となる課題遂行過程に焦点を当て、その課題遂行ストラテジーと成果に影響を与える要因を理解する。さらに、受講者が資料分析を実践し、課題遂行過程を分析する手法を身につける。
◇授業内容:
 1. オリエンテーション
 2. 課題遂行過程と課題遂行ストラテジー
 3. 課題遂行に影響を与える要因と成果
 4. プロトコル分析の手法
 5. 調査・分析方法の検討
 6. 調査・分析の実施
 7. 調査・分析結果の検討
 ◇参考文献:
   下記の資料以外にも、講義で適宜紹介する。
   石橋玲子(2012)『第2言語による作文産出の認知心理学的研究—学習者主体の言語教育のためにー』風間書房
   海保博之・原田悦子(1993)『プロトコル分析入門—発話データから何を読むか』新曜社
   館岡洋子(2005)『ひとりで読むことからピア・リーディングへ-日本語学習者の読解過程と対話的協働学習』東海大学出版
 ◇履修条件:
   事前課題に基づく資料購読と課題提出を行う。授業では事前課題に基づく話し合いを中心に進める。後半は受講者による調査により課題遂行過程を分析するための資料収集、分析、レポート作成を協働で行う。グループ・ワークに積極的に参加すること。
 ◇成績評価:
   課題(40%)、最終レポート(20%)、ふりかえりシート(20%)、授業時の参加度(20%)


日本語教育方法論概説b
 ◇講義題目:協働を取り入れた学習過程の分析
 ◇担当教員:衣川隆生(後期、木1、文系総合館609)
 ◇オフィス・アワー:木(10:30〜12:00)
◇目的・ねらい:
 学習者主体の教育方法を考える際の基礎となる協働、対話、自律に焦点を当て、教育の目的とその実践研究の手法を理解する。さらに、授業実践で得られた資料分析を受講者が実践し、相互行為、対話を分析する手法を身につける。
◇授業内容:
 1. オリエンテーション
 2. 能力観・習得観・教育観のパラダイムシフト
 3. 教育環境空間の設計・設定
 4. 実践研究とは
 5. 協働活動・対話分析の手法
 6. 調査・分析方法の検討
 7. 調査・分析の実施
 8. 調査・分析結果の検討
 ◇参考文献:
   下記の資料以外にも、講義で適宜紹介する。
   海保博之・原田悦子(1993)『プロトコル分析入門—発話データから何を読むか』新曜社
   佐々木倫子(2006)「パラダイムシフト再考」『日本語教育の新たな文脈—学習環境、接触場面、コミュニケーションの多様性』アルク, p.259-283.
   西口光一(2005)『文化と歴史の中の学習と学習者-日本語教育における社会文化的パースペクティブ』凡人社
   細川英雄編著(2008)『ことばの教育を実践する・探求する−活動型日本語教育の広がり』凡人社
 ◇履修条件:
   事前課題に基づく資料購読と課題提出を行う。授業では事前課題に基づく話し合いを中心に進める。後半は受講者による調査により課題遂行過程を分析するための資料収集、分析、レポート作成を協働で行う。グループ・ワークに積極的に参加すること。
 ◇成績評価:
   課題(40%)、最終レポート(20%)、ふりかえりシート(20%)、授業時の参加度(20%)



日本語教育工学a
 ◇講義題目:日本語教師のための教育工学の理論と教育メディアの活用
 ◇担当教員:佐藤弘毅(前期、木6、留学生センター206)
 ◇オフィス・アワー:随時(適宜授業で案内する)
◇目的・ねらい:
 教育工学的な見方・考え方を日本語教育に取り入れるための科目である。日本語教師が授業の中で主体的に各種教育用情報メディア(以下、教育メディア)を活用するための基礎的な知識や技術を学ぶ。
◇授業内容:
 授業の前半で講義形式による教育工学の最新の理論を紹介し、後半でその理論を活かした教育メディアの活用演習を行う。日本語教育工学aでは特に、教育工学の歴史をたどりながら、最近の日本語教育でよく活用されている基本的な教育メディアの使い方を考える。以下の各回の内容について、左側が取り上げる教育工学の理論、右側がそれに関連する教育メディアの活用演習である。なお、以下の予定は、受講者のスキルや要望に応じて変更する可能性がある。

