日本人は年の初めに互いに年賀状を送る習慣があります。年賀状は一定の形に従って書くのが社交上の礼儀です。内容は相手の幸せや健康を祈る言葉を中心に、簡潔に要領よく書くことが大切です。

 はがきの表面に相手の住所氏名を書き、自分の住所と名前も書きます。日付は年号も入れて、「平成○年元旦」と書きます。

 また、暑中見舞いは「暑中お見舞い申し上げます」で始めます。次いで先方の様子を伺い、自分の近況などを書きます。暑中見舞いは普通七月中旬頃から八月中頃までに出します。立秋を過ぎてからは残暑見舞いとなります。

    

               年賀状に関する慣用句

    ○ 年賀に使う言葉

 ○ 挨拶の言葉拶の言葉

 ○ 文例