教えられる方々へ

 この病院での会話モデルは日本語教育における会話教材の一貫として作成したものです。在日中の日本語を母語としない方の中には、日本語会話の能力があるにも関わらず、実際の病院での手順がわからないために戸惑ってしまうということもよくあるのではないでしょうか。体の不調は日本語とは関係なく起こってくるものです。本教材ではそのような不安を抱えている在日中の留学生や、それらの人を含む日本語学習者、またそれだけにとどまらず日本の病院での会話を知りたいという方全般のために、病院で行なわれるやりとり、手順などを会話というかたちでごく簡潔に示しました。ですから、会話文は文型などレベルの統一性を図ることより、特殊な語彙や言い回しを積極的に取り入れることに重点を置いて作成しています。見る人にその場の雰囲気がわかっていただければうれしく思います。また、これは営利目的ではありません。多くの日本語教育に携わる方々に副教材としてでも利用していただければ大変うれしく思います。

戻る