 01. オリエンテーション(教育工学とは何か)
 02. 情報メディアの特性と批判的思考 (1) - インターネットによる教材の収集
 03. 情報メディアの特性と批判的思考 (2) - インターネットによる教材の収集
 04. 情報メディアの特性と批判的思考 (3) - インターネットによる教材の収集
 05. 行動主義と認知主義による学習理論 (1) - e-ラーニングシステム(CMS)を用いたチュートリアルの作成
 06. 行動主義と認知主義による学習理論 (2) - e-ラーニングシステムを用いたチュートリアルの作成
 07. 行動主義と認知主義による学習理論 (3) - e-ラーニングシステムを用いたチュートリアルの作成
 08. 行動主義と認知主義による学習理論 (4) - e-ラーニングシステムを用いたチュートリアルの作成
 09. 社会構成主義の理論と状況的学習 (1) - ソーシャルメディア(SNS)を通じた議論
 10. 社会構成主義の理論と状況的学習 (2) - ソーシャルメディアを通じた議論
 11. 社会構成主義の理論と状況的学習 (3) - ソーシャルメディアを通じた議論
 12. 存在感(social presence)の理論と動機づけ (1) - e-ラーニング(オンラインコース)のデザイン
 13. 存在感の理論と動機づけ (2) - e-ラーニングのデザイン
 14. 存在感の理論と動機づけ (3) - e-ラーニングのデザイン
 15. 試験
 ◇教科書:
   教師作成の配付資料およびスライド(授業用Webページに掲載予定)
 ◇参考文献:
   「教育工学への招待」,赤堀侃司(著),ジャストシステム
   「状況に埋め込まれた学習」,J. Lave & E. Wenger(著),佐伯胖(訳),産業図書
   「E-Learning in the 21st Century」,D. R. Garrison & T. Anderson(著),RoutledgeFalmer
   他、適宜授業で紹介する
 ◇履修条件:
   授業ではPCを使用した演習を行う。コンピュータに関する高度な知識や操作技術は必要ないが、PC(Windows)の基本的な操作(起動、終了、キーボード入力等)には慣れていること。また、基本的なアプリケーション(ワープロソフト、表計算ソフト等)が使用できること。必ずしも受講者各自がPCを持参する必要はないが、授業用Webページ等による支援と課題を予定している為、授業外で使用できるPCおよびインターネット環境があることが望ましい。
 ◇成績評価:
   出席(10%)
   授業の参加度(授業内での議論への参加や教育メディアの活用状況等、10%)
   授業後の感想提出(30%)
   演習課題(30%)
   最終試験(20%)



日本語教育工学b
 ◇講義題目:日本語教師のための教育工学の理論と教育メディアの活用
 ◇担当教員:佐藤弘毅(後期、木6、留学生センター206)
 ◇オフィス・アワー:随時(適宜授業で案内する)
◇目的・ねらい:
 教育工学的な見方・考え方を日本語教育に取り入れるための科目である。日本語教師が授業の中で主体的に各種教育用情報メディア(以下、教育メディア)を活用するための最新の知識や技術を知ると共に、それらを自身の実践に応用する方法を考える。
◇授業内容:
 授業の前半で講義形式による教育工学の最新の理論を紹介し、後半でその理論を活かした教育メディアの活用演習を行う。日本語教育工学bでは特に、最新の教育メディアである電子黒板、最新の教材作成ツールであるAdobe Flash、最新の理論であるデザインベースの研究方法論を取り上げ、日本語教育におけるそれらの活用を考える。以下の各回の内容について、左側が取り上げる教育工学の理論、右側がそれに関連する教育メディアの活用演習である。なお、以下の予定は、受講者のスキルや要望に応じて変更する可能性がある。

 01. オリエンテーション(復習等)
 02. 視聴覚メディアの効果 (1) - 電子黒板を用いた模擬授業
 03. 視聴覚メディアの効果 (2) - 電子黒板を用いた模擬授業
 04. 視聴覚メディアの効果 (3) - 電子黒板を用いた模擬授業
 05. 視聴覚メディアの効果 (4) - 電子黒板を用いた模擬授業
 06. マルチメディアの効果 (1) - Adobe Flashを用いた教材の作成
 07. マルチメディアの効果 (2) - Adobe Flashを用いた教材の作成
 08. マルチメディアの効果 (3) - Adobe Flashを用いた教材の作成
 09. オブジェクト指向の教材開発 (1) - Adobe Flashを用いた教材の作成
 10. オブジェクト指向の教材開発 (2) - Adobe Flashを用いた教材の作成
 11. オブジェクト指向の教材開発 (3) - Adobe Flashを用いた教材の作成
 12. デザインベースの研究方法論(design-based research) (1) - 動画分析ソフトを用いた授業の分析
 13. デザインベースの研究方法論 (2) - 動画分析ソフトを用いた授業の分析
 14. デザインベースの研究方法論 (3) - 動画分析ソフトを用いた授業の分析
 15. 試験(成果発表会)
 ◇教科書:
   教師作成の配付資料およびスライド(授業用Webページに掲載予定)
 ◇参考文献:
   「教育工学への招待」,赤堀侃司(著),ジャストシステム
   「電子黒板で授業が変わる」,清水康敬(編著),高陵社書店
   他、適宜授業で紹介する
 ◇履修条件:
   授業ではPCを使用した演習を行う。コンピュータに関する高度な知識や操作技術は必要ないが、PC(Windows)の基本的な操作(起動、終了、キーボード入力等)には慣れていること。また、基本的なアプリケーション(ワープロソフト、表計算ソフト等)が使用できること。必ずしも受講者各自がPCを持参する必要はないが、授業用Webページ等による支援と課題を予定している為、授業外で使用できるPCおよびインターネット環境があることが望ましい。
 ◇成績評価:
   出席(10%)
   授業の参加度(授業内での議論への参加や教育メディアの活用状況等、10%)
   授業後の感想提出(30%)
   演習課題(30%)
   最終試験(20%)


