頭語と結語の組み合わせ

 現在でも、形式を重んじた手紙には頭語と結語をきちんと使うのがマナーとされています。「拝啓」や「謹啓」などの頭語は、人の家を訪問した時に玄関先で「ごめんください」と言うのと同じです。一方、「敬具」や「敬白」などの結語は会話の「さようなら」にあたる言葉です。頭語で始めた手紙は、結語で締めくくるのが決まりです。


             頭語と結語の対照表

      頭語             結語

拝啓 敬具
謹啓 謹呈 敬白 謹言
急啓  草々 不一
前略 冠省(かんしょう) 草々 不一
拝復 復啓 敬具 謹言 拝具
一筆申し上げます かしこ
謹んで申し上げます かしこ
とり急ぎ申し上げます かしこ
前略ごめんください かしこ
お手紙拝見しました かしこ

   *「かしこ」は女性専用

 頭語と結語はセットで使われますので、組み合わせを間違えないように注意してください。では、クイズをしながら、よく使われている頭語と結語のペアを覚えましょう。