時候の挨拶と安否の挨拶

一月)厳寒の候となりました    手紙の前文は頭語と時候及び安否

二月)春寒の候となりました    の挨拶で構成されますが、頭語と

三月)早春の候となりました    安否の挨拶には比較的決まり文句

四月)春暖の候となりました    が多く、ともすれば個性のない文

五月)初夏の候となりました    章となりがちです。

六月)麦秋の候となりました    前文はしきたりだからといって簡

七月)盛夏の候となりました    単にすませるのではなく、時候の

八月)晩夏の候となりました    挨拶で個性を出してみるのも手紙

九月)新秋の候となりました    を楽しみながら書く一つの方法で

十月)仲秋の候となりました    す。

十一月)晩秋の候となりました

十二月)寒冷の候となりました

安否の挨拶/相手の安否を聞く/自分の安否を伝える