オ ム ニ バ ス 授 業
日本文化学概論
 ◇講義題目:翻訳について
 ◇担当教員:胡、伊藤、渡辺、ミギ—、福田、前野、涌井(前期、火5、文総522)
 ◇オフィス・アワー:各教員のオフィス・アワーを参照のこと
◇目的・ねらい:
 この授業は日本文化に関する基礎的な理解力を高めるために設定されています。日本文化への導入として、翻訳とは何かを考えることを通して日本文化とは何かを理解することを目的としています。将来的に日本文化や日本事情を担当できる能力を養成することを目指し、特に芸術や文学を比較文化学的視点から分析できるだけの理解力を身につけることを目標としています。
◇授業内容:

 1. オリエンテーション

 2. 3. 担当教員:胡、授業題目:『源氏物語』の翻訳について
  『源氏物語』は世界最初の長編小説で、日本古典文学の最高峰といわれている作品である。この作品は現在20カ国以上で翻訳されて、世界中の人々に愛読されている。翻訳を介して広く読まれているこの作品であるが、実際その翻訳作業には多くの困難が伴う。屈折して襞の多い文体であるうえに当時の背景知識の説明をつけなければ読者に理解してもらえない語句が多い。『源氏物語』を正確にしかも美しく訳すために、これまで様々な翻訳方法が工夫されてきた。授業では、幾つか中国語訳を例に挙げながら、古典の翻訳について考えてみたい。

 4. 5. 担当教員:伊藤、授業題目:上田敏訳「Le roseau et l’aster」から考える詩人上田敏
  この授業では、明治時代に活躍した詩人であり、翻訳家でもある上田敏を取り上げる。多くの外国語に精通し、カール・ブッセの「山のあなた」)やポール・ヴェルレーヌの「落葉」の訳詩で知られ、現在もよく読まれる詩人である。
  彼はまた、『今昔物語集』巻第三十一第二十七「兄弟二人殖萱草紫苑語(きょうだいふたりくわんぞうしをにをううること)」をフランス語にも訳している。この説話は、『万葉集』にも詠われる「萱草」と「紫苑」の伝説に関わる説話であり、彼の翻訳と原文との違いや、そのような翻訳が成立した彼の生きた時代の思想を、彼のドイツ語やフランス語からの訳詩と共に分析を行う予定である。こうした分析方法を学ぶことは、受講する学生のテーマの分析にも役立つ研究の基礎的能力を取得できるチャンスであると考えている。
  なお、受講前に上田敏詩集である『海潮音』および『今昔物語集』巻第三十一第二十七は読んでおくことをお勧めする。また、『今昔物語集』のフランス語訳は授業担当教員が日本語に訳し、前もって配布する。レポートは『海潮音』からテーマを選んで、提出することとする。

 6. 7. 担当教員:渡辺、授業題目: 芥川龍之介の翻案「六の宮の姫君」から考える原作『今昔物語集』巻第十九第五「六の宮の姫君の夫出家の語」
  長野嘗一は『古典と近代作家−芥川龍之介』の中で翻案「六の宮の姫君」は翻案元『今昔物語』の剽窃といえるほど類似していると主張する。つまり古典の現代語訳に等しいといっていると考えることができる。しかし芥川のこの作品が世に出たことでその後「六の宮の姫君の夫出家の語」は現代語訳もしくは翻案の形で生きのびていく。この授業の中ではまず「六の宮の姫君の夫出家の語」の現代語訳と様々な翻案作品を比べることで翻訳という行為がどのようなものであるのかを考えて行きたい。
  『今昔物語』は説話文学であるが故に「六の宮の姫君の夫出家の語」とほぼ同じ話が「曲殿の姫君」として『古本説話集』にある。このことは原作や翻案とは何かを考える一助になると思われる。翻訳と翻案にどのような違いがあるのかが考察できよう。
  授業中に扱う文献は、芥川龍之介「文放古」、菊池寛の「六宮姫君」、福永武彦の「六の宮の姫君がはかなくなる話」、片桐顕智の「六の宮の姫君」、堀辰雄の『曠野』、北村薫の推理小説『六の宮の姫君』(1992年)、山岸凉子の少女マンガ「朱雀門」(1997年)を予定している。またレポートについては翻訳や翻案とは何かを考えるものを提出してもらいたい。

