英語Q&A


名古屋大学  言語文化部 英語学科

英語という言語とそれをとりまく文化に関する質疑応答の掲示板です。英語圏の言語や文化事情に関して質問や意見、コメント、回答など、自由に書き込んでください。書き込み欄はこのページの末尾にあります。


開設日= 1996年10月21日 Last post on Tue Apr 28 19:44:56 JST 1998


杉浦正利 sugiura@lang.nagoya-u.ac.jp Mon Oct 21 18:03:30 JST 1996

日頃抱いている英語に関する疑問質問思いつきなど、気軽に書き込んでください。 「責任を持って回答する」というわけにはいきませんが、わかる範囲、時間のある範囲で、おこたえいたします。


齋藤文俊 fsaito@info.human.nagoya-u.ac.jp Wed Oct 30 16:29:27 JST 1996

情報文化学部の齋藤文俊です。 漢文訓読を中心に日本における翻訳の歴史について研究しています。 さて、J.C.Hepbunが日本において聖書の翻訳をしていたときに、次のような手紙を書いています。 -------- 教育のある日本人ならみな何の苦もなく漢文の聖書を読むことができます。ちょうどわれわれがラテン語を読むように訓点をつけて読むのです。 高谷道男編訳『ヘボン書簡集』(1959、岩波書店)より -------- 英語圏でラテン語の文法を理解するために「訓点」(原文は確認しておりませんので、どのような用語が使われているのかわかりません)をつけた例があるのでしょうか? ポルトガル語については、ラテン語文法書に語順を示す番号を付したものが確認されているようです。 もし、ご存じでしたらどうぞご教示ください。


宇田川尚美 naomi@imasy.or.jp Fri Nov 1 00:43:10 JST 1996

 某大学の英米文学科に属しています。  突然で申し訳ありませんが、ある条件にあてはまる作家を 探しているのですが、うまく検索できません。なにで検索す ればいいのかよくわからないので、おすすめがあれば教えて ください。  ちなみに条件とは、   ・アメリカの文学作家   ・第二次世界大戦後に有名になったひと  (できれば)   ・シュールリアリズム、ダダイズムの影響下のひと   ・ヨーロッパなどからアメリカに帰化したひと です。初歩的な質問ですがもしなにかあれば教えてもらえる と幸いです。  (もちろん、自力でもさがしています。)


長畑明利 e43479a@nucc.cc.nagoya-u.ac.jp Sun Nov 3 19:44:53 JST 1996

http://pharmdec.wustl.edu/juju/surr/surrealism.html は試してみましたか?それから http://lang.nagoya-u.ac.jp/~matsuoka/AmeLit.html にアメリカ文学関係のサイトがまとめられていますので、ここを使って虱潰しに調べるという手もあると思います。(その場合は Surrealism か Dadaism で検索するのでしょうね。)ただインターネットよりも、図書館で本あるいは論文を検索した方が稔りが多いように思います。そもそもどうしてそんな窮屈な条件が出てきたんでしょうか?Nabokov に関係ありますか?


村上 明美 keiza@mx.biwa.or.jp Wed Jan 8 23:42:21 JST 1997

どなたか教えていただけませんか? "Simple"と"Happy"の 広い範囲での意味を教えて下さい。


杉浦正利 sugiura@lang.nagoya-u.ac.jp Sun Jan 26 07:24:21 JST 1997

「"Simple"と"Happy"の 広い範囲での意味」といわれても、「広い範囲」というのがどういう意味かわかりません。「おおざっぱな意味」という意味ですか?それとも、「広範囲にわたる意味の比較」という意味ですか? また、どうして"Simple"と"Happy"なのですか?個別の意味ですか?それとも二つを比較しての意味という意味ですか?

的確な回答を得るには、的確な質問をする必要があります。

また、的確な回答をするには、質問の動機がわかると、そこに焦点を合わせて回答をすることができて、回答をする側も不必要なことを説明しなくてすみますし、回答を得る側もまさに知りたかったことだけを知ることができるのです。

つまり、うまい質問をするには以下の2点に注意することです: 1)問題を具体的にしぼること 2)質問の動機を伝えること

というわけで、残念ながら私は村上さんの質問におこたえすることはできません。


梅山 祐子 fwhk8532@mb.infoweb.or.jp Fri May 9 08:28:23 JST 1997

名古屋大学英文学科の卒業生です。 今回アクセスしてこのようなコーナーが開設されうれしくおもいます。現在、翻訳の勉強をしています。

質問ですが、アメリカの大企業も導入を始めている、同性愛者の被雇用者に対する、福利厚生制度'domestic partnership programという用語の日本語の定訳をご存知でしたら教えてください。ニューズウィーク等のバックナンバーではみつけられませんでした。


松岡光治 matsuoka@lang.nagoya-u.ac.jp Tue Apr 28 17:16:34 JST 1998

フォロー・アップまで一年たってしまったのは恥ずかしい限りです。 研究社の『リーダーズ・プラス』には"domestic partnership" の訳として、 「(異性との、または同性どうしの)同棲関係」とありますので、 「同棲関係プログラム」となるのでしょうが、 "domestic partner"「同棲パートナー(同棲生活の相手である異性または同性)」 もありますので、個人的には「同棲パートナー・プログラム」の方がしっくりします。 研究社の『リーダーズ・プラス』は便利ですので、CD-ROM版を買われることを お勧めいたします。書籍の方は重くて高いです。私のはコーヒーをこぼして以来 ますます重くなりました。


梅山祐子 fwhk8532@mb.infoweb.ne.jp Tue Apr 28 19:44:56 JST 1998

お返事ありがとうございました。去年は翻訳の勉強だけで、のんびりすごしていましたが、今年から また、少し英語を教えることになりました。 そこで、また、教えて頂きたいのですが、most people と most of the people の、違いを説明してくれと、生徒に尋ねられました。私としては、状況にもよるし、文脈にもよるので、 この、二つの句だけでは、説明しづらく感じるのですが、いかがでしょうか。 もし、明確にこうだという答えがあれば教えて頂ければさいわいです。辞書等は、一応当ってみたのですが 勉強不足でしたらすみません。 では、よろしくお願いいたします。

メッセージ書き込み欄:

お名前:
電子メールアドレス:
メッセージ:



www-eng-dep@lang.nagoya-u.ac.jp