 8. 9. 担当教員:ミギ−、授業題目:近世日本における中国白話小説の翻訳・翻案−上田秋成の『雨月物語』を中心に
  長崎の漢学者、岡島冠山(一六七四~一七二八)没後刊の『水滸伝』は中国白話小説の和訳の嚆矢として知られるが、岡島自身の影響がさらに大きい。晩年、京都に移住したら、数多くの漢学者や文人と交際し、上方地方における白話小説ブームを刺激した。文人仲間で中国小説を回覧したり、写本を作ったりする愛読者の中で、翻訳に手を染めるものもいた。その翻訳活動から生まれた作品群を「読本」と称することになり、概して知識の開陳、雅俗折衷の文体、それから教訓的な奇談を用いる特徴を持つ部類である。宝暦・安永期になってから、都賀庭鐘(一七一八~一七九四?)と上田秋成(一七三四~一八〇九)によって翻訳された作品が大衆文学のベストセラーとなった。この授業では、読本の傑作として有名な上田秋成の短編集『雨月物語』から「菊花の約」と「蛇性の婬」との二編を具体例としてとりあげ、その典拠と細かく比較しつつ、中国白話小説の翻案の経緯について考察する。

 10. 11. 担当教員:福田、授業題目:中村正直訳『西国立志篇』を読む
  明治の啓蒙思想家中村正直(敬宇、1832-1891)は、明治3年(1870)に、英国のスマイルズ(斯邁爾斯, Samuel Smiles, 1812-1904)の書いたSelf-help; with Illustrations of Character, Conduct and Perseverance, 1858を『西国立志篇』(別名『自助論』として翻訳し、明治の一大ベストセラーになった。
  この訳書は、福沢諭吉の『學問ノスヽメ』(1872-76)と同様に、明治初期の青年の必読書となった。そこに描かれているのは、立志伝中の人々である。この書が明治期の若者の立身出世の感覚にどのように貢献したのかを分析してみたい。

 12. 担当教員:前野、授業題目:初期近代小説の文体と翻訳文体
  二葉亭四迷『浮雲』の言文一致文体と二葉亭の翻訳によるツルゲーネフの短編小説「あひヾき」(明治21年、後の29年に改訳)の翻訳文体とを比較し、二葉亭のエッセイ「余が翻訳の標準」なども参照しつつ、彼の革新的な近代的文体意識を探る。

 13. 担当教員:前野、授業題目:初期近代小説の文体と翻訳文体
  森鴎外の初期小説『舞姫』/『うたかたの記』(共に明治23年)などの擬古的雅文体と、その前年22年に行われた彼の翻訳(ホフマン「玉を抱いて罪あり」)や評論「裸で行けや」)における近代言文一致文体とを比較し、鴎外の文体意識と文体選択の意図を探る。

 14. 15. 担当教員:涌井、授業題目:詩と翻訳について
  日本の近代・現代詩を考える場合、翻訳の影響を無視することはできません。詩 の題材、テーマ、形式に至るまで幅広く外国の詩は日本の詩の誕生と発展に関 わって来ました。授業では実際の作品を読んで、原文と比較することにより、翻 訳の苦労と工夫を細かく検討します。扱う詩人や詩集は次のとおりです。『新体詩抄』、『於母影』、上田敏、蒲原有明、堀口大学。2月末の時点では、個別の 作品をまだ確定していません。授業の数週間前までに私のホームページに置いておきますからアクセスしてダウンロードしてください。
  http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/~wakui/classes/wakuitranslations.doc

 ◇教科書:
   なし
 ◇参考文献:
   初回に文献目録を配布予定
 ◇履修条件:
   なし
 ◇成績評価:
   出席点を40点、レポート点を60点とする。一回欠席する毎に10点減点する。20分以上の遅刻は欠席とみなす。出席はTAが管理するので、申告すること。レポートは授業中に与えられる課題の中から2つ選んだうえで、レポートの題名をつけて4,000字程度のレポートを8月20日までに、渡辺美樹のメールボックス(文総館2階)に入れること。




注 意 事 項
☆ 履修に当たっては「便覧」等を見て間違いのないようにすること。

集中講義
 ・ 予定なし


日言文教員の担当する「英語高度専門職業人コース」と兼用の授業
 ・ 詳しい内容は「英語高度専門職業人コース」のページを見